CMで有名な大手HR Tech企業でSREとして活躍していたエンジニアが、UX改善チームの立ち上げ。40歳を迎えても、新しい挑戦を諦めない。

こんにちは。

本日は業務系パッケージベンダーのプロダクトマネージャーや、大手HR Tech企業でSREとして活躍を経て、ジョインいただいた仲田さんにインタビューしました!

30歳を過ぎると企業側も即戦力性を重視する傾向が強くなって、どうしても新しいチャレンジがしづらくなることがあります。そんな中、仲田さんが転職を経てどのように感じ、ビザスクでどんなチャレンジを始めたかご紹介します!

[プロフィール]

名前:仲田大記
出身:兵庫県神戸市出身 40歳(独身)
所属:アドバイザーUXチーム(仮)の立ち上げ
副業:起業コンサルタントしています

それでは早速どうぞ!

転職活動をしていて新しい挑戦をすることが難しく感じたとのことでしたが、どういうことでしょうか。

今回転職活動をして感じたのですが、直近の2年の業務内容がとにかく重視して見られたことですね。

直近、私はかなりの頻度でTVCMを打つような規模のHR Tech企業でSRE兼DBAとして働いていたのですが、市場での希少性が高いためか、希望のポジションではなくそちらでオファーを頂くことが多かったです。

私はWeb系のプロダクトマネージャーのような、開発だけでなくマーケティング等の領域を視野に入れたポジションへのチャレンジを考えていましたが、やはりどうしても即戦力としての経験が無かったので、なかなか希望するご縁が持てず、即戦力が重要なキーワードになっているんだと感じました。

ビザスクとはどのように出会いましたか

実は、エージェントから紹介を受けて、初めて知りました。

私自身、今回転職するときには大きな会社はやめようと思っていまして、自分の能力が十分に発揮できると思える規模で、かつ技術的に興味が湧く会社だけを受けていました。ちなみに、ビザスクの技術に引かれた部分は、GCP(Google Cloud Platform)ですね。直近私がSREとしてAWSをかなり踏み込んで利用していたこともありますが、Web業界全体がAWSが主流になっている中でGCPをメインのインフラとしていることに興味を惹かれました。

ビザスクの事業については当時はよく分からず、約10年HR Tech業界だった事もあり、正直少し飽きが来ていて最初はそんなに志望度が高くなかったですね(笑)

選考を受ける中で印象はどのように変わっていったのでしょうか

CTOの花村との面接を通して、面接官としての判断を一方的にしてくるのではなく、一緒に仕事をするパートナーを探すように真摯な対話をしてもらった姿勢を始め、ビザスクに対して当初抱いていたイメージが大きく変わり、とてもポジティブな印象になりました。そして、なんといっても最終面接で初めて会った代表の端羽のインパクトは大きかったですね。

転職活動中は、「あなたの会社で何を困ってますか」など、現実の課題や踏み込んだ話を聞いて、自分がどんな仕事ができそうで、働いて楽しそうか判断していました。しかしながら、役員面接でも深い質問をするとご回答いただけなかったり、濁されてしまうことが多かったように感じました。

ですが、端羽はとってもあっけらかんとしていて、隠し事なくどんな質問でも一つ一つ誠実に回答してくれましたし、分からないことであればその場で考えて回答してくれました。こんな誠実に向き合ってくれる環境であれば、役割は違っても、対等な立場で仕事ができそうだなと感じたことを覚えています。

最終的にビザスクに入社を決めたのは、自身がWeb系のプロダクトマネージャーとしてのキャリアを考えているといった会話の中で、端羽が「どんなメンバーがチームにいたらうまく仕事ができそうか」と聞いてくれたことですね。会社としても、自分としても新しい取り組みになる中で、自分には足りていない能力が有り、それを補うことでパフォーマンスを最大限に発揮できるよう具体的に考えてくれたことが嬉しかったですし、最終的な意思決定をする上で決め手の一つになりました。

現在、ビザスクではどんなことをしていますか

今はスポットコンサルのCtoCプラットフォーム ビザスクを運営しているチームに所属しながら、これまで兼務でやっていたアドバイザー向けのUXを改善していくアドバイザーUXチーム(仮)を立ち上げるため、主に計画の策定や調査をしています。

特に直近の1ヶ月間は、システムの成り立ちを知るために、小さな改修チケットをこなしていました。後は、RedashやMixpanel、Google Analyticsなど、数字とにらめっこすることが多かったですね。

ちなみに、ビザスクが主な言語として採用しているPythonは、以前Tracのカスタマイズをしたときに結構書いたおかげで、特に問題なく作業に入ることができました。余談ですが私は静的型付けかつ関数型の言語が比較的好みではありますが、特に言語はこだわりなく何でも書くので、最初からスムーズに立ち上がれたのは幸いでした。

仕事をしていてやりがいを感じることはなんですか

今は、チーム立ち上げのフェイズなのでとことん試行錯誤ができるのはいいですね。例えば、早速BtoBのサービスであるVQチームのプロジェクト・マネージャーの方と連携して、アドバイザーUXの体験向上委員会の設置・運営などをしています。

また、今までビザスクは様々なトライをしてきていましたが、数字をしっかりと計測・検証して科学的なアプローチで意思決定をすることがやりきれていない部分がありました。なので、更にUXの改善を効果的にしていくためにも、科学的なアプローチを導入して、当たり前にしていきたいと思っています。

ビジネス側の方も非常に優秀な方が多いので、対話をすればすぐ理解してくれるので、仕事もやりやすいですね。

入社して感じる改善点はありますか

サービスは先進的なことを行っているので、経営や組織の運営もよりビザスクらしく、先駆者になっていってほしいと思います。

例えば、すでに家事代行サービスの利用が可能など、前例がなくても行っている取り組みもすでに数多くあります。ですが、まだまだより良くするためのポイントはあると思ってます。実際に経営陣と人事は「日々社員がどうすれば働きがいを持ってくれるのか?ビザスクで働き続けたいと思えるのか?」を考えているので、現場からもどんどん「こんな取り組みをしたい」など声を上げていくことがとても大切だと思います。

開発をする上で大切にしていることはありますか

私が大切にしてるのは、「知らないはデフォルト」「ダイバーシティ」の2点です。

知らないはデフォルトというのは「知らないことが有る」ということが普通だという考え方です。例えば、一口に開発といっても取り扱う領域はインフラからアプリケーションなどとても幅広いです。なので、どうしてもすべてをカバーすることは大変です。

なので、若手に限らず中堅・シニアも知らないことが有るのは普通ですし、恥ではないと理解して、しっかりと状況を伝えて認識をすり合わせることを大切にして欲しいと思っています。知らない事自体は正しいし、逆に知らないことが有っても、バカにしたり攻撃してはいけない。だからこそ、何を知らないのかを知ることで好奇心が湧いて、学習・吸収し続けることができると思います。

ダイバーシティは、老若男女これまで体験したことが無いことでもしっかりと受け入れ、自分と他人は違うものだと理解して接することが大切、という考え方です。こちらは若い世代は問題ないないことが多く、むしろ40歳以上のシニアな世代の課題になることが多いなと感じます。なので、私自身も特に意識しています。

どんな方と働きたいですか

端羽との面接エピソードでも少し触れましたが、隠し事なく誠実で信頼できる方とお仕事をしたいですね。そのためにも、例え何か失敗しても受け入れて、その課題に改めて向き合っていけるような雰囲気作りはしていきたいと思っています。

これまでいろいろな会社に携わってきましたが、フラット、オープンを謳っていても、実際にそんな文化が形成できているかというと、難しいことのほうが多いかと思います。だからこそ、自分でそんなチームを実現して、誠実な方が働きやすい環境を作って一緒に働いていきたいです。

ビザスクに興味を持っていただいた方にメッセージをお願いします

ビザスクが提供するスポットコンサルは新しいサービスなので、そもそも最初はよくわからないかもしれません。ですが、労働力不足、人生100年時代、グローバル競争など世の中の流れと、事業コンセプトであるビジネス知見の共有という新しいプロダクトは社会に大きなインパクトを与えていくものだと思います。なにより、この「知見」という分野で、日本発・世界を見ていて、実際に挑戦できる会社は、ビザスク以外にはないと思います。

組織も会社のビジョン、ミッションが外向けだけでなく、しっかりと中にも向いていて言行一致しているので楽しく仕事ができます。

また、代表の端羽も執行役員の井無田も女性だからなのか、女性管理職や社員も一般的なベンチャー企業と比較して多く、働き方にも理解があるので男性目線でも働きやすいなと感じます。これからは優秀な女性の活躍がポイントになると個人的には思っているので、優秀な女性にもっと入社いただいて、ビザスクを盛り上げて欲しいですね。

いかがでしたでしょうか!

これまでの培ってきたプロダクトマネージメントや開発の経験を活かして、アドバイザーUXチーム(仮)の立ち上げに挑戦する仲田さんのお話でした。スペシャリストとしてこれまで培ってきた専門性を活かしつつ、この新たな挑戦も立ち上がりつつあります。

組織が成長しているからこそ、役割が生まれ続けているビザスク。専門性を活かした新しい挑戦にご興味を持たれましたら、ぜひエントリーください!ご連絡お待ちしています。

株式会社ビザスク's job postings
Anonymous
D28e38bf 96d3 4cb3 a787 207d76adb137?1531151072
18222056 1349638341782135 3482494435307159105 n
153a8e6f 8c3b 4863 8216 7b0fbcfe71d2?1550470180
E9f894f5 0c38 4cb9 bc65 d9f21d8d80b6?1504512916
Ac221fd3 19c0 4298 96ed 8b6f3db81e85?1525338129
20 Likes
Anonymous
D28e38bf 96d3 4cb3 a787 207d76adb137?1531151072
18222056 1349638341782135 3482494435307159105 n
153a8e6f 8c3b 4863 8216 7b0fbcfe71d2?1550470180
E9f894f5 0c38 4cb9 bc65 d9f21d8d80b6?1504512916
Ac221fd3 19c0 4298 96ed 8b6f3db81e85?1525338129
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon