私が長期インターンに参加した理由〜本当に良いものを伝えるのが、営業の仕事〜

こんにちは!広報インターンの浅野です。

この記事は、1社で1ヶ月以上のインターンシップを経験したことのある方にインタビューし、長期インターンを通して実際にどのような経験ができたのか、その経験が自身のキャリア観にどう影響し、どのようなメリットがあるのかをまとめています。

今回インタビューに協力してくれたのは青山学院大学経営学部経営学科4年生の小川直樹さんです。

アソビュー株式会社で、インターンとして新規開拓やコンサルティングなどの業務に携わっていた小川さん。なぜインターンを始めたのか、インターンをやったことで自身のキャリアに対する見え方は変わったのかなどをお聞きしました。

自分がどれくらい社会で通用するか確かめたかった


―アソビューのインターンでは、どのような業務に携わってましたか。

僕がインターンで担当したのは営業で、「新規開拓」と「既存顧客へのコンサルティング」の2つでした。僕は特にコンサルティング業務に注力していて、事業社さん側にも利用者側にもWin-Winな状態を作るために、アソビューのサービスの案内をしていました。


―そもそも、なぜインターンを始めようと思ったのでしょうか。

高校時代から生徒会などを経験してきたんですが、それらの経験が働く上で通用するかどうかを確かめてみたいと思ったのがきっかけです。

今までは活動の対価としてお金をもらうことはなかったので、有給のインターンであれば自分のやった成果に対してお金がもらえるし、会社から定量的な評価をもらえるのが良いなと思って。

あとは、遊びやレジャーを知っておいたら面白いなと思っていたので、アソビューのインターンに応募することにしました。

結果が出るまで半年、MVPになるまでの道のり

MVPを獲ったときの小川さん(真ん中)


―アソビューでインターンをする中で、一番嬉しかったことはなんですか?

毎月インターンの中でMVPを決める制度があって、自分が選ばれた時はすごく嬉しかったです!僕はMVP選出の主な評価基準としては、個人のKPIの達成度やチームとしての売り上げ等があり、コンサルティング業務における自社システムの導入件数のKPIの達成度が評価され、MVPを獲ることができました。


―どのようにMVPに選ばれたんですか?

僕と同じ時期に入ったインターンが入社から約2ヶ月でMVPになっていたんです。自分は一度もMVPに選ばれていなかったので、その人に刺激を受けてもっと頑張ろうと思うようになりました。

それからはインターン中に周りにアドバイスをもらうようになったり、アンテナを張って常に周囲から情報を得られるようしたりしていました。その結果徐々に考え方が変わっていき、事業者さんとアソビューのユーザーにとって一番良いことをしようと思うようになったあたりから、成果を出せるようになっていきました。


ー変化がすごいですね!インターンのやりがいに関してはどうでしたか?

アソビューのビジネスモデルは、顧客となる事業社の利用客が増えた分、クライアントからお金が入ってくる成果報酬型のシステムになっています。そのため、本当に良いものを売っているという実感を持ちながらインターンに取り組むことができましたし、営業の仕事も楽しむことができました。

営業をしていて煙たがられることもありましたが、サービスを使うことによる具体的な変化をしっかりと相手に伝えることで、最終的に「良さそうだから使ってみよう」と思ってもらえる経験をしています。このように人の感情を変えられたのもすごく面白くて、インターンにやりがいを感じていましたね。


―逆に、インターン中にもっとこうしたら良かったということはありますか。

実は、インターンで結果を出すようになるまでに半年くらい時間がかかっているんです。改めて振り返ると、途中で「成果を出すことは自分には無理なのかな」と思ってしょげてしまっている場面があったので、落ち込んでいる期間を短くしたかったという反省があります。

インターンを通して営業のイメージが変わった。本当に良いものを自分の力で伝える。


ーインターンを通して、働くことへの見方は変わりましたか。

実は元々「営業」っていう言葉がすごく嫌いでした。よくドラマとかにあるような、つらい外回りとか、高額な商品を嘘をついて売りつけるといったネガティブなイメージを抱いていたんです。

でも実際に営業職のインターンをしてみたら全然そんなことはなくて、本当に良いと思えるものを自分の力で伝えられる経験をしたので、営業の仕事はとても素晴らしい職業だと思ったんです。次の就職先で営業部に応募したくらい、営業に対するイメージは大きく変わりましたね。

―これからインターンを始める学生に、何かアドバイスがあればお願いします。

インターンを探す時は、まずは興味があることや自分の目標に対して、どういう会社がマッチしているのかを研究するのが良いと思います。僕の場合は、アソビューに話を聞きに行って「なんて素敵なサービスなんだろう」と感銘を受けましたし、やはり実際に企業へ話を聞きに行かないとわかりません

ちょっと気になっていても、面倒だしいいやと思う人が多いかもしれませんが、まずはインターンでもなんでも、話を聞きに行ってみて、そこから自分でどうするか考えるのがいいと思います。


―小川さん、ありがとうございました!

おわりに

小川さんは、スキルを磨き、自分の好きなことをやるためにインターンをはじめましたが、最終的に、ネガティブなイメージを持っていた営業職に対して、「自分が本当に良いと思ったものを人に伝えることは素晴らしい」という魅力を発見し、新たにキャリアの選択肢を広げるような経験をしています。この話を聞いていて、インターンシップは自分のやりたいと思えることに挑戦できるだけではなく、自分にとって新しい道を見つけることができる機会でもあるのだと感じました。


Writing:Moeka Okada

次回はデータ処理のインターンをしていた方のインタビュー記事を予定しています。
それではお楽しみにー!

★こんなインターン体験記もあります★

13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings