元編集者に元テレビマン…そして、あの国民的アイドルグループの元マネージャーも登場!【UUUM社員紹介#7】

【社員紹介#6】に続きまして、今回もクリエイターの相棒「バディ」の登場です!今回登場してくれる3人の経歴を少し・・これまたバックボーンが色々。UUUMってやっぱり、カオスです。

高岡良樹:元人気グループのマネージャー(写真左)

2015年9月入社の高岡は、UUUMバディの中でもなかなかの古株。気さくな関西出身、UUUMのムードメーカーです。ちなみに彼は、誰もが知るあの「国民的人気アイドルグループ」の元マネージャー!ああ、グループの名前が言いたい!でも言えない!詳しく聞きたい方はぜひご一報ください。

関口森生:元テレビ番組制作(写真中央)

テレビ業界出身。人気バラエティ番組制作に5年間ADとして携わっていたものの、ディレクターへのステップアップの際に撃沈・挫折。その後アパレル業界で働いたのち、2年間「Googleストリートビューの撮影、編集、アップロード」というちょっと珍しい仕事を経験。「アパレル時代は10キロ痩せてたんっす」が口癖のひょうきん者。

南昌明:元女性誌副編集長(写真右)

デザイナーを3年経験したのち、紙面作りに興味を持ち編集畑に飛び込んだのが、今から約15年前。それから某人気女性誌の編集を続け、副編集長も経験。書籍編集も数々手がけた南は、立派な出版業界キャリアの持ち主。しかし40歳にしてそれを捨て、UUUMに飛び込んできました。冷静沈着に見えて、誰より情熱がたぎる男、それが南です。

ところで「次はこの3人に集まってもらおう!」と思い立ったのは結構前なのですが、なかなかどうして、3人の予定が合わなかったんです。その理由は、高岡がアマゾンに行っていたから。あれですよ、色々売ってるAmazonじゃなくて、巨大な河川・アマゾン川の方ですよ!

人気クリエイター「Fischer’s」のバディとして、彼らの成長を支えてきた高岡は、現在リーダーというポジションゆえ特定のクリエイターの専任バディはやっていませんが、時に大きなプロジェクトになると、撮影同行したりもしています。ていうか、アマゾンって…こりゃ、UUUMでも、なかなか珍しい撮影地です(笑)。

人気クリエイター「Fischer’s」の成功物語

「彼らがふと、アマゾン行きたいよねって口にしたんです。その瞬間はいいね面白いね、なんてフワっと答えたんですが、"おい待て、それを実現するのが俺の仕事やん" って我に返りまして(笑)。アレコレすぐに手配して、よしアマゾン行こうぜ!って彼らに言ったら、"え、ホントに行けるの?"って顔、していましたけどね(高岡)」

色々と面白い動画が出来ましたので、ぜひみなさんもご覧あれ。


ところで。今はすっかり、大人気の「Fischer’s」ですが、高岡が彼らのバディになった当初は、まっっっっっったく、人気、なかったんです。

原宿ロケしている時だって、声をかけられることも一切なし。U-FES.2015に出演しても、他の人気クリエイターへの歓声を、ただ横で聞くだけ。「あのU-FES.は、本当にただただ、悔しかったですね」と高岡は話します。

「絶対人気者になってやるぞ、と彼らと誓いました。そこから彼らは猛烈に動画を作り続ける毎日でしたね。私もひたすら社内に蓄積されている動画ノウハウや、ターゲットの属性を分析したデータなどを見ながら、どんな動画がターゲットに刺さりそうか彼らとたくさんミーティングを行いました」

「ラッキーだったのは、動画の方向性と視聴者が求めること、そして彼らのやりたいことが全て合致したことです」と高岡。確かに。仮にそれが「やりたくないこと」だったら、彼ら、絶対に、やりませんもんね。

こうしてチームプレイを発揮しながら、ひたすら愚直に動画を作ってはアップし、その繰り返しをするうち、徐々に動画視聴回数が増えていき、ファンも増えていきました。翌年のU-FES.2016で「Fischer’s」への大歓声が聞こえたときは、「夢みたいだった」と高岡。

元編集者・南が手がける、UUUMの新プロジェクト

「そういう成功例を聞くたびに、非常に大きな励みになりますね」と話すのは、元編集者の南です。

南が今リーダーと担当するチームは、UUUMで新しく出来たばかりの「アライアンスチーム」。

他の芸能事務所さんと提携し、その事務所所属のタレントさんや芸人さん、モデルさんなどをYouTuberとして新たにゼロから育成していくという、UUUMとしての新しいチャレンジを担うチームなんです。

「私たちアライアンスチームの現段階の主な業務は、彼らに動画作りのノウハウを提供しながら、制作をサポートすること。パソコンを触るのが初めて、という方もなかにはいます(笑)。また本業もありますから、動画制作だけに没頭することも出来ません。でもその難しい状況の中でも、何でもいいから動画を作り続け、継続してアップすることが何よりも大事だと伝えています」

UUUMでも、このプロジェクトはとても注目されています。「テレビでは全然知られていないけど、YouTubeでめっちゃくちゃ人気の芸人さん」なんて方が、UUUMから生まれたら、すごく嬉しい!

もはや芸能人・タレントの皆さんにとって、その才能を活かすステージは、テレビや雑誌、ラジオだけじゃありませんからね。しかしこの仕事、元編集者として多くのメンバーをまとめていた南の経験が、すごく活きてきそうですね。

めげない男がどうしてもUUUMに入りたかった理由

さて、そんなリーダー2人の顔をニコニコ眺めていたのは、元テレビマンの関口です。可愛げに満ち満ちた彼も、なかなかのツワモノ。

なぜなら実は彼、一回、UUUMに応募してくれたんですが、書類選考で落選しているんです。

しかしそれでも全然ひるむことなく、その2ヶ月後に再び、意気揚々と応募してきてくれました。そして採用に至った彼は、今「ファミリーチーム」に所属して、親子クリエイターらのバディとして着々と深い信頼関係を築き、大活躍しています。

それにしても、2回目のチャレンジをしてくれたほど、UUUMに入社してくれた理由とは?

「僕はバスケが大好きで「早朝シューティング部」ってクリエイターの動画をよく見ていたんです。ある日彼らの"UUUMに所属しました"っていう動画を見て、UUUMってなんだ?と。調べたら、すげー面白そう!と興奮しちゃったんです。さらに調べて行くと、僕が知っている有名YouTuberは全員UUUMに所属していて、絶対に伸びる会社だと思ったんです。で、絶対に入社したいと思った」

成長性を感じて、UUUMに入社を決めてくれたメンバーは、すごくたくさんいます。

元編集者・南もその1人。

「根っからコンテンツ作りが好きなんでしょうね、しかし書籍や雑誌が売れなくなり…自分が手がけたコンテンツをもっと多くの人に見てもらいたい、そう思うようになりWeb業界に興味を持ちました。そして転職エージェントさんに紹介されたのがUUUMで。この会社は伸びそうだ、と直感的に感じました」

それにしても、彼は15年もの編集歴がある40歳のベテラン編集者。キャリアを捨てて新しい世界に飛び込むことに、不安や戸惑いはなかったのかな。

と思いきや…「いえ、全然。僕は、自分の実力が及ばないような場所に行きたかったんです」と南。

随分と年下の20代の子に教わりながらの毎日ですけど、とても楽しいです、と笑いながらと話す南、かっこいい。

3人がアツくなるテーマはいつも「UUUMの未来」について

ムードメーカー高岡も、UUUM設立の際からUUUMに注目していたとか。「うわ、なにこの会社絶対伸びるやん」と彼もまた直感的に思ったそうです。

「マネージャーの仕事はすごく楽しかった。ただ、担当していたのがビッグアーティストだけに「決められた予定を確実に実行する」ことが仕事の主なわけです。楽しい一方で「自ら決めたことを実行したい」という気持ちが強まり、転職を考え始めたんですよね」

一度はまったく別業界の企業へと転職するものの、やっぱりUUUMの存在が気になりまくり、入社を果たした高岡。彼はこんな大志を抱き、彼はUUUMに入って来てくれました。それは「毎年、その年を代表するクリエイターを、UUUMから輩出していきたい」というもの。そしてこの志は、今も一切変わらないそう。

UUUMの未来への志の話になると、3人はいよいよ大盛り上がり。

「"小学生がなりたい職業"の3位にYouTuberがいるってスゴいことですよね。僕らがもっと頑張ってインフルエンサーの影響力を強めて行けば1位が狙えると思うんです」と関口。

「数年後、今の子どもたちや中高生が大人になった頃には、より影響力が増しているはず。10年後、20年後はおそらくインフルエンサーの存在は、一般的なものになっている可能性が高い。ただ常に時代は変化していきますから、我々も常に柔軟性を持ち、それに対応して行く必要はあります」と南。

「インフルエンサーの”地位”をより高めて、世代問わず、皆さんに認められる存在へと導いていきたい。若い世代だけじゃなくて、新橋で働いているお父さんたちもみんなインフルエンサーたちのことを知っていて、お父さんたちも動画を見て大笑いする…そんな世界にしていきたい」と高岡。

そう、UUUMの目標は、彼らが語る言葉、そのままです。

インフルエンサーの影響力を高め、その潜在的な可能性にビジネスチャンスを見出し育て、世の中をもっと楽しく、明るく、面白いものに変えていく。

きっと、この3人はその未来を作るために、これからも重要な役割を果たして行くはず。

皆さんも是非一緒に、この夢、目指していきませんか?

六本木あたりにお立ち寄りの際は、是非UUUMにご一報、そしてお立ち寄りくださいませー!

UUUM株式会社's job postings
Anonymous
Cc0a67f6 1ba8 43f5 8df2 05bd4bb26a71?1514642913
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Ae21d17f 86d5 4853 8ebd dc7c6272c8b1?1523593097
93 Like
Anonymous
Cc0a67f6 1ba8 43f5 8df2 05bd4bb26a71?1514642913
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Ae21d17f 86d5 4853 8ebd dc7c6272c8b1?1523593097
93 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon