採用の新時代到来!WANTEDLY VISIT AWARDS 2018 レポート

こんにちは!WANTEDLY AWARDS 事務局です。

11月8日(木)に開催しました「WANTEDLY VISIT AWARDS 2018」に、今年も300社以上の企業経営者様、人事担当者様にご来場いただきました。誠にありがとうございました!

以下に、当日の模様をレポートさせていただきます。

『WANTEDLY AWARDS』とは

Wantedlyのビジョン「シゴトでココロオドル人をふやす」をより多くの方に理解・共感してもらう場として、2015年から年に一度開催し今年で4回目となりました。会社を挙げてのビッグイベントとして取り組んでおり、「Wantedly」を活用して採用に成功している企業様を表彰させていただいています。

◆第1部
Visit Keynote「採用トレンドとWantedly Visitの革命」

Wantedly CEO 仲 暁子

(要旨)

「WANTEDLY AWARDS」は今年で4回目の開催となりました。

ここ1年で利用企業数も増え、30,000社を突破。2年前に、この場で発表した「Wantedly People」はここ1年で100万人の利用者が増え、300万人を超えるユーザーに使っていただいています。
そして、1週間前に日本郵便株式会社と提携し、Wantedly Peopleのユーザーが名刺交換をした相手に対して、日本郵便が提供するお年玉付き年賀状を送ることができる「Wantedly年賀状」をリリースしました。
国外でも、主に、香港、シンガポール、ドイツを中心に2,000社以上の海外企業でWantedly Visitを利用していただいています。

今年、経団連から「就活ルールの廃止」の発表がありました。これは高度成長期モデルの終焉を告げるものです。デジタル化やミレニアル世代の台頭により、採用担当の仕事は、フィルタリングや面接からブランディングやマーケティングの領域へと、さらに加速度を増して変化してきています。

採用を取り巻く環境が劇的に変化しようとしている今、「強いものではなく変化できるものが生き残るのだ」とダーウィンが言ったように、変化をチャンスと捉えて如何に採用の変化の流れに乗っていくのかいかないのか、そこに大きな差が生まれてくるでしょう。

Wantedlyは、「シゴトでココロオドル人をふやす」というビジョンを掲げ、2012年のリリース以降、「共感」を通じて企業とユーザーをつなぐサービスを提供し、
・企業の「STORY」の発信
・1対1の「DISCOVERY」
・ユーザーとの継続的な「ENGAGE」
の3つの領域において、少しずつそのステップにあったプロダクトを展開してきました。

「シゴトでココロオドル人をふやす」世界の実現に向けて、今後もチーム一同サービスのさらなる改善、開発、そして皆さんの支援を全力で行ってまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


新機能「Meetup」機能について - Wantedly Visitエンジニア 森脇健斗

会社訪問をよりカジュアルに行ってもらい、企業の「STORY」を共有していただくためのWantedly Visitの新しい機能「Meetup」の紹介をいたしました。

▼Meetup:見つける、集まる、広がる。興味がありそうな知り合いを誘って気軽に話を聞きに行ってみよう


開発軸での1年間の振り返り、今後の方向性 - 開発チーム執行役員 久保長 礼

1対1の「DISCOVERY」、ユーザーとの継続的な「ENGAGE」について、新しくなったアルゴリズムと「Talent pool」(タレントプール)の紹介をさせていただきました。

基調講演「NEW ELITEの生き方・働き方」

プロノイア・グループ株式会社 代表取締役、モティファイ株式会社 取締役 ピョートル・フェリクス・グジバチ氏

元Google人事のピョートル氏による、新しい働き方をテーマにした基調講演。

ピョートル氏は、2000年に来日し、ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て、2011年Googleに入社。アジアパシフィックにおけるピープルディベロップメント、2014年からグローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材の分野で幅広く活躍されました。現在は独立し、人材育成、組織開発、リーダーシップ開発の専門家として多くの企業様をコンサルティングしていらっしゃいます。

自身の目標である「2050年までに、誰もが自己実現ができる世界をつくること」の思いがどこから生まれてきたかを、「行き過ぎた共産主義から行き過ぎた資本主義」に転換した母国ポーランドで経験したことなどを交えながらご紹介いただき、社会の変化と働く環境の変化や、これからの「OLD」から「NEW」への世界の変化の中で「どんな人材であるべきか」「どんな人材を必要とするのか」について解説されました。

企業は、これから採用する人材をいかに見極めて、テクノロジーを通じてできるだけ幅広くプールし、採用をマーケティングとして考えるか。これから採用で成功する会社は「枠」ではなく「軸」である。会社がちゃんとした軸を作って膨大なコミュニティを持つというのが成功の鍵だとお話しいただきました。

◆第2部 WANTEDLY AWARDS 2018 授賞式

今回の「WANTEDLY VISIT AWARDS」では、過去1年間の応募数、応援数、スカウト返信率、フィード閲覧数などのWantedly Adminの各利用実績値をもとに、4部門からなる部門賞を各1社ずつ、総合力に重点を置いた総合部門としてシルバー賞を2社、ゴールド賞1社を選出。Wantedlyを上手く活用してくださった企業様として、日頃の感謝を込めてトロフィーと感謝状を贈呈させていただきました!

<総合賞>

🏆 GOLD賞:チームラボ株式会社

募集への高いエントリー数に加え、スカウトを活用してマッチング力を強化するなど採用力を高めている点や、フィードを活用した自社のPR、募集のSNSシェアなど、Wantedlyをバランス良く活用し共感採用を推進している企業様に贈る賞です。

登壇者:Management Team 居軒 沙紀子 様
「Wantedlyは6年位前から使っていましたが、なかなかうまく使えていませんでした。この1年くらいはすごく力を入れて、いろんな採用施策をやることで、たくさんのご縁を作ることができました。各社さんの成功事例を見ながら真似させていただいたり、実際に入社したメンバーからヒアリングをして、使い方を研究しながらやってきました。採用チームのメンバーも増えて、みんなで一緒にいろんな失敗事例や成功事例をシェアしながらWantedlyを使えたことが、今回の賞につながったのだと思います」

→ チームラボ様に採用の秘訣を伺いました。詳細はこちら


🏆 SILVER賞:株式会社Loco Partners

採用力、広報力、スカウト力などを総合的に判断し、SILVERに相応しい輝かしい実績を残した企業様に贈る賞です。

登壇者:Loco Partners 営業本部長 徳山 耕平 様
「(10月で人事から営業に異動しましたが)組織や「ヒト」が事業成長の全てだなと思い、全社をかなり巻き込んでやってきました。こうやって成果として認めていただいて嬉しく思います。僕らは組織を育てていく中で「思い」をすごく大事にしていて、Wantedlyでそれをフィードだったりメディアとして深く発信できること、カジュアルな接点などで深いコミュニティができることが、僕らの採用とマッチして成果につながったと思っています」

→ Loco Partners様に採用の秘訣を伺いました。詳細はこちら


🏆 SILVER賞:freee株式会社

採用力、広報力、スカウト力などを総合的に判断し、SILVERに相応しい輝かしい実績を残した企業様に贈る賞です。

登壇者:freee株式会社 HR Team 高森 昂大 様、上赤祥貴 様
「採用チームとして、「思い」を伝えて、「共感」して当事者意識を持って入ってきてもらうメンバーを増やしたいと思っています。「共感」と、それを伝えるためのマーケティング・広報の重要性。それを実現していけるツールとしてWantedlyがあると思って、これからも活用していきたいです。その「思い」を伝えていくこと、候補者に寄り添っていくことを大事にしたいと思っています」

→ freee様に採用の秘訣を伺いました。詳細はこちら

<部門賞>

🏆 ENTRY賞:株式会社TABI LABO

募集に対するエントリー数が多く、候補者からの高い人気を集めた企業様に贈る賞です。

登壇者:HR Director 渡部 兼蔵 様
「「人」は経営戦略に直結すると感じています。ですが、採用や経営戦略には近道やウルトラCがない。地道にやってきた中でこの賞をいただけて率直に嬉しいです。人事はユーザーや求職者に一番近い。そこから話を聞いて会社を作っていける素晴らしい職業だと思っています」

→ TABI LABO様に採用の秘訣を伺いました。詳細はこちら


🏆 FEED賞:株式会社空

フィードを積極的に活用し、自社の採用広報に成功している企業様に贈る賞です。

登壇者:HR Manager 田島 一平 様
「会社のメンバー、文化、事業など伝えたい魅力がすごくあるので、やりやすくやらせてもらっています。これからも、人をどんどん採用していくにあたって、フィード機能を使って、会社の魅力をより多くの人たちにしっかり伝えていければと思っています」

→ 空様に採用の秘訣を伺いました。詳細はこちら


🏆 SCOUT賞:株式会社グッドパッチ

スカウトメッセージを活用し、質の高いダイレクトリクルーティングを行っている企業様に贈る賞です。

登壇者:人事部 小山 清和 様
「Wantedlyには3回気づきを与えてもらいました。1つは、採用は待つのではなく取りに行くということ。2つめは、自らが発信をして自分たちの魅力を伝えていくこと。3つめは続けることが成果につながる。これからも、4つ目の気づきをもらえるように頑張っていきます」

→ グッドパッチ様に採用の秘訣を伺いました。詳細はこちら


🏆 STAR賞:株式会社スクウェア・エニックス

Wantedlyを本格活用して1年未満で、輝くような優れた実績を残した企業様に贈る賞です。

登壇者:人事部 平山 綾 様
「待ちの採用から攻めの採用に転換して1年。
ダイレクトリクルーティングとして初めて本格的に運用に挑戦したサービスがWantedlyでした。Wantedlyの担当者様にフォロー頂きながら、社内で思考錯誤を重ねて、仕組み作りをしたことにより、今回の受賞につながったと思っています」

〜 Special Contents 〜

「2021年の採用、組織づくりのあり方を考える」

AWARDS閉会後、基調講演をしていただきましたピョートル様と、法政大学キャリアデザイン学部 田中研之輔教授、株式会社Loco Partnersの徳山耕平様に登壇いただき、「就活ルール廃止」を巡るニュースなどの長期的なトレンドから3年後の採用を考えるパネルディスカッション「2021年の採用、組織づくりのあり方を考える」を開催いたしました。

(写真左から、弊社執行役員川口、ロコパートナーズ徳山氏、法政大学田中教授、ピョートル氏)


「就活ルール廃止」を巡るニュース前後での候補者の動きの変化、それに対して企業や教育機関としてどう向き合うべきか、参考にすべき海外での取り組みなど、これからの採用や組織づくりをどう進めていくべきか、様々な視点でディスカッションが行われました。

また、Wantedly Visitのユーザーコミュニティのスピンオフ企画として実施したため、登壇者だけが発信するのではなく、参加者の方々同士のコミュニケーションを促進するコンテンツや、質問をオンライン上からできるようなツールを導入するなど、インタラクティブな設計でたくさんの「つながり」が生まれました。

レポートは以上となります。

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!!!!

今後も、「シゴトでココロオドル人」をふやしていけるよう、メンバー一同頑張ってまいります!

引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

今年も1年、ありがとうございました!

Customer Success Team's job postings
Anonymous
A6effc3a f832 4a9f 89a0 a01ba787b94e?1510618752
Eee33b90 bda7 48e3 a126 47257f8627f4?1510640239
14eb6106 5ce9 4617 8eac 754797c15564?1517408845
944065 647618825381043 4325932042553583347 n
07a42dc3 1914 4053 a04a b5ee9dca97ea?1516149281
22 Likes
Anonymous
A6effc3a f832 4a9f 89a0 a01ba787b94e?1510618752
Eee33b90 bda7 48e3 a126 47257f8627f4?1510640239
14eb6106 5ce9 4617 8eac 754797c15564?1517408845
944065 647618825381043 4325932042553583347 n
07a42dc3 1914 4053 a04a b5ee9dca97ea?1516149281
22 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon