社員インタビューVol.03|クマさんとクンちゃん ~相手をリスペクトすること ~

こんにちは。採用担当のうすくらです。
年が明けて、早くも1月下旬に入りました。厳しい寒さも続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回の社員インタビューでは、コーポレート部門から二人をご紹介します。経理財務部のクマさんとクンちゃんです。

クマさんとクンちゃん

クマさん:クマさんです。2017年の7月に入社しました。経理財務部の課長をしています。ウォームライトへの転職が初めての転職だったので、期待と不安の両方を持って入社しました。
うすくら:そうだったんですね。
クマさん:趣味は、スポーツ観戦です。主にサッカーと野球をよく観に行っています。浦和レッズの 25年来のファンです。というか、Jリーグが始まる前からのファンです!

うすくら:以前はどんなお仕事をしていましたか?
クマさん:前職は、アパレル企業の経理部に約17年間在籍していました。
うすくら:そうだったんですね!たしかに、カジュアル出社のときの私服へのこだわりすごいですよね。
クマさん:そうそう。足元はロールアップでね(笑)

クンちゃん:クンちゃんです。私は 約11年前に中国から来日しました。ウォームライトには2014年の5月の終り頃に入社をしました。約4年半ですね。ウォームライトの前は、商社での営業事務を約3年やっていました。私も初めての転職でした。


ー期待と不安の初めての転職

うすくら:クマさんは、期待と不安の両方をもってウォームライトに入社したとのことですが、どんな期待と、どんな不安がありましたか?

クマさん:期待は、ウォームライトは海外の投資家向けの不動産ビジネスということで、将来性のある面白いビジネスだなと思いました。「不動産を通じてアジア諸国の架け橋になる」というビジョンにも惹かれましたし、これから世界を相手にした面白い仕事ができるという期待が大きかったです。あとは、一生に一度経験できるかどうかというIPOの実務に携われるというところも期待が大きかったです。不安に思っていたことは、40歳を過ぎてからの初めての転職だったというところですね。

うすくら:なんか、期待の方が大きい気がしますね(笑)
クマさん:そうですね(笑)そんな期待いっぱいの中で成長していきたいと思いました。入社を決めた一番の決め手は、面接のときに社長が「これから一緒に頑張っていこう」と言ってくれたのが嬉しかったことですね。この社長について行きたいと思いました。

うすくら:クンちゃんがウォームライトに入社した決め手は何ですか?

クンちゃん:前の仕事を辞めたいなと思っていたというのもありますが、不動産業界も大きく発展しようとしていたところだったので、不動産業界への期待を持って、ウォームライトに入社しました。プロパティマネジメントの部署の立ち上げメンバーとして内定をもらったのですが、社長からいろんな仕事をやってほしいと言われ、私自身も不動産の仕事をなんでもやってみたいと思ったので入社を決めました。


うすくら:今は経理を担当していますが、経理の仕事はどうですか?

クンちゃん:ウォームライトの全部の部署を渡り歩きましたが、経理が一番向いているなと思います。

クンちゃん:専門学校でプログラミングを学んでいましたが、プログラミングは数字一つ間違えれば全部がダメになります。その感覚を思い出して、仕訳の“右”と“左”は必ず合うはずだから、まずは数字を絶対に合わせるということを意識しました。いろんな勘定科目を教わりながら、初めはボロボロでしたが慣れてきたらだんだん合ってくるようになりました。

クマさん:クンちゃんは経理のセンスもあるし、努力家だと思いますよ。

クンちゃん:経理の業務を理解していくなかで、全部の部門の業務を把握しないと、正しい仕訳が切れないことに気づきました。なので、各部署での業務の経験が今とても役立っています。


ー難しいからこそ、大変だからこそ、やりがいがある

うすくら:仕事を面白さ、やりがいを感じるときはどんな時ですか?

クマさん:IPOを目指してやっているということで難しいことも多いのですが、社内の管理体制を強化していくなかで、自分たちから社内に働きかけて粘り強く対応していき、それがだんだん社内に浸透してきていると感じると、自分のやってきたことや考えが受け入れられたと感じてやりがいを感じます。
難しいからこそ、大変だからこそやりがいがあるなと感じます。

うすくら:大変だなと思うことはどんなときですか。

クマさん:私自身IPO実務が初めてなので、未知の世界でイメージのつかない業務があります。それに取り組んでいくのが大変だなと思いますね。でも、毎日の取り組み一つで変わってくるので、 一日一日を大事にしています。


ーお互いに話を聞いて、リスペクトし合うことが大事

うすくら:以前、クマさんが仕事をするうえで相手をリスペクトすることは大事だと言っていましたね。
それが印象的でして、それに対する思いを詳しく聞きたいです。

クマさん:そうですね。相手をリスペクトする気持ちがないと、相手は心を開いてくれないし話も聞いてもらえない。話しかけてもくれないと思うんですよね。
うすくら:たしかにそうですね。

クマさん:これは、私が若い時に失敗した経験から、そう思うようになりました。かつての同僚に自分の考えを押し付けてしまうようなことがあって、それから関係が悪くなって、仕事もスムーズにいかなくなったんですよね。苦い思い出です。

クマさん:今は、若手のみんなの考え方を聞きながら、いつも学ぶことが多いなと感じていています。ウォームライトは、日本人と中国人がだいたい半々の割合で在籍していますが、考え方や文化の違いもあるけど、お互いを尊重し合っていていいなと思いますよ。


うすくら:昨年入社したメンバーが多くて、今は入社2年以内の社歴の浅いメンバーの方が多いんですよね。なので上下関係がない。前回のインタビューのちゃおさんみたいに、業界経験のあるプロフェッショナルも入ってきてくれましたし、一人一人のバックグラウンドを尊重し合うような風潮が強まっているなと感じています。

うすくら:クマさんとクンちゃんの関係はどうですか?

クンちゃん:クマさんは、経理の仕事を基本から教えてくれる。
クマさん:クンちゃんは、私が入社する前のウォームライトのことを教えてくれる。なのでバランスが取れていて良い関係だと思います。


ー経理の視点で投資家のサポートも

うすくら:そういえばクンちゃん、こないだ上海に出張に行ってましたよね。
クンちゃん:はい。現地の投資家向けに日本の税金に関するセミナーを開催してきました。

うすくら:セミナー開催のきっかけは?
クンちゃん:当社の現地法人からの依頼でもありましたが、中国の投資家は日本の不動産に投資をする際の税金に対する知識がそこまで深くないみたいなんですよね。
うすくら:そうなんですね。
クンちゃん:日本の不動産に投資をして収益を得るということは、日本の三大義務である・・・
うすくら:納税・・・
クンちゃん:そう!簡単に言うと、日本で所得を得たら、きちんと納税しましょう!という話をしてきました。

クンちゃん:投資家も、やはりリスクを負いたくないので、日本の法律をしっかりと守って、また日本の納税義務を果たして投資をすることを意識しています。また、少し前にあった中国の女優さんの税金のトラブルも影響してか、投資家の税金に関する関心が強くなったように思います。

クンちゃん:それから、日本の教育や医療、治安に魅力を感じて日本で暮らしたいという意欲も高まっていて、自分の子供を日本に住まわせるために日本の不動産を買うという投資家も増えてきているので、「単純な投資のための税金」と「日本で生活するための税金」の違いを伝えてきました。

うすくら:本当になんでもやってますね(笑)

上海でのクンちゃんのセミナーの様子


ウォームライトのおすすめポイント

うすくら:毎度恒例になってまいりましたが、ウォームライトのおすすめポイントはなんですか?
クンちゃん:うすくらさんですね~~
うすくら:(照)

クンちゃん:うすくらさんが入社するまで総務担当がいなかったので、なんでも自分たちでやらないといけなかったんですが、うすくらさんが入社してから、社内の備品の管理や書類の整理、外国人就労ビザの申請から何から、一つお願いすれば全部最後までやってくれる。なので、安心して自分の仕事ができるんです。
うすくら:いいのにそんなこと言わなくても。でもこれは嬉しいことですね。総務担当として冥利につきますね~

うすくら:クマさんはどうですか?
クマさん:私のウォームライトのおすすめポイントは、優しい人たちの集まりというところですね。フレンドリーであったかい人たちばかりです。月一の懇親会や社員旅行など、業務以外の交流の機会もあるので、みんな仲が良いと思います。私自身、入社してすぐに行った社員旅行をきっかけにみんなと仲良くなった感じがします。


おわりに

IPOに向けて、会社全体の体制整備を図るために、ここ2年の間に多くのメンバーが入社しました。ある意味、みんな“同期”のような感覚なので、上下関係がない。社歴の長いメンバーも社歴の長さを鼻にかけることなく、フラットな関係を築いています。
今年は、ウォームライトにとって大きなチャレンジの年となります。このメンバーなら、きっとうまくいく。


インタビューアー:うすくら
写真撮影:こっちゃん(ニュージーランド留学中)


不動産収益管理業務
IPOを目指す会社の経理財務部で不動産の収益管理をしませんか?
【主な事業内容】 1.国際不動産事業 2.プロパティマネジメント事業 3.不動産賃貸事業 4.不動産バリューアップ事業 2009年の創業以来、中華圏を中心としたアジア諸国に事業を展開。 世界最大3700万人の東京都市圏を中心とした、有用な不動産情報をご紹介しております。 「収益性の高い物件提供」「クオリティの高い賃貸管理」に加え、土地勘がないお客様にも不安なくご利用いただけるよう「ワンストップサービス」を提供しつづけ、多くのお客様からご好評をいただいています。 これからも「不動産を通じて日本とアジア諸国の架け橋になる」ことをミッションに、アジアの国際資本を有効に運用しながら、新たなビジネスチャンスを開拓していきます。
株式会社ウォームライト
株式会社ウォームライト's job postings
Anonymous
6fac7881 fbe2 41cc bb7a 0edf08589bad?1539577250
1 Likes
Anonymous
6fac7881 fbe2 41cc bb7a 0edf08589bad?1539577250
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon