感じるまま、思うまま。

株式会社Viibarに入る前

どちらかというと、 サークルで遊んだり飲んだりすることに楽しさを見出せないタイプで笑 大学以外にもコミュニティーを広げたいなあ 社会にでる前にいろんな社会人ともっと関われないかなあ という思いが以前からあったんです。 それで、インターンシップに興味をもったのが大学1年の後半くらい? ー はやい笑 はやいかもです笑 最初は、人材と広告を扱っている企業でインターンさせてもらって。 動画広告などもやっていたんですね。 その過程を見ていて、広告を作るのって楽しそうだなあと思いました。 ー 結構前から「営業」に興味があったと聞きました。 前から色々アルバイトを経験していて、「接客」が好きだったんですね。 商品を買うか悩んでいるお客さんに話しかけて、 お客さんの反応を見ながら言う内容を変えたりして。 私の言葉がきっかけで、迷ってたお客さんが、 「あ、じゃあ買うわ」ってなるのがすごく嬉しかったんです。 ただ、アルバイトだとどうしても自分の成果が「数字」で表れづらい。 自分の行動が、数字に直結する営業がやりたいな、と。 それで、Wantedlyで「広告 営業」のキーワードで調べたら、 Viibarが出てきたんです。 興味を持って、話を聞きにいってみたら、いきなり代表がでてきて(笑) でも、Viibarがやっていることや目指しているものを、 代表の口から直接聞けてすごくよかったし共感したんです。 最後は、Viibar楽しそうだなあと思って入りました。

現在

最初はクリエイターさんの対応などをするユニットに携わっていました。 そこではクリエイターさんからヒアリングをしたりしてましたね。 それからかねてからの希望だったセールスに最近異動しました。 ー 具体的にどのようなことをしていますか? 実際に社員さんの営業現場に同行しています。 いろんな人の営業スタイルを間近で見られるので、すごく勉強になります。 それと並行してこの業界の背景やシステムなど、 知識面で必要なことをどんどんインプットしています。 最終的には、ひとりで営業に行けるようになるのが目標です! ー それはすごい!華の現役女子大生セールスですね笑 あと、Viibarのセールスチームにインターンが入るのははじめての試みなので、 「社会人初心者」「営業初心者」の視点で、 業務フローを言語化してまとめなおしたりしてますね。 (Viibarの営業社員はいまのところ全員中途採用で経験者ばかりなので。) そういうのって、私しかできない仕事だと思ってやってます。

株式会社Viibarについて

Viibarは、とにかく”人”が素敵なんです。 知的好奇心に溢れていて、仕事を楽しんでいる人が多い。 仕事だけじゃなくて、人生全体を楽しんでいる、って感じがします。

みんなすごくいい人で、自分たちの仕事でとても忙しいはずなのに、 わたしたちインターンのこともすごく気にかけてくれる。 なにも言わなくても、実は見ててくれたり。

ー すごく気のつく方が多いですよね。

それで、飲み会とかでさらっと、 「最近ここ頑張ってるよね」って言ってくれたりするんです。 それがまた励みになって。

家族みたいにあったかいですね。Viibarはわたしにとって大切な居場所です。

株式会社Viibar's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
2 Like
Anonymous
Picture?height=40&width=40
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
2 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon