私が学生の頃の私に伝えたいこと。

from加藤元康

学生の時、朝の電車で疲れたオッサン見ながら、

心から「働きたくない!」と思っていた。

社会は、ダサくて、カッコ悪い。

夢もなければ、希望もない。

若くてクールな俺には、到底受け入れられないと思っていた。

でも、あの時は、何も知らなかっただけ。

大人と若者という区別はないのだ。

ダサいか、カッコイイか、しかない。

カッコイイ大人になりたければ、カッコイイと思う大人と仕事すりゃいいのだ。

何やりたいとか、何になりたい、なんて、20歳そこそこで分かってたまるか。

そんな恵まれた星の下に生まれるやつなんかごく一部である。

そうじゃなければ、カッコイイ大人についていって、自分なりのカッコよさを生き様にするしかないのだ。

若いのに金とか追うからクソみたいな大人にこき使われるんだ。

でも、どんな仕事でも、金追うと、お客さんが離れて売り上がらないってわかってくる。

金は人についてくるのだ。

それが商売だ。

働くということが分からないのは、こういうことが分からないからだ。

だから、いまの自分で理解できる、カッコよさだけで決めて良いのだ。

どういう大人になりたいんだって、それなら、判断できるじゃないか。

働くってことを知らないんだから、知ってる範囲で判断するしかない。

理屈で動くんじゃない。感情で決めろ。

でも、一番カンタンで確実な方法だ。

もし、誰かこれを教えてくれてたら、何の不安もなかったし、今のような遠回りをしなくて済んだ気がする。

ひょっとしたら夢中になるものも違ってたかもしれない。

今40歳超えて、あれから20年近く遠回りしながら気づいたことがある。

能動的に働くとは、自分で毎日夢や希望を作り出している、ってことだ。

働くとは、一生終わらない最高の遊びなのだ。

そして、それを若い奴らに、背中で語っていく役割が俺らの年代の大人にはあるんだ。

だから、命がけで働けるんだよ。

-------------------------------------------------------------------------------------------

こんな記事を書いている社長のいる会社の求人はこちら

https://www.wantedly.com/projects/44331

ヴァルディアジャパン株式会社's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon