スタートアップにジョインして、気が付いたら2年経った話

こんにちは、ビザスクで事業会社向け事業の責任者をしている田中です。
ビザスクに入社したのが2015年7月1日、そう今日で丸2年が経過しました。いつの間に!ですね。。

私は世の中的に見ると、いわゆるジョブホッパー的な感じだと思います。
住友商事2.5年→トライアンフ1.5年→ビザスク2年


住友商事に入社する時点で一生いるか分からない、辞めるなら20代だなと思って入っていたこともあったのですが、日本で3年、海外で2年働いて28歳で考えるタイミングが来るのでは?なんて学生の生意気な考えで思っていました。ところが、、28歳時点では既に3社目を迎えていました。

人生って本当にどうなるか分からないですね。そして、その間に取り組んできたこともかなり幅広く、、、

住友商事/硫酸・硫黄の海外輸出,黄燐の輸入 2.5年
→ トライアンフ/適性検査のテレアポ営業,全社マーケティング,外資メーカーでの常駐中途採用,新規事業
→ ビザスク/事業開発,マッチング,採用・人事,CS,PR


と、本当に色々経験をさせてもらってきました。

それでも、特にこの2年間は濃密でした。この2年を迎えるタイミングで簡単にそれぞれ振返りたいと思います。

当時は7人目位(同時期に3名入社)でジョインしたのですが、スペースマーケットさんとの共同オフィスの端で皆必死にPCに向かってました。もっと働きたい、もっと面白いことしたい、もっと貢献できることはないだろうか、そんな一心でとにかく来た球に全部反応するようにしてました。いや、たぶんそんなに考えてなかったですね、単純に楽しかったんです。
当時のオフィスはキッチンも、シャワーも、更にはジムもあったので、家に帰るのが面倒で12時にオフィスで寝て、5時に起きてジムで汗流してシャワー浴びて朝から働く日も週何日かありました。楽しいだけじゃいけないなと思いつつ、当時は本当に楽しくてずっと仕事してました。(マッチングは入社1ヶ月で、その大変さに必死でした。)

採用

でも、ずっと苦しかったのは採用です。入社後1ヶ月位してから採用も兼務しはじめたものの、なかなか苦戦して、やっと10人目(宮川)が入社してきてくれたのが12月。そこで初めて営業をチームでやりはじめ、何とか数字を積み上げる日々。マッチングも含め、とにかく全員野球で乗り切る日々でした。

採用は本当に終わりがないのですが、そんな時間を経て少しずつ人も増え、直近では35名までジョインを決めてくれています。

元々ビザスクにジョインしたのは、事業/ビジョンやチームへの共感に加えて、組織としてカルチャーを創る側に回りたいという思いがあったからです。組織カルチャーは人が増える中で、少しずつ定まっていきます。そしてどこかのタイミングから、マイナスな言い方をすれば、多くの企業は少しずつ硬直化していきます。

学生時代からずっとどんな組織がいいのだろうか?それこそ小学生時代から考えていたテーマでもあり、ビザスクでは強い組織を作っていきたい、そんな思いを持っていたことから、それにしっかりと関わってこれたことは自分自身にとっても本当にいい経験でした。ビザスクは良いメンバーが集まり、強い組織を全員で創っている、本当にそれを思えているのは有り難いなと思います。

でも、採用はどのポジションにいてもトッププライオリティ。全員で採用に向かうべし。
全社でリファラル採用強化に向かって短期間で結果が出せたのも今や昔、引き続き全員で採用に向かいたいなと思ってます。(このチームブログも、宮川が採用に向けてチームとして何かやろう!と言ってくれてスタートしました。)

メンバーのインタビュー >>
https://www.wantedly.com/feed/s/visasq

CS

採用に加えてCSを半年間やったのですが、これを通じてエンジニア/デザイナーと同じ時間を共有することが出来たこと、考え方を学べたこと、ユーザーさんと接点を数多く持てたことは非常に良かったです。

ビザスクはメインにスポットコンサルを提供してますが、大きく2つに分かれています。WEBとフルサポートの2つ。このどちらも経験出来たことは本当にいい経験で、現在事業開発に取り組む上でも誰よりもサービスを触っていた経験がかなり活きていますし、自信にもなっています。


PR

採用×CSを半年やっていたところから更にやることが増えました。執行役員になり、PRと事業開発も採用/CSに加えてやっていくことになりました。

実は私がビザスクに入る前に、一度ビザスクのリリースを書いたことがありました。いまだにやっているオープンイノベーションセミナーの初めての開催に合わせたリリースです。懐かしい。
>> https://visasq.co.jp/archives/4738

今はPRも離れたのですが、情報の編集や見せ方はPRをやって本当に勉強になりました。この事業会社向けチームのリリースだけはドラフトを自身で書いているのですが、いまだに伝わらないって跳ね返されることも正直結構あるのですが笑、これは事業をすすめる上での情報の編集や繋げてアイデアを創ることにもつながっているなと思います。

また、採用とPRは非常に近い部分があり、如何に情報を相手に届けるか、刺しに行けるか。これを両方経験出来たこと、そして事業サイドも見ることで、どう相乗効果を出すかに取り組ませてもらいました。
なかなか複合的に見ること、取り組むことは簡単ではなく、度々代表の端羽から視野の狭さを指摘されてきましたが、バリューにも掲げる「広げる努力は全員で」をまさに感じながらやっていました。

今、ビザスクのPRはこの人以上にいないって位最高な外部パートナーの方に協力してもらい、一緒に走ってもらっているのですが、ここからも学ぶ日々です。

View数が伸びて良かった記事>> https://forbesjapan.com/articles/detail/16675
宮川にこんなんどう?って提案して開催に進めてくれたセミナー>>
http://eventregist.com/e/LlKKIRCt9LWC?lang=ja_JP


事業開発

人づて,主催セミナー,WEB,イベント参加と色んな手法を使いながら、少しずつ営業先を開拓し、少しずつ実績を積んできました。

最近は大阪でも積極的に取り組みを始めたり、飲み会的なイベント(https://visasq.co.jp/archives/6832)を開催してみたり、とにかく打ち手を増やしています。数を打つことが質を上げる。やみくもに打つことは意味がないですが、これまで色々な切り口で事業を見てきて、またINPUTを増やしてきたことで感覚的にやるべきことや向かうべき方向性は見えてきました。

今、自分自身がやるべきことは、感覚知を全員に伝え、共有し、、アクションに繋げてもらうこと、誰よりもチャレンジをしてみること、皆のチャレンジを支援することかなと思っています。
メンバーは先週から1名増え、5名に。

今後のビザスク全体の成長を担う重要なチームです。
また、このチームが新たな柱を作るために、既存事業を支えてくれているメンバーがいます。
ビザスクは世界中の知見をつなぐことを目指しています。

今週も2つリリースが出て、またどちらも日経新聞に取り上げて頂きました。
新たなサービス提供の形:https://visasq.co.jp/archives/6909
オープンイノベーション・コンソーシアム設立:https://visasq.co.jp/archives/6928


世界中の知見をつなぐために、社会的にはジョブホッパー的な自身のキャリア、経験の掛け算を活かして、どんどん動いていきたいと思っています。

あっという間に時間が経っていて何もしていなかった。。ではなくて、あっという間だったけど濃密だったと、また1ヶ月後も3ヶ月後も、半年後も言えるように、そして全員がそう言えるような会社を創っていきたいと思います。

かなり自由に書いてしまいましたが、こんな時間を過ごしたいと思ってくれる方がいたら是非お声がけ下さい。お待ちしています。

株式会社ビザスク's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings