1
/
5

ボイスメディアを運営する「株式会社Voicy」の社員で、誰が一番べしゃれるか勝負してみた 〜べしゃり王選手権 of Voicy〜

べしゃり王選手権 of Voicyの開催が決定!

こんにちは、Voicyカンパニークリエイターの “ はる ” こと高森はるなです。

突然ですがみなさん、『べしゃり王選手権』というラジオ番組をご存知でしょうか。

べしゃり王選手権とは、特定の分野について、愛してやまない猛者たちが集結し、誰が一番熱量を持っているのか?を“べしゃり”で競う番組 ‼(参考:公式HP)

※「べしゃる」とは、喋りを意味する業界用語だそう!

メイン審査員にお笑い芸人のケンドーコバヤシさんをお迎えし、TBSラジオさん・ABCラジオさんにて毎月放送されていくこちらの番組なのですが、なんとVoicyでは、このべしゃり王選手権のノーカット特別編を聴くことが出来るのです!

ラジオでは放送しきれなかった面白トークやべしゃりストからの応募音源などなど、Voicyを聴くことで本編をもっと楽しめちゃうので、とってもワクワクしますよね…!

今月のテーマである「カレー」編がだいぶ盛り上がっているようで、社内でも大注目しているコンテンツなのですが、そんな中、あるメンバーからこんな提案が。


たけ子「社内でもべしゃり王やりましょうよ。」


…………ナニソレ、おもしろそう!!!

たけ子さんのこの一言により、Voicyでは即座に『べしゃり王選手権 of Voicy』の開催が決定!

というわけで、今回は社内で行われたべしゃり王選手権の様子をお届けします。


Voicy社員よ、べしゃりなさい!

べしゃり王選手権 of Voicy は、企画から開催まですべて発案者でもあるたけ子さんが担当してくれました!

(たけ子)私はVoicyに4月に入社したのですが、同じく10名ほどのメンバーがそのタイミングで入社し、会社の人数がかなり増えたんです。ただ、その直後にリモート期間に入ってしまって対面コミュニケーションが全然取れなかったんですよね。そこで、もっとメンバーのことを知れるきっかけがほしいなとは思っていました。

5月になって、また新しいメンバーが増えたタイミングでオンラインでの歓迎会が行われたのですが、そこで「リモート期間が延長されたけど、オンライン飲みも飽きてきたから何か新しいコンテンツやりたい。」みたいな話が出てたんですよね。
そこで色々考えていたのですが、丁度その時期に動いていた『べしゃり王選手権』を社内でやってみるという企画を思いついたんです。

でも私はCC(カンパニークリエイター)チームではなかったので自分で出来るとは思っておらず、CCチームのかっさんに軽い気持ちで提案したんです。そしたら「じゃあやってみなよ!」って二つ返事で返ってきて、「あ、やっていいんだ!」って思いましたね。笑

そこから企画書練って、社内に起案しました。


【提案時のSlack】

  ↓
  ↓ かっさんのGoから4時間後...
  ↓

提案から実際の企画に持っていくまでのスピード感がさすがです。笑(優勝するぜ!笑)

(たけ子)べしゃり王選手権 of Voicyを通して、リモート期間に関わらずお互いのことをもっと深く知れる機会になったらいいなと思います。個人的に、人が好きなものに対してアツく語っているのとか、何を考えているのかについて聞くのが好きなので、飲み会とかでは話せない話とか聞けたら良いなーと思って企画しました。

まだ入社して1ヶ月半くらいだし、CCチームのメンバーってわけでもないのに、こんなふうに企画をやろうって言ってもらえて、実際にみんなが楽しんでくれてるのを見ることが出来てすごく嬉しいです。

実際にパーソナリティ体験をすることで、自社サービスやパーソナリティさんたちへの理解がより深まると思うので、そういう効果も期待してます。


べしゃり王選手権 of Voicyのルールは、本家のべしゃり王選手権とは少し異なります。

大テーマは本家べしゃり王と同じく「愛してやまないもの」なのですが、そこで何を話すかというお題は個人で自由に決めることが出来ます。(本家べしゃり王では毎回お題が指定されており、第1回は「カレー」となっています。)

参加は自由。

全メンバーが審査員となり、スキルパッションユニークの3つの観点から、勇気あるチャレンジャーを評価します!


また、なごみいい声大草原といった部門賞も用意されています。(ほっこり)


この時点ですでにワクワクしてきました…!


ちなみに、参加方法はとっても簡単。

Voicy収録専用アプリ『Voicy Recorder』から、メンバーに紐付けられている『べしゃり王選手権 of Voicy』チャンネルに自分の声を収録し、そのURLをSlackで皆に共有したらエントリー完了!

ちなみに、私はるは愛してやまないディズニーオリジナルムービーのサウンドトラックについてべしゃらせてもらいました。(共感したらおそらく同世代)

声のオファーレター(Voicyでは候補者に対して内定通知時にメンバーの声をお届けしています!)などに参加して収録することはありましたが、一人でちゃんと収録するのはこれが初めて。

声だけということで間やテンポが気になりすぎて息切れしたり、話す内容決めすぎて読んでる感が強くなってしまうのが嫌だったので構成だけ決めて自分の言葉で話したら、言いたかった内容がいくつか漏れてしまっていたことに後で気づいたりと、かなり苦戦しましたが、めちゃめちゃ楽しかった!!!


第1回べしゃり王がついに決定!

べしゃり王選手権 of Voicyには、総勢22名のメンバーがエントリーしました

2020年5月現在のVoicyは社員数が30名ほどなので、参加率7割以上という高さ。笑

22名分ということで結構ボリュームはあったものの、皆それぞれ個性が強すぎて聴いてて全く飽きないんですよね。

また、持ち時間は10分でほとんどのメンバーが5分前後で話していましたが、中には10分ギリギリまで話すかなり熱量のあるチャレンジャーも。(代表の緒方さんは「うまい棒」について10分きっかりべしゃってくれました。アツい!)

さて、皆の投票が終わり、ついにVoicyの第1回べしゃり王決定の瞬間が……!

朝会にて、たけ子さんから結果発表が行われました。

3位から順に発表されていくようです。

ドキドキ、、、、

3位はなんとたけ子さんご本人!!

学生時代は文学部に所属していて、読書が趣味だというたけ子さんは、好きな作家である谷崎潤一郎について、かなりマイナーな話まで盛り盛りで紹介してくれました。ちょこちょこ入る過激な情報が面白かった。笑
また企画から開催まで、べしゃり王というイベントを通して社内を盛り上げてくれました!!! おめでとうございます!!!


堂々の2位はあづさん。おめでとうございます!!!

ナレーターも務めるあづさん、べしゃりの巧さが本当に圧倒的でした…!!
最初が英語から始まるのですが、もう上手すぎて一瞬べしゃり王を聴いているという事実を忘れるほど。笑
The Flashめっちゃ面白そうなので、私も見てみたい〜!


さて、続いて栄えある第1位は……!


と、その前に部門賞受賞者の発表です。

各観点で最も高く評価されたのは、こちらの3名!
もう皆さんタイトルからして、その熱量が伝わってきます…!



そしてそして、その他部門賞ではこちらの4名がランクイン!

ちなみに、めちゃめちゃ気になるタイトルが目を引くざっきーですが、彼のべしゃりが参加者内で最短の1分4秒でした。短すぎて思わず巻き戻したもんな。
そして、ここまで全てのランキング内に食い込んでいるあづさん、さすがとしか言いようがありません…!



さて、お待たせしました、いよいよ第1位の発表です!

ドキドキ、、、、、



なんと!! 第1回べしゃり王に選ばれたのは、我らがCCチームリーダーのかっさんでした!!! おめでとうございます〜!!!すごい、有言実行。(優勝したぜ!笑)

日本史が好きということで、代表の緒方さんとザビエルの共通項をべしゃるというかなり斬新な内容になってました。笑

(かっさん)まず、入社1ヶ月半でさらにリモート期間と大変な状況の中、主体的に社内を盛り上げようとこういったイベントを企画してくれたたけ子に感謝です。べしゃり王選手権という対外的に動いているコンテンツと絡めることで、そのコンテンツ自体にも社員の意識を向けるという企画力が本当にすごい。

社員の7割以上が楽しんで参加できる企画になったと思うし、その中で自分が第1位を獲ることが出来て、すごく光栄だなと思います!

今回参加してみて、自分の好きなことを人に伝えることがこんなに難しいんだなと気づいた反面、物書きもしている僕からすると、喋るだけで簡単に発信出来ることの手軽さへの驚きもありました。
現在、自分が発信しているVoicyのチャンネルがあるのですが、その発信もより強めていきたいと改めて考えるきっかけになりましたね。

(かっさんが発信しているVoicyチャンネル)

(かっさん)ちなみに本家べしゃり王選手権の第2回のお題が『BiSH』だそうなのですが、僕はBiSHの大ファンなので、今回の受賞を糧に本家にも応募しようと思います!笑


かっさんおめでとうございました!

かっさんも応募しようと意気込んでいる『べしゃり王選手権』についての情報はこちらから!

べしゃり王選手権 of Voicyはいかがでしたでしょうか。

個人的に、これにまでにないコンテンツでとっても面白かったです!
声の放送は難しかったですが、実際に自分が体験することでパーソナリティさんの凄さや自社サービスへの理解、そして何よりも声で届けることの面白さを知ることができました。

社内コンテンツということで、メンバーのべしゃりを皆さんに聞いてもらえないのが残念。

今から第2回が楽しみですし、また絶対参加して、次こそは入選したい…!

Voicyに興味を持ってくださった方、ぜひぜひ話を聞きたいボタン、またはVoicyの採用サイトからご応募お待ちしております!

株式会社Voicy's job postings
21 Likes
21 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more