売上No.1のアパレルショップ店員がベルに飛び込んだ理由【社員インタビューvol.1】


名前:中野杏那
担当:セールス
好きな食べ物:白米と味噌汁と納豆とこんにゃくとわかめ
座右の銘:適当(いい意味で)


■ベルを選んだ理由

ベルに来る前は、新卒で入社した都内のアパレルショップで8年間勤務。人と会話をすることが好きだったので、接客の仕事はとても楽しく自分に合っていると感じていました。「絶対に売り上げで1位を取る」という目標があったので、自分なりに接客の仕方を工夫しトップまで上り詰めることができましたが、目標を達成できたと同時に「接客はやりきった」と思い、次のステージに進む決意をしました。

私が転職活動で軸にしていたのは、以前より興味のあったSNSマーケに携わることができ、かつアパレルでの販売経験を活かせる勢いのある企業。Wantedlyでベルを見つけた時は、まさにその条件に当てはまる!と思い、すぐに応募しました。そして実際に社員の方々とお話をすると、自由な社風で楽しそうに働いている姿が魅力的に映りました。そして、決まった型にとらわれずに個々人が自分なりの働き方で成果を出していることに惹かれ、入社を決めました。初めて飛び込んだ業界でしたが、ジャンルは違えど“人の心を動かす”営業には自信があったし、特に不安なことはなかったです。むしろ、初めてのベンチャーだったので楽しみでした。


■実際ベルに入ってみて感じたこと

まず、オフィスが静かだなと(笑)。アパレル店舗からの転職なのでギャップがあるのは当然なんですけど、基本的に会話はSlack(社内チャットツール)なので、無音の時間が続くのが最初は少し落ち着かなかったです(笑)。でも、ランチや飲み会ではみんな仲良し!オンとオフの切り替えが上手だなと思います。

また、普通の企業だと経験年数によっては任される仕事の幅が狭い場合もありますが、ベルでは入ってすぐに色々なことに挑戦できたことも大きなメリットでした。若いメンバーが中心でフラットな関係なので、先輩とも本音で意見を出し合うことができます。ベルにはインターンの大学生も多く在籍しているので、常に新鮮な声が聞けて、色々なことが学べる魅力的な環境だと感じています。




■これから挑戦していきたいこと

接客はやりきりましたが、「服を売る」ことに関してはずっと興味を持ち続けていたいジャンル。現在のベルではユニセックス・ガーリー系のブランドを展開していますが、個人的には大人のストリートミックスファッションが好きなので、もう少し上の年齢層をターゲットにしたEC事業も始めてみたいです。


■プライベートの過ごし方

もともと山が大好きな超アクティブ体質なので、よく自然に遊びに行きます!家にいても何をしたらいいかわからなくて、逆に疲れちゃいます(笑)。





■こんな人はぜひベルに来てください!

SNSが好きで、成長意欲がある人!あとは、変化が激しいこの業界だからこそ、色々なことに興味を持って最新情報をキャッチできる人は本当に強い。「以前は全く違う業界にいた」という人も、自分の得意分野や経験は絶対に活かせるので、ベルに新しい風を吹かせてほしいです!中でもセールスは、とにかく人と話すのが好きな人が向いていると思います。人によって武器は違いますが、私はどんな人とでも打ち解けて仲良くなれるのが強み。ヒアリングをして「何をどう言えば相手に刺さるのか」を考察するのは難しいときもありますが、相手の必要なものを提供できる余地を探し、いかにパズルみたいにはめられるかを考えるのは楽しいです。アパレル時代に培った接客のクセを活かしつつ、みんなを幸せにできるセールスマンを目指して頑張ります!


▼SNS事業で月間数億円の企画を生み出すビジネスプロデューサーwanted!

https://www.wantedly.com/projects/341565

株式会社ベル's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings