Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【Ve STORY#2】前職退職後は単身でイギリスへ。外国に全く興味がなかった自分が、Ve Japanというグローバル企業にいるわけ

Ve Japan株式会社に入る前

音楽系の短大を卒業した後、何の目的意識もなく入社したノンバンクをすぐに辞めてしまい、派遣社員でいろいろな業界や職種を経験しました。一般事務からコールセンターのオペレーター、たまにはPC初心者への操作方法の指導などをしていました。最後に派遣社員としてお世話になったのは、外資系の製薬会社でした。ただ当時は英語や外国にも興味が持てずにいたので、日本語だけで仕事が出来る環境に移りたく・・・転職活動をし、工業資材の専門商社に正社員として採用されました。面接時に「国内の企業としか取引がないから大丈夫」と言われたのを今でも覚えています。

しかし入社して数年後、私が結婚した頃と同時期に当時の勤務先でも「やっぱり英語は必要!英語、がんばろう!」という波が押し寄せてきました。結局英語からは逃げられませんでした(笑)。

幸運にも私の英語に対する印象は、派遣社員時代と少し変わってきていました。というのも、新婚旅行で行ったフランスで片言の英語が通じて楽しかった思い出があり、自分の気持ちを日本語以外で伝える楽しさを覚え始めた時期だったのです。なので、この機会に「英語勉強してみよう!」という気持ちになっていました。

そこからのんびり英語を勉強し始めています。今から3年程前ですが、勤務先の海外研修プログラム(語学研修)に参加し、カナダのトロントで2カ月ホームステイをしながら語学学校に通いました。もちろん、少しは勉強して行きましたが、英語だけで生活するのは想像以上に大変で、ただ打ちのめされて帰ってきました。外国人のコミュニケーション能力の高さ、自分の不甲斐なさ、若いクラスメイトに囲まれて楽しむよりも落ち込む事が多かったです。

帰国後しばらく「英語ってあんなにしんどいだけのものだったかな」と思いながら働き続けていたのですが、だんだん「もう一度少しの間でも海外で生活してみたい!」と思うようになり、思い切って退職。1度旅行して楽しかったイギリスにホームステイをすることにしました。行ってみたい街、学校、期間、全て自分で調べて決め、最終的にはイギリスのカンタベリーという町の小さな語学学校を選びました。ちなみに旦那さんも快く、「行っておいで~」と送り出してくれました。

わずか5週間のイギリス生活でしたが、学校も街もホストファミリーも友達も、本当に素晴らしく、私の期待以上のものがそこにありました。肝心の英語力は5週間で変わったとは思いませんが、何より、やはり英語はしんどいものではなくて楽しいものだと思えた良いきっかけになっています。今でも勝手にカンタベリーを私の田舎だと思っています。

そして帰国後は「色んな国の人たちと関わっていきたい、出来ればイギリスと関わりのある仕事がしたい」というのを軸に再就職を考えていました。そんな矢先にVe Japanの求人を見つけ、そのまま入社するに至りました。

現在

現在はバックオフィス業務全般を担当しています。メインは請求処理です。請求にあたって、成果が妥当かどうかをクライアントに確認して頂き、請求書を発行し、マンスリーレポートを作成し、上長に報告をしています。もともと前職でも請求処理を含む営業事務を担当していたので、IT用語に不慣れな部分はあっても、沢山の方々のサポートもあり、すぐに仕事になじむ事が出来たと感じています。

このポジションではひと月ごとのみんなの頑張りの成果が数字として見えますし、前月と比べて成果の増減がわかるので、成果が増えているクライアントがいると本当に嬉しいです。

また、請求処理に加えて、採用のアシスタントもしています。採用は未経験の分野ではありますが、Ve Japanを発展させていく上で重要な役割になりますし、積極的に勉強していきたいと考えています。こういった機会を与えて貰えて、色々な可能性やチャンスが自分の前にあることに日々ワクワクしています。

Ve Japan株式会社について

Ve Japanは東京にある企業ですが、一歩社内に入ると外国です。国際色豊かで、若くてエネルギーに溢れた同僚に囲まれて仕事をすることが出来ます。まだまだスタートしたばかりの会社なのでルールを決めなくてはいけないことも多いですが、みんな協力的ですし、意見を言えば聞いて貰える環境です。

そんな環境だと、普段よりもみんなの力になろうという気持ちが自然と芽生えるものですね。英語で話す機会、メールをもらう機会も多々あるので、自然とスキルアップ出来ると思いますので、英語力をブラッシュアップしたい人、英語を使って仕事をしていきたい人にとってはこれ以上ない環境なのではないでしょうか。

今後どういうことをしていきたいか

今後挑戦していきたい事は未経験の分野の人事で出来る事とすべき事を精査して経験を積むのと同時に請求処理の効率化を図っていき、私なりのアドミニストレーターというポジションを構築していく事です。

あと、せっかく世界の各地に同じ会社で働く仲間がいるので、彼らのオフィスを訪問して、私と同じ業務をしている方が普段どのように仕事を進めているのかを見学したいです。仕事と趣味を両立できるのがVeで働く魅力でもあると思います。

Ve Japan株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
55606105 98c3 47f1 befa 2bb75fa2e86e
46a6437c 9442 4cd0 8398 0b73430c6048
F9f5c173 0fc7 4942 b95c 3a2854201756
4 いいね!
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
55606105 98c3 47f1 befa 2bb75fa2e86e
46a6437c 9442 4cd0 8398 0b73430c6048
F9f5c173 0fc7 4942 b95c 3a2854201756
4 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon