Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Transfer to the page for users in United States.

過激な程の刺激の中で生きる方が楽しそう。

ヴァンテージマネジメント株式会社に入る前

大学生の頃は、とにかくビジネスに興味があり、
漠然とBIGな人間になりたいと常に思っていました。
例えば、「社会に出て活躍する人は学生時代でも目立ちたがりが多いだろう」という仮定で、そういう人と今のうちに接点を持とうと考え、
イベント・サークルを作り、船上パーティーやクラブイベント、
24時間テレビの企画運営等を行ったり、
「学生の間によりリアルなビジネスをした方が成功に近づく」という仮定で、
車のビジネスをやってみたり、
「アウェイでも優位に立てる方が将来強い」という良くわからない仮定で
ニューヨーク留学したり、
とにかく自由気ままに楽しんでいました。
そして、「就職はとにかく上を目指していて壁が多そうな企業がいい」と
思っていたので、ヴァンテージに決めました!

現在

今は、基幹事業のWebマーケティングコンサル事業のセクションマネージャーとして、メンバー8名のマネジメントをしています。
ヴァンテージでは結果を出せば本当に年次関係なく
どんどん管掌範囲を広げられるので、
もっとスキルや裁量幅を持ちたいと思っていますし、
何よりメンバーが増えるのは嬉しいし、楽しい!
もう、ヴァンテージメンバー全員、自分のセクションに取り込んでやるで!と
より派手に大胆にいきます!

ヴァンテージマネジメント株式会社について

ヴァンテージに入って身につけた色々な学びの中でも
一番大切にしているのは
「自責思考」
です。

大学時代までは、
自分は基本的に正しいという前提のもと、
上手く行かない時は環境や周りのせいにする事もありました。
そして、入社当初は自分がなかなか成果を出せない日々が続き、
「ヴァンテージの雰囲気があかん!」
「ヴァンテージのサービスが合わん!」
など、とんでもなく他責にしていることも(笑)。大反省です!

しかし、ヴァンテージの行動ポリシーにある
「自責思考」
に触れ、今の自分の成果も、周囲の環境も、全ては自分次第で変えられるし、創っていくことができる、と理解しました。

ですので、ちょっとしたトラブルがあっても、
ちょっとした壁にぶつかっても、自責思考です。
他責にしても、成長を阻害するだけとしっかり理解したので。。。

今後どういうことをしていきたいか

一言で言いますと
「やりたい事をやっていく」。

もちろん、自由を手に入れるためには
数ある不自由を乗り越えないといけないと
誰かが言っていましたが、
目の前に現れる事象から逃げずに向き合い、全勝していけば、
いつでも新しくやりたい事が出来た時にそれをやることが出来る。
そう考えています。

ヴァンテージマネジメント株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
De578399 1df3 4807 893e 3d1b60f331f4
1 いいね!
Anonymous
De578399 1df3 4807 893e 3d1b60f331f4
1 いいね!

今日のランキング

ランキングをみる

Page top icon