1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

橋本茂人:エンタープライズ品質サービス事業部 事業部長

■プロフィール
橋本茂人(エンタープライズ品質サービス事業部 事業部長)
東京都出身。電機メーカーのSEとしてキャリアスタートし、主にプロジェクトマネージャ(以下PM)として従事。その後、独立系SI会社の品質管理部門長を務め、現職であるテスト/品質専門のキャリアへ。現在は部門長を務めつつ、新規顧客への積極的な提案活動を推進中。


──学生時代の過ごし方を教えてください。

昼は大学に通い、夜は警備会社の契約社員として働いていました。警備の仕事では、1人でパトカーを運転し、契約の企業や学校の夜間巡回することがメインですが、それ以外にも緊急出動することがあり、年に数回は不法侵入者や泥棒に出くわすなんてことも。3年半従事しましたが、社会の厳しさやマナーをしっかり学ぶことができました。今思えば、この頃から「安全」とか「品質」に対する意識を持つようになった気がしますね。大変な仕事でしたが新卒の初任給より給与が高く、かなりリッチな学生でした(笑)

──これまで経験されてきた会社・業務について教えてください。

新卒では大手電機メーカーの公共系SEとして入社。大規模自治体の担当になり、平成の市町村合併や介護保険制度導入や福祉システムのPMを務めていました。どのプロジェクトも本当に厳しく、特にPMとしてお客様とのコミュニケーションスキルは相当鍛えられましたね。

その後、PMを支援するPMO及び品質管理部門のオファーを頂き、独立系システム開発会社に転職し、品質管理業務以外にもPM育成研修(PM塾/PM大学)の構築や運営なども行いました。いまのテスト/品質専門のキャリアもオファーを頂きキャリアチェンジしたのですが、開発のPMとは少し異なる品質活動が求められ、品質課題を抱えているお客様からの助けてくださいの声にお応えすべく、より顧客目線にて品質マネジメントのご支援をしています。

──バルテスに入社を決めるまでの経緯や入社の決め手を教えてください。

前記の通り、オファーを頂きまして入社に至りました。田中社長と会食の機会がありまして、会社が大事にしていることやビジョンと、自分が目指している方向性とあっていたこともあり、最後は握手をして入社を決意しました。

実は数年前にもオファーがあったのですが、お互いのタイミングとかビジョンが合わず入社に至らなかったこともありました。その後も連絡は取り合う中で、バルテスは大きく成長し、私も少しは成長してお互いのタイミングがうまく嚙み合ったのではないかと感じています。

──入社してから現在に至るまでの変遷について教えてください。また、そのなかでどのようなことを感じていましたか?

マネジャとして採用していただいたのですが、ちょうど新しい組織の初年度でもあり、案件拡大を目指していたので、入社当初は提案活動や新規案件立ち上げに注力しました。その後、部長職となりましたが、その領域は引き続き力を入れています。

私は入社して2年弱になりますが、ちょうど上場直後のタイミングでした。会社の勢いをさらに後押しできるよう、お客様の満足度向上はもちろんのこと、社会における貢献、さらには従業員の満足度向上に取り組んでいるつもりです。リモートワーク中心の働き方になりましたが、お客様訪問のための移動時間なくなった分、時間の有効活用できるようにもなり、社員とのコミュニケーションが増えたように感じています。

──管理職として大切にしていることがあれば教えてください。

大切にしていることは沢山ありますが、1つはスピード感です。部員が不安に思うことがないよう、何事も素早い判断を意識しています。その一方で、仕事の内容もより複雑となったことや、コロナの影響で働き方が変わってきたこともあり、「あの判断で正しかったのか」と後から考えることもあります。部員にも支えてもらっていますね。

もう1つはやはりコミュニケーションです。相談しやすい環境作りはもちろんのこと、私自身の話し方も工夫しているつもりですが、まだまだ勉強中です!

──品質向上に懸ける想いについて聞かせてください。

シンプルに考えるのであれば、自分がそのサービスを利用したとして、不利益を被るとかことがないとか、ストレスを感じないことが「品質」の原点ではないかと思っています。我々は主にサービスを提供しようとする側を支援している訳ですが、一度は利用者目線で物事を考えてみることが大切です。

自分自身も過去に個人情報の流出などの被害にあったことがあり、意図しない品質事故だけではなく、特に悪意や意図的な品質事故に対しては、我々のような会社が価値貢献しなければならないと思っています。

──今後どのような組織を作っていきたいと考えていますか?

一言でいえば、元気と活気のある組織(チーム)です。失敗を恐れて行動に移さないとか、誰かがやってくれるだろうではなく、思いついたら色々な人を巻き込む、そして実行に移すことが出来る組織にしていきたいです。

あとは、組織には色々な考え方や、強みや弱みを持っているメンバーがいますが、お互いを尊重して同じ目標を目指していく文化も醸成していきたいですね。これから益々組織が大きくなるにつれて、強みの多様性を求めていきたいと考えています。チームメンバーには、必ず何か1つ「組織内で私が1番!」というものを作り、是非アピールして欲しいです。

──バルテスで成し遂げたいことについて教えてください。

内に秘めた野心は、恥ずかしいので内緒にさせてください。

常日頃考えていることは、バルテスという会社を何か業界のNo.1にしたいということですね。「顧客の満足度業界No.1」でも「社員の満足度業界No.1」でもよいですし、「学生が入社したい会社業界No.1」でも何でもいいです。とにかく「TOPに立つ」を成し遂げたい!自分の会社がNo.1って、なんだかワクワクしませんか?

──最後に、バルテスへの入社を検討している方に一言!

バルテスはお客様の品質課題を解決し、さらにはお客様のビジネスを支える仕事をしています。また、お客様から「ありがとう」と言っていただける仕事をしています。自らのキャリアップと合わせて社会に貢献する仕事がしたい方は、是非チャレンジしてください。

バルテス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう