What we do

VML TOKYOのページへようこそ。 私たちVMLは、データを基にしたマーケティング/デジタルエージェンシーです。 本拠地はアメリカのカンザスで、現在では世界17ヶ国30拠点に展開しており、多角的視点を持ったアプローチでプロジェクトに取り組んでいます。 マーケティングの手法がめまぐるしく変化している現代、 生活者への商品価値を届ける方法を課題としている方がたくさんいます。 VMLでは、我々はクライアントのサービス価値を最大化するため、 クライアントと密接に関わり、常に最善の提案をしています。 「クライアントに最善の提案をする」ということは、 VML TOKYOのメンバー皆が思っている共通認識です。 VMLのロゴの由来である、Strategy(戦略)/ Knowledge(知識)/ Technology(テクノロジー)/ Creative(創造)すべての力を発揮できる場所、それがVML TOKYOです。

Why we do

企業をとりまくマーケティング環境は常に大きく変化しています。 これまで不可能であったことが、突然可能になることも多くあります テクノロジーの進化はコミュニケーションに革命を起こし、私たちの生活を常に豊かなものにします。 しかし、どれだけテクノロジーが進化しようと、またどれだけ速い速度で私達の生活が変化しようともそこで生活する私たちは意思をもった”人”であることを忘れてはいけません。 私たちVMLが目指すビジネスは、”人の気持ちを動かす”ことを可能にすると信じています。 ”心理に響く”コアアイデアを生みだす為に私たちは、これまでに蓄積されたデータや戦略的なユーザーインサイト、プラットフォームなどから適切な情報の収集を行います。 それは、VMLが提唱する主な三つの行動 「戦略と思考力」「マーケティングと広告」「プラットフォームと経験」に裏付けされ、これらの集約が”強いブランド”としてユーザーと親密な関係を構築できると考えます。 私たちVMLはクライアントにとって最大限の価値を提供する為、成果を求め続けることを信念にし、企業が抱える様々な課題に対し最も効果的な解決策を導き出します。

How we do

互いの知識を共有する環境です。

>>メンバーのご紹介<< VML TOKYOには、様々なバックグラウンドを持った、経験豊富なメンバーが集まっています。 互いの経験や知識を常にシェアしながら、クライアントに非常に近い立ち位置で仕事をしています。 ナショナルクライアントの担当者と、商品だけではなく、 企業戦略についても語り合い、それをマーケティングとクリエイティブの力で形にし、日々のブランドの向上を目指しています。 是非、メンバーインタビューを読んでみてください! VML TOKYOでの働き方を少しイメージしていただけると思います。 ■PRODUCER編 「VMLだからできること」 https://www.wantedly.com/companies/vml/post_articles/123601 「空間プロデューサーからデジタル業界への挑戦」 https://www.wantedly.com/companies/vml/post_articles/123372 ■DIRECTOR編 「自身のアイディアをもっと実現できる環境へ」 https://www.wantedly.com/companies/vml/post_articles/125280 ■DESIGNER編 「VMLを転職先に選んだ理由」 https://www.wantedly.com/companies/vml/post_articles/126030

Page top icon