1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【新卒Interview】新しい会社でスピード感を持ち仕事がしたい!変化を楽しみながら働き続ける理由。

-早速ですが、UUUMを知ったきっかけを教えてください!

学生時代から趣味でずっとYouTubeを見ていたのでUUUMという会社の名前自体は知っていました。
マルチ系の動画やUUUMに所属しているいないに限らず様々な動画を毎日たくさん見ている中でUUUMというマネジメント会社があるんだということを知っていたくらいで、どんな事業をやっているかについては全く知りませんでした。

-その中で、UUUMを選んだ理由はどんなところでしたか?

就職活動をする中で、初めはインターネット系のサービスを提供している会社などを見ていました。
インフルエンサーマーケティングやマネジメントについては、業界のことを知る機会が少なかったこともあり、選択肢として最初から強く希望していたわけではありませんでした。
その中でベンチャー企業を紹介している新卒向けの求人サービスを見ていてUUUMを知りました。
企業を調べていくうちに、自分自身の就職活動をする上で軸としていた"新しい会社でスピード感を持って働けるかどうか"という軸に合致しているなということに気がつきました。
また、普段からよく見ていたYouTubeという部分もあり、仕事をする上で興味を持ち楽しんで働くことができると感じて選んだのが理由です。

-入社してみてギャップなどありましたか?

ギャップはそこまで大きく感じていないです。
実際に入社して思ったことで言うと、組織の変動が早くスピード感があったり様々なことを試行錯誤しているんだなというのは強く感じましたね。
その時の状況に応じて、最善の形を探して変化の大きい会社であるなと思いました。


-改めて、現在の仕事内容について教えてください!

現在は"バディ"としてクリエイターのサポートを行っています。
クリエイターとのやり取りはもちろん、社内外のクリエイターと関わる多くの人とのやり取りがメインです。
クリエイターにタイアップ動画の仕事があれば案件進行で営業の方と調整をしたり、イベントであればイベントチームとのやり取りなど業務内容としてはとても幅広いです。
クリエイターの活動すべてにおいて、様々なことをサポートするお仕事ですね。

-仕事をしていてやりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

クリエイターと二人三脚での仕事ですので、担当をしてからある程度の期間を経て信頼関係を築けたと感じる瞬間ですね。
ミーティングの際など最初はなかなか話せなかったような深い内容や、今抱えている悩みなどを相談してくれた時は信頼できると思って相談してくれていると思うので、サポートをする上でやりがいに感じます。

-苦労したことなどはありますか?

案件進行の際にクリエイターのやりたい事とクライアント側の要望に齟齬があったときなど、コミュニケーションミスによって些細な間違いが起こった時の調整が難しいですね。
一つのタイアップ動画に対して代理店・営業・ディレクションなど関わる人が多いのでただ伝えるだけだとうまく相手に伝わらないこともあります。
そのためにしっかりと内容を理解した上で、伝え方などには常に気をつけ、意図や背景も説明するようにしていますね。

-学生のうちにやっておいて良かったことはありますか?

趣味として普段からSNSや動画を見ていたことが仕事をする上で役に立っているなと感じます。
流行や様々な世代に何が刺さるのか、中高生はどんなものが好きかなど勉強をするという感覚より自分が元から好きなことだったりするので、日常から情報収集をする癖がついていたことがクリエイターとコミュニケーションを取る上でも活かせていると感じます。
YouTubeを勉強として見ることは入社してからもちろん大切ですが、初めからYouTubeを見るということが習慣として身についていたことが良かったですね。

-どんな人がUUUMに向いていると思いますか?

前提としてYouTubeやエンタメが好きという人が向いているかなと思います。
様々なコンテンツに関わるので、エンタメが好きなことは大切だと感じます。
また、新卒としては待つ姿勢ではなく何かわからない事があったときには自ら聞きに行くことができるような、自走できる人が合っていると思います。
サポートや教えてくれる体勢はもちろんありますが、新卒だからという言い訳ができないほどたくさんのことに裁量持って挑戦ができる環境なので、自分の力で成長できる人がいいですね。

-最後に、就職活動をしている学生に向けてメッセージをお願いします。

就活は時間をかけてやった方がいいと思っています。
時間が勿体無いと感じる方などいるかもしれませんが、まずはそこまで興味がなくてもとにかく行動に移して説明会など話を聞いてみることが大事だなと思いました。
実際に参加してみて違うと感じたことも一つの学びになると思うので、私は自分自身の就職活動の軸として少しでも当てはまっていると感じたところは説明会に参加するようにしていました。
話を聞いたり実際に企業の人と話をすることで、インプットする時間を増やすことによって本当に何がしたいのか考えることができるいい機会になると思います。
どんな会社に入ることになってもこれだけ時間かけて選んだという納得感を持つことができるので、時間をかけるほど大変だとは思いますが必ず自分の役に立つはずです!

UUUM株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう