This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

フランス留学を終えた私が、ビザスクでインターンを始めた理由

※本記事は、Wantedly編集部により企画・構成されています。

今回は、インターンとして活躍中の 井形公美さん にお話しを伺いました。

私のこれまでの経験 - フランスへの留学 -

私は大学2年生から3年生にかけて、フランスへ留学していました。大学に入学した当初から留学に行きたいとは思っていたもののどこに行くかを迷っていたのですが、どうせなら英語圏以外のところに行きたいと思ったんです。英語はある程度の語学力はあったので、全く語学力のない想像のつかない場所に行きたくて。


フランスを選んだ理由は、大学で第二言語として学んでいたことがきっかけです。学んでいくうちに、フランス語に対する興味・関心が段々と増えていき、フランスという国の文化にも興味が湧いてきて、「日本での座学ではなく、実際のフランスを目で見て確かめてみたい!」と思い、最終的にフランスに行くことを決めました。

フランスで学んだこと - 追い込むことで自分は成長する -

留学に備えて日本でフランス語を学んでいたので、「現地にいってもある程度は通用するだろう」と高を括っていたのですが、実際は全然通用しなくて...(苦笑)相手が何をいっているのか殆ど聞き取れなかったですし、自分の意思を思うように伝えることもできませんでした。


留学先の学校で、留学生向けのフランス語の授業を受講し、半年間フランス社会全般について学ぶ中でフランス語を再勉強しました。授業の中で生のフランス語に触れることでフランス語力が伸びたとは感じましたが、正直まだまだこんな状態では帰国出来ないと思っていました。


更に語学力を伸ばすために現地学生に混ざって政治学と法律学の授業も受講したのですが、これが中々大変で...。フランス語力がある程度伸びたとはいえ、専門用語の多い科目だと、何をしゃべっているのかさっぱりわからなくて(笑)


授業の内容を理解するために、3時間の授業を全て録音して文字に起こし、辞書でひたすら意味を調べていましたね。10回20回と繰り返し聴いていると気が狂いそうになることもありましたが、この作業のお陰で語学力が飛躍的に向上しました。


かなり大変な作業でしたけど、結果的に口頭弁論試験を良い成績で通過出来、「追い込むことで人って成長するんだな」と身を持って実感しました。最終的に、この留学でフランスにおける高校卒業レベルくらいの語学力を養うことができました。

なぜビザスクでインターンを始めたか

帰国後にある講演会に参加したのですが、そこで代表の端羽のスピーチを聞きました。ビザスクを立ち上げた経緯から、今どのようなフェーズにいるのか、をざっくばらんに話していたのですが、そこで、代表のカリスマ性、スポットコンサルという事業の斬新さ・社会貢献性に魅力を感じ、ここで働きたいと直感で思いました。


もともと「どこかのインターンシップに参加したい」という思いがあったため、講演会後に、Wantedlyでビザスクを検索し、インターンへ応募しました。スタートアップ企業ということもあり、採用されるまでの速度もかなりスピーディーでしたね。

インターンで何をしているか

ビザスクは、個人の知見とビジネスの課題を1時間からマッチングする「スポットコンサル」というサービスを展開しているのですが、私はVQ事業部の事業法人向けにサービスを展開するチームに属しながら、サポート業務を担当しています。


インターン当初は、講演会の運営業務をメインに担当していました。講演会へ招待する人のリスト作成から、講演会後のアンケート収集、当日の出欠確認まで。講演会に関する業務を一気通貫で行っていました。


業務経験がなかったため、最初のころはどのように進めればよいのか分からず、不安な点もありましたが、ビザスクはフラットな組織で、質問すればすぐに答えが返ってくる環境なので、加速度的に成長できました。ビザスクの業務への理解が深まった今では、それらに加えて、クライアントとアドバイザーのマッチングを円滑に進めるためのリサーチ業務を行っています。


具体的には、クライアントが提示した「課題・要件」に対して、最適な知見を提供してくれるアドバイザー候補をリストアップする仕事となります。マッチングの肝となる部分でもあるので、責任感を感じながら、日々業務に取り組んでいます。


また、リストアップするには、クライアントの事業内容を深く理解する必要があるため、毎回猛勉強をする必要がありますが、知識が日に日に増えていくことを実感できて、大きなやりがいにも繋がっています。(同チームのクライアントは、大手メーカーが多いので、半導体や自動車、ヘルスケア分野などの専門性が高い分野の知識が幅広く身につきます)

今後どうなりたいか

ビザスクのインターンを通して、今まで不明確であった、コンサルティング事業の大枠が掴めるようになり、コンサルタントという職種にも興味が沸きました。


新卒として働くのであれば、内資・外資を問わず、総合商社やコンサルティング企業など、就職活動の段階で専門性を決めず、幅広い事業に触れる可能性のある場所で働きたいです。それこそ、今まであまり手を付けてこなかった理系分野の事業にも触れ、技術へのの理解も深めていきたいと考えています。


将来的には、自分自身の専門分野を見つけて社会に大きなインパクトを与えるようなビジネスに携わっていきたいです。ビジネスとしての利益もありつつ、社会貢献性の高い事業を生み出していけたらいいですね。状況に応じて自分を変化させていき、どのような環境でも必要とされる人材となることが私の理想です。


リサーチアナリスト候補
キャリアの裏側に興味がある!?リサーチインターンを大募集!
ビザスクは「世界中の知見をつなぐ」をビジョンに掲げ、1時間から個人の知見とビジネス課題をマッチングする「スポットコンサル」を提供。日本初・最大の知見プラットフォームとして国内外にサービスを展開し、今後世界マーケットでの拡大を目指します。 提供サービス: ・大手クライアント向けフルサポート型《VQ》 ・誰もが知見にアクセス出来るWEBマッチング型《ビザスク》 ・各種研修・ワークショップ ▼サービスはこちら: https://service.visasq.com ▼スポットコンサル事例紹介 https://case.visasq.com 会社内組織で、ライフステージで、地域で、分断されてしまっている知見が日本中で、世界中でつながったらと想像するとワクワクしませんか?
株式会社ビザスク
株式会社ビザスクでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
34 いいね!
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
34 いいね!

私の就活

私がこれから就活する後輩にどうしても伝えたいこと

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon