1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

仕事って、100%全力で熱中しなくてよくないですか?【UZUZ社員紹介vol.06】

UZUZの個性豊かなメンバーを紹介するこのコーナー!

今回は、大阪支店で働く「辰巳(※通称たつみん)」をピックアップ。

たつみんは、客室乗務員からキャリアカウンセラーに転職した“異色中の異色”な経歴をもつキャリアカウンセラー。第二新卒の転職で、異業種である「キャリアカウンセラー」を選んだ理由とは?仕事で意識していることとは?

ぜひ、ご一読ください!

▼辰巳 彩菜(キャリアカウンセラー)
1995年生まれ。兵庫県出身。関西外国語大学を卒業したのち、新卒でカタール国営航空に入社。カタール国ドーハを拠点に、客室乗務員としてキャリアをスタートする。約2年間で世界にある国の20%を網羅し、刺激的な日々を過ごす。しかし不規則な生活でホームシックも強くなり、退職して帰国することに。その後、縁あってキャリアカウンセラーとしてUZUZに入社。「自分にあった仕事で日常を幸せに過ごせる方を増やしたい」という想いを胸に、日々求職者の就職サポートを行っている。

世界にある国の20%を訪問!怒涛の日々だった2年間の海外生活

ーたつみんは、小さい頃から「客室乗務員」を目指していたんですか?

いえ、それが全然ちがうんです。

ただ小さい頃から英会話教室に通っていたので、物心つく前から「英語」は身近な存在でしたね。選んだ進学先も高校は国際文化学科、大学は英語キャリア学部と、全て「英語」にまつわるものばかりだったんです。

大学3年生時には「語学力をあげること」を目的として、アメリカへの留学を経験。留学期間中はとにかく旅行に出かけ、現地の方と交流しまくりました(笑)。授業よりも現地の方とコミュニケーションを取ったほうが、語学力アップに繋がると思ったんです。

予想は見事的中し、留学前は600点だったTOEICの成績が帰国後には930点に! メキシコで口座残高が0円になるハプニングもありましたが、留学の目的は無事に達成できました(笑)。

刺激的な海外生活を終え就活シーズンに突入した私でしたが、ぶっちゃけ働きたくない気持ちが強くて。海外の文化にもっと触れてみたいし、いっそワーキングホリデーに参加しようか……と迷っていたほどでした。

しかし、そうやって悩んでいた私を見かねた友人が、ある時「キャビンアテンダント(以下CA)は受けないの?」と言ってくれたんです。その一言で「ワーキングホリデーはお金がかかる。でもCAになれば、働きながら好きなだけ海外に行ける!」と気づき、「これしかない……!」と思いましたね。

早速求人に応募してみたところ、なんと奇跡的に内定獲得。無事にCAとしてキャリアをスタートさせることができました。

ーかなり倍率の高い仕事の内定を、颯爽と獲得するとは……。さすがです!

ただ、仕事は想像以上に大変で。規則は当然厳しいですし、日本ではあまり見かけないジャンルの“常識がやばい人”ともたくさん遭遇しました(笑)。

とはいえ、仕事自体は楽しかったんです。搭乗したお客様と仲良くなり現地で遊んだこともあります。約2年間の勤務で、世界にある国の20%は訪れることができました! アクティブに動き回った反動で、今ではすっかりインドアになってしまったんですが(笑)。

しかし不規則な生活と、拠点であるカタール・ドーハの住環境はとにかく合わなかったですね……。

文庫本サイズの小さな窓しかない部屋。少し窓を開けるだけで、室内が砂まみれになるほどの砂嵐。綺麗な空気が吸えない生活は思っていた以上にストレスで、徐々にホームシックが強くなっていきました。辞める直前の頃は、“うつ病一歩手前”のような状態でしたね。

ーそれはキツすぎますね……

限界を迎えた私は「次の仕事は辞めてから考えればいいや!」と、退職を決意。日本に帰国した瞬間は、とっても清々しかったです(笑)。

二度目の就活は、迷いに迷いました。正直、「どんな仕事に向いてるか」「どんな仕事がしたいか」が全然わからなかったんです。

ひとまずUZUZに登録し就活をスタートしたものの、なかなかうまくいかず……。そんな折りに、当時の担当キャリアカウンセラーであった川原から「UZUZで働かないか?」と誘われたんです。

「きっとこのタイミングで声をかけてもらったのは、縁があるからだな」と思った私は、即座に快諾。晴れてキャビンアテンダントからキャリアカウンセラーへ転職することになりました。

“自分”をよく理解することで、自然体で仕事ができるように

ーキャリアカウンセラーの仕事は、実際挑戦してみていかがでしたか?

正直めちゃくちゃ難しいですね……。

そもそも、仕事内容が前職とは畑違いなんです。以前は「お客様を無事に目的地へ送ること」が合格ラインでしたが、今は「ひとりの人生に深く関わっていくこと」が求められます。同時に「売上目標」も追わなければいけないし、これまでとは違う責任の重さを感じる日々です……。

「仕事によってこんなに“思考ポイント”が変わるんだな」と驚いています。

とはいえ、辞めたいとは思いません。第二新卒で転職したのに実績も出さずに辞めたら、どこにいっても通用しないでしょうし。

今だから言える話、実は入社当初「偽りのキャラ」を演じていました。自分とは真逆の「アツいキャラ」になりきってたんです。なんか、ウケよさそうじゃないですか(笑)。だから毎日無理やりテンションをあげていましたね。

ただ正直いうと、私「仕事一筋に頑張りたい!」と思うタイプではなくて。「会社の自分」と「現実の自分」のギャップに苦しんでいたんですが……。ここから抜け出せたのは、Twitterのおかげです。

ーたつみんのTwitterは、個人的にもスゴく心に刺さってます…!

ありがとうございます!

もともとは仕事の一貫として始めたTwitterでしたが、自分の考えをまとめるのにすごく役立つんですよね。脳内を整理して140字にまとめる、これを繰り返すうちに「自分のこと」が段々わかるようになってきて!

それである時、ふと「やる気・モチベーションを無理に保つ必要はないよな、自分に任されている仕事をやりきるだけだよな」と腑に落ちたんです。

それからは自然体で仕事ができるようになりました。すると肩の力が抜けたのか、仕事の成果も出るようになって。やっぱり自分にマッチした働き方が大事なんだな、と思った出来事ですね。

カルチャーギャップの嵐で、一皮も二皮も剥ける毎日

ーUZUZに入社してから、記憶に残ってることを教えてください!

私が新卒で入社したカタール国営航空は、社員のほとんどが外国人で。日本企業で働くのは、UZUZが初めてだったんです。そのため入社当初は、毎日がギャップの連続でした。

飲み会の幹事を新入社員が担当することや、先輩・上司への気遣いの仕方など。見習うべきポイントがいっぱいありました。名刺交換のやり方も、もらった名刺を机に並べておくことも、UZUZに入る前はなんにも知らなかったんです(笑)。

今まで世界中を飛び回りながら海外を拠点に生活していた私は、それなりに多くの経験を積んだつもりでいたんですよね。だから「なんでもできるっしょ!」と、天狗になっていた気持ちも正直ありました。

でも蓋を開けてみたら、自分はただの「無知な第二新卒」で。

高くなっていた自分の鼻をへし折り「まだまだだな自分!一生勉強なんだな!」と思えたのは、良い経験です。

ー最後に、応募を検討している方へメッセージをお願いします!

ぶっちゃけると、私は「仕事一筋で生きていきたい」とは思っていません。仕事とプライベートは、きっちり割り切りたい人間なんです。

こんなことを社内のインタビューで堂々と話せるのは、かなり珍しいですよね(笑)。UZUZはそんな私の働き方を認めてくれていますし、自分にとって、とても過ごしやすい環境なんです。

「自分を取り繕わなくていい"自然体”で過ごせる会社」を求めているなら、UZUZがぴったりだと思いますよ!

ーたつみん、ありがとうございました!

UZUZには「とにかく仕事命、100%のパワーで仕事したい人」もいれば、「ワークライフバランスを重視して働きたい人」もいます。“仕事に対する考え方”は、本当に人それぞれなんです。

そんな弊社のミッションは「自らと若者がウズウズ働ける世の中を作ること」。自分がウズウズ働ける仕事のバランスはみんな違うので、社員ひとりひとりの“価値観”を認めていくことは、UZUZにとっては至極当たり前のことなんですよ!

この記事を読んで少しでもUZUZに興味が出てきた方は、ぜひお気軽に応募するボタンをポチッとおしてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

株式会社UZUZでは一緒に働く仲間を募集しています
32 いいね!
32 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング