ワーキングマザーだからこそベンチャーで働くという選択

こんにちは、バリュレイトBlogです!
本日は、育児と仕事を両立だけでなく、さらに自己成長もしたいからこそバリュレイトで働く、千葉みどりさんのインタビュー記事を掲載します。


バリュレイトに入社したきっかけを教えてください

私は大学で法律を専攻しており、新卒ではパラリーガルとして法律事務所で約7年ほど働いた後、外からのサポートではなく内部でより幅広くサポートをしていきたいと思い、大手事業会社の法務担当に転職しました。
しかし、より幅広いサポートができると期待して入った前職では、業務がとても縦割りになっており、自分が関われる範囲がとても限定的だな、と感じました。
このまま、決まった業務を続けていく中で、かつ育児と両立しながら、自分のキャリアが広がるイメージが持てず、転職を考えた時に、出会ったのがバリュレイトでした。

これまでの法務のバックグラウンドをそのまま生かせる仕事と、全く経験したことのないコンサルティング業務が主軸のバリュレイトの2択で悩みましたが、代表の高橋から、『経験がある・ないや、子供がいる・いないに関わらず、「成長したい」という気持ちを持っていることが一番だよ』と言われ、ワーキングマザーとして育児と仕事を両立しながらも、自分の成長を追い求められる環境はこちらではないかと思い、バリュレイトへの入社を決意しました。

ベンチャーと言える規模だからこそ、自分自身が働きやすい環境づくりや、制度整備などに携われることも大きかったです。
前職は大手企業だったので、女性活躍推進や、育児との両立を応援しようという風潮はありましたが、やはり組織や慣習に縛られている所がありました。ゼロベースで自分が働きやすいように組織を作っていけるというのも大きな魅力だと感じました。


入社から現在までのお仕事について教えてください

入社当初は、代表の高橋が担当をしているクライアント先に一緒に入り、コンサルティング業務、プロジェクト支援をOJTで学びました。その後は、別のクライアントのFinTech関連のプロジェクトに関わり、事務局運営や契約整備、業登録などに奔走。現在は同じそのクライアントのプロジェクトリーダーとして、サービスの拡大に向けて、各ステークホルダーや外部の専門家見解の取りまとめや、サービス設計、マーケティングなども担当しています。

入社して3ヶ月ぐらいは、すごく悩みました。前職の法務担当では、自分のやるべき事が決まっていたのに対し、コンサルティング業務は自分がクライアントの課題を発見し、提案して行かなくてはいけないため、どのように仕事を進めればいいか、全く検討がつきませんでした。ただ、代表の高橋を含め、バリュレイトのメンバーに相談したり、アドバイスをもらう中で、だんだんと道が拓けて行く感覚がありました。

現在担当している、サービス設計やマーケティングなどもまさに未知の領域でしたが、困ったことがあればバリュレイトのメンバーにすぐにSlackで相談したり、時には、仕事帰りに飲みやご飯に行き、じっくり相談することもあります。自分でもクライアントへのヒアリングや本を読むなどのキャッチアップは欠かせませんが、困った時はバリュレイトの誰かに相談すれば、必ず答えてくれるという安心感があるため、未経験の領域でも恐れずに挑戦するようになりました。


育児と仕事の両立はどのようにされていますか

下の子の保育園送迎の時間は必ず確保したいので、現在はクライアントと、9:30-16:30まではコア出社、残りの仕事は自宅など、リモートで対応するという約束でコンサルティングを行なっています。
案件によっては完全にリモートで支援をさせていただくこともあります。
帰ってからは子供と一緒に過ごし、子供を寝かしつけてからは、残りの仕事を行うため、なかなか自分の時間が取れない分、朝は早く起きて、インプットの時間を作るようにしています。

ライフステージが変化した際に、自分のキャリアについてとても悩みました。
周囲でも特に女性は、「育児」と「働く事」の両立をなんとかこなせても、自分の成長やキャリアアップまではなかなか望めない人が多いと感じています。

バリュレイトでは、ライフステージの変化をマイナスとはとらえず、むしろ育児と仕事にプラスして成長も実現できるよう、自分で決める事ができます。叶えたい働き方を実現できるように、代表の高橋や周囲のメンバーも真剣に考え、働き方を作ってくれます。
ベンチャーに転職した、と言うと、育児との両立が難しそう、不安定、というイメージを持たれる事も多いのですが、ワーキングマザーとして「育児」と「働く事」を単に両立させるだけでなく、成長も求め続けられるこの環境で、自分の能力を広げて行った方が、将来的には、より自由で自分らしく働ける未来があると感じています。


今後の目標を教えてください

まだ漠然としていますが、なんらかの形でワーキングマザーの支援ができればいいなと思っています。
自分自身が働きながら子供を育てる中で、苦労をした経験から、ライフステージの変化があっても、自分の成長ややりたい事を我慢せずに働ける環境をもっと作っていきたいと感じました。

そのためにはまず、自分自身がロールモデルとなれるように働き方を確立させる必要がありますし、バリュレイトの中でも、もっともっと多様な働き方を作って、それを発信する事で周りにも変化を起こしたいと思っています。

株式会社バリュレイト's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings