Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

we-b(ウェブ)のウォンテッドリーページをご覧頂きありがとうございます!代表の真子(まこ)と申します。 we-bはlogとClass2つのサービスを運営しています。 ● Class ~青春時代をもう一度~ Classは同い年、同じ地域で期間限定のクラスを作りゼロから友情を育むサービスです。昨年12月にiOSアプリを提供スタートしました。KDDIムゲンラボ第4期に採択されオーディエンス賞/グッドデザイン賞を頂きました。 ● log ~感動をコレクションしよう~ logは自分の好きな映画、本、音楽などを美しく記録、共有できるサービスです。一昨年PC版をリリースし4日で1万投稿を達成しました。現在はPC版で得た知見を元にiOSアプリを開発しています。

なぜやるのか

we-bの由来は来て頂いた方にお教えします!
「あたらしいカタチをつくる」 これがwe-b(ウェブ)の理念です。 私は、サプライズが大好きです。 みなさんもご友人の誕生日等でサプライズ等されたことがあるのではないでしょうか。 喜ばせたい人の事を考え、計画を立てて準備し、涙を流すほどの感動をプレゼントする。 相手を想い、動く。 私はその過程に最も生き甲斐と感じます。 we-bのつくりたい「新しいカタチ」というのは、このサプライズのことです。 相手を思う事で生まれる今までになかった喜び、出会い、感動。これらを一つでも生む出すことがwe-bの理念です。 ●Classをやる理由 「社会人になり友達をつくる機会がない」という悩みから企画が始まりました。 いわゆる中学高校の青春時代は、毎年クラス替えがあり同い年の友達をつくることができました。それと同じ体験をアプリで実現したいというのがClassのコンセプトです。ただのグループチャットサービスではなく、リアルで遊べるような友達をつくることができる。そんなサービスを目指しています。 ●logをやる理由 「友達どうしでも意外とお互いの好きな作品を知らない」これがlogをつくろうとおもったきっかけでした。映画や本の記録サイトは既にありますが、使っていません。そこまで映画好き、本好きではないからです。私のようないろんなものに興味のある(ミーハーは人たち)でもライトに使える記録サービス目指しています。大切な感動をコレクションしたくなるデザインと整理された作品データベースに力を入れています。

どうやっているのか

エンジニア、デザイナーを中心に現在8名のメンバーがいます。 代表がエンジニアなこともあり、ものづくりが好きなメンバーが集まっています。 平均年齢23歳の若いチームです。年は若いですが、急成長ベンチャー最前線で働いていたり、中学生の頃から自分でサービスをつくっていたりとても優秀なメンバーです。 we-bには「ゼロ秒アクション」という行動規範があります。考えたり悩んだりして立ち止まる時間を極限まで減らし、圧倒的なスピードでPDCAを回せる様に心がけています。

Page top icon