1
/
5

すべてのストーリー

「あらゆる選択が今の自分をつくっている」22年間の軌跡とWealthParkとの出会い
自分の基礎をつくった「自由と責任」の家庭環境「ひとことで言うと、『自由と責任』を重んじる家庭で育ちました。」笑顔でそう語るのは、筑波大学 生命環境学群 4年生の金子拓未。おもむろに、小さい頃のお小遣いについて語り始めた。「月ごとに決まった額を渡されていた方が多いと思いますが、私が育った家庭は少し特殊でした。毎年1月1日に1年分のお小遣いを渡されて、自分で使い方を考えなさいと言われるんです。1月に使い果たしてもいいし、自分で計算をして『毎月これぐらい使えるな』と目安を決めて使ってもいい。大きく範囲を提示するから、その中で自由にやりなさいという教育方針でした。小学1年生の頃からこの制度が始ま...
メンバーと話せる