1
/
5

キャリア官僚としてミサイル発射に対応していた私がビザスクにジョインした理由

小宮 希美(Komiya Nozomi)                                   ビザスク リサーチマネージャー                                京都大学文学部卒業後、2010年に防衛省に入省。人事担当として採用、ダイバーシティ人事制度構築等に携わったのち、内閣官房へ出向し、危機管理担当としてミサイル発射・核実験等の安全保障不測事態や自然災害発生時の初動対応を担当。

京都大学卒業後、官僚としての日々

ビザスクにジョインする前の私は国家公務員、世間でいうところのいわゆるキャリア官僚でした。

2010年に京都大学を卒業後、人の役に立ちたいという漠然とした思いで防衛省へ入省し、内閣官房への出向も含め、約7年間公務員をしていました。

入省後は、防衛省の予算編成や日米防衛協力に関する業務、東日本大震災への対応などを経験した後、新卒・中途の採用、インターンシップの実施、ダイバーシティ人事制度構築、ワークライフバランス推進など省内の人事担当として働いていました。

直近では、政府の中で事態対処・危機管理を行う部署で、北朝鮮がミサイルを発射したり、核実験が行うなどの安全保障不測事態や、大きな地震などの自然災害発生時に官邸に駆けつけて政府の初動対応をするような、危機管理担当として働いていました。

忙しい中でもやりがいを感じられる日々を過ごしていて、転職は考えていませんでした。でも結婚してみて、このまま官僚を続けたら、いつか絶対に仕事か家庭か二者択一を迫られる日が来ると感じました。

でもそれは絶対嫌でした。どっちも全力でやりたかったんです。

国の仕事と異なる形で、社会への貢献を

もちろん、政府内でも働き方改革を進めているし、昔と比べて今は随分と働きやすくなったという話も聞きます。むしろ自分がフロンティアとなって組織を築いていくという考えもありだったかもしれません。

でも、大きな組織を変えるには長い年月がかかるし、それに自分の人生を使ってられない。それだったら既に仕事も家庭も全力で取り組める環境の職場に移ろうと思って、政府を飛び出すことにしました。

そんな時に出会ったのがビザスクでした。

リモートワークなどの柔軟な働き方ができること、会社が、様々な家庭の事情を抱える社員でも全力で働けるためのサポートがしっかりしていると思ったことが、とても魅力的で、転職する一つの理由でした。

もう一つの理由は、「組織・世代・地域を超えて知見をつなぐ」というビザスクのビジョンに大きく共感したことです。

それまで、一つの組織に張り付いて仕事をすることに限界を感じ、疑問を持っていたので、組織という枠を超えての新しい働き方を作るという点を特に面白いと思いました。

また、ちょうどその頃”Life Shift”という本を読み、人生の中で一つの組織で勤め上げるのではなく、自分のスキルを磨きながらいくつかのキャリアを積み重ねていくという考え方に、共感し、自分も身をもってそうした働き方を実践してみようと考えていたし、ビザスクを活用することで、例えば地方にいても必用な知見を得る手段となったり、また、一旦組織を離れてしまった定年退職者や子どもを産んだ女性などが、自分の築き上げてきた知見を、改めて社会に還元できる手段となりうるところも、国の仕事とはまた違う形で、社会に貢献できるというところに惹かれ、ビザスクを選びました。

「知見がつながる」瞬間に立ち会えること

転職に不安がなかったわけではありません。むしろ、不安は大きかったです。それでも、新しいことに挑戦したい、知らないこと見てみたいという好奇心が不安に勝りました。

ビザスクはこれからどんどん大きくなる企業だと思ったし、そうであればまだ30人程しかない組織を大きくしていく一員に私もなりたい、今行くしかない!と思ったんです。

現在は、クライアントの求める知見を持ったアドバイザーをビザスクのデータベースから探したり、アドバイザーの拡充を担当するリサーチマネージャーとして働いています。

どんなニッチな領域・分野であってもそれぞれのエキスパートの方がいらっしゃって、世の中にはこんな面白い仕事があるんだと学ぶ毎日で、興味が尽きることはありません。また、自分がデータベースから探してきた方に実際にアドバイザーとしてスポットコンサルティングを実施して頂いたときは、まさにビジョンにある「知見がつながる」瞬間に立ち会えたようで本当にうれしいです。

こんな風に日々好奇心が刺激されることに楽しみを覚えられる方、知見がつながる喜びを感じたいと思う方と是非一緒に働きたいです!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<ビザスクで働くメンバーのインタビュー>


株式会社ビザスクでは一緒に働く仲間を募集しています
24 いいね!
24 いいね!
今週のランキング