This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

自分たちの想像すら超える新しい文化を作りたい。超大規模インフラ開発から超ドベンチャーへ転職したCIOのVoicyジョインストーリー

エンジニアやPL/PM、時には経営者として様々な企業を渡り歩いてきた、Voicy CIO(最高情報責任者)伊東。CTOとしてオファーを受けていた企業への転職や、自身が代表を務める企業の事業拡大への道を捨ててまで、Voicyへジョインした裏側にはどのようなストーリーがあったのでしょうか。
今回は伊東本人に、2016年10月に当時2人だけの会社だったVoicyに参画を決めた理由や、今後のVoicyの展望について聞きましました。

自信も迷いも包み隠さず話す。そんな人間味溢れる社長・緒方の魅力が、ジョインの決定打でした

ーー まずは伊東さんのご経歴から教えてください

私は新卒で社会保険システムを開発する会社に、エンジニアとして入社をしました。その後、ユーザー動向分析ツールの開発を行う会社や、ソーシャルゲームの開発を行う会社など、計7社を経験。キャリアとしては、エンジニアとして開発をやったり、PLやPMをやったりしました。時には開発チームのトップとして事業の経営や採用などにも携わることもありました。

ーー かなり多くの企業を見てこられたのですね。伊東さんは転職をする際に、何を基準にされているのですか?

まず、技術的にチャレンジングであるか、ビジネス的に楽しいかというのは重視しています。私は成長フェーズの、会社が混沌とした感じが好きなんですよね。以前は法律に則って事業を展開するといったような堅い仕事をしていたのですが、いつの間にか柔軟にビジネスを展開させていく事業に携わることが増えてきました。
あとは、自分の貢献できる度合いがどの程度なのかも、判断基準の一つです。自分がその会社にジョインした場合と、ジョインしなかった場合の未来を想像し比較して、「自分がジョインしたら事業がスケールしそうだ」というイメージが湧いたら、ジョインを考えることにしています。

ーー Voicy参画前に複数社からオファーを受けていたと伺いました。Voicyにジョインしようと思った決め手は何だったのですか?

私が入らないとこの事業はダメになるな、社長の緒方を助けなければいけないな、と思ったからです。笑

最初に飲み会の場で緒方と出会ってVoicyの構想を聞いた時に、リッチな方向に進むこの世の中の流れの中で、あえてシンプルに「声」だけにフォーカスを当てて稼ごうとしていることが面白いと思っていました。また緒方の人となりも魅力だったんですよね。私と緒方は同い年なのですが、緒方はとにかくエネルギッシュでオープンマインドな性格。自信があることも、迷いがあることも、包み隠さずすべてぶつけてくれる人で、信頼がおける人物だと思っていました。


実は最初に出会って連絡先を交換してから、よくスカイプで緒方の相談に乗っていたのですが、話を聞いているとどうも人手が圧倒的に不足していることが原因で、事業の雲行きが怪しくなっているなと感じました。せっかく面白い構想があり、魅力的な社長がいるのに、この事業がここで終わってしまうのはもったいないな、と思ったんです。


緒方がやっているビジネスの終着点をみたいなと思いましたし、そのビジネスをどうにか成功させてあげたいという思いで、ジョインを決意しました。


アプリ開発、サーバー管理、WEB機能開発……今のVoicyではすべてに挑戦できる。だからこのフェーズは面白い

ーー 今、伊東さんはVoicyでどんな業務をされているのですか?

主に新規のWEBシステムリリースに向けて、開発の推進をしています。社長の緒方が頭の中で思い描いている世界をシステム設計に落とし込むことからはじめています。現状のVoicyアプリでは、緒方の思い描いている世界の5%も実現できていません。それを100%にできるように日々動いています。

ーー エンジニアの伊東さんから見て、Voicyで働く魅力とは何ですか?

大手で働いていた時は、自分のやる範囲がしっかり決まっていました。
しかしVoicyでは、大まかな役割分担はありますが、明確に「ここからここはやるけど、ここからはやらない」といった線引きはありません。エンジニアであれば、アプリ開発からサーバーの管理、WEBの機能開発まで、全部携われるので、技術的には楽しいと思いますよ。また毎日のようにリリースがあり、スピード感を持ってPDCAが回せるという面でもとても刺激的だと思います。


私はエンジニア歴が長いので、正直にいうと技術的にVoicyで学ぶことは少ないのですが(笑)、私の場合はビジネスパーソンとして学ぶことが多いです。Voicyでは計画的に仕事をしつつも、臨機応変に仕事をしなければならない場面が数多くあります。最初は戸惑いましたが、着実に推進しながらも柔軟に対応ができる力が身につきましたし、個人としての業務効率もかなり改善したと思います。


ーー Voicyへの入社をオススメするとしたら、どの様な人にオススメしたいですか?

「いつかは起業をしたいんだ!」という野心のある人には最高の場所だと思います。先ほども言いましたが、Voicyはすべてに関われるというのが魅力。時には経営にもエンジニア目線で意見を求められることもあります。


また、特に上司はいないので、自分で考えて自分で実行する環境があります。もちろん相談する仲間はいっぱいますが、常に主体者となって仕事ができるのはVoicyならではだと思います。
今のこの規模だから、こんなに全体感を持って色々な仕事に携われるという面もあると思うので、本当にドベンチャーに飛び込んで思いっきり成長したいと思っている人がいれば、ぜひ「今」ジョインを検討して欲しいです。

ユーザー同士が化学反応を起こしながら、私たちの想像を超える様な文化が作られるプラットフォームを作りたい

ーー Voicyはこれからどの様な会社になっていくと思いますか?

とりあえず、いい意味で部活やサークルみたいな感じは社内風土として残していきたいですよね。社長でもCTOでもインターンでも、みんな対等に話ができるし、こんなにも本気でぶつかり合えるのはVoicyならではだと思います。


事業的には、現在は2つのアプリ開発のみですが、今後はどんどん新しいサービスを展開していく予定です。どれも今までになかったコンセプトだったり、ビジネスモデルなので難易度が高く苦労は多いですが、将来のVoicyを支える大きな柱になってくると思います。


この事業は将来的にはユーザー同士が化学反応を起こしながら、私たちの想像を超えるような文化が作られるのだと感じています。そんな環境を提供できるプラットフォームがしっかり作れる会社に成長させていきたいです。

ーー 伊東さんご自身のキャリアについては、どうお考えでしょうか?

社長の緒方が言うには、Voicyはいずれ1000億円の価値がある会社になる。そこまで自分の手で企業を成長させてみたいし、成長した1000億円の価値がある企業で、経営判断やマネジメントをしてみたいです。


またそこまで会社の成長に自分の成長もついていけたら、きっと一つも二つも上の視点から物事を捉えられるビジネスパーソンになっているのではないかとも思います。そして将来は投資家となって若者たちを支援できる様な立場になれたら、最高ですね。(笑)
でも、今はとにかく目の前の課題を一つ一つ前に進めることで、Voicyを成長させ、自分も成長させていくことに全力を注ぎたいと思っています。

今回は、CIOとしてVoicyにジョインした伊東さんに、Voicyへジョインした裏側にあるストーリーや今後のVoicyの展望などについて伺いました。


Voicyでは、3人目となるエンジニアを絶賛募集中です!!

生まれたてのドベンチャーで成長フェーズのカオスを味わってみたい方、とにかく技術的に成長したい方、部活の様な雰囲気で仲間と共に熱く事業を作り上げたい方はぜひ、一度Voicyのオフィスに遊びにきてください!お待ちしてます!!


株式会社Voicyでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Picture?height=40&width=40
B4436453 2750 42ba aac6 6adc90357aaa
Picture?height=40&width=40
5 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Picture?height=40&width=40
B4436453 2750 42ba aac6 6adc90357aaa
Picture?height=40&width=40
5 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon