Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

内外の専門家と供にお客様の課題について分析し解決策を考え、提案していきます。
金融商品を用いてお客様の資産運用・保全を実現していきます。
私たちの仕事は主に日本の富裕層や事業オーナーの方々の資産を守り、ときには成長させ保全、運用することです。 ただ富裕層や事業オーナーの課題や悩みはそれだけではなく会社を成長させることや相続・事業承継、後継者育成、子弟の教育、会社の資本政策、社会貢献など非常に多岐に渡ります。 私たちは資産管理だけではなく、そういった富裕層や事業オーナーの多岐に渡る課題や悩みを様々な手法やソリューションを持って解決することが重要なミッションです。

なぜやるのか

スイスのプライベートバンクといえど、そこまで長期的な視点でお客様とお付き合いしていません。本当に世代を超えるほど深いリレーションを築けるのは当社のようなオーナー系のプライベートバンクだけだと考えています。
短期的な利益追求の組織ではなく、真剣にお客様の幸せや利益を考えて、働く方にもやりがいや意義を感じてもらえるようなチームを作ります。
株式会社ウェルス・パートナー代表取締役の世古口です。 私が当社を創業した理由は2つあります。 1つは、大企業の総合金融機関の中のプライベートバンクより、独立形のプライベートバンクの方がお客様により良いサービスが提供できると確信したからです。 なぜなら大企業(特に上場している場合)は多くの株主がおりプライベートバンクとはいえ金融機関の経営者はその多くの株主たちを見て経営をしており短期的利益を追求し、お客様の利益はないがしろにされがちです。 しかし私たち創業者で株主のオーナー系のプライベートバンクであれば長期的な視野を持って真剣にお客様の幸せや利益を考える本当のプライベートバンクができると考えました。 そしてもう1つの理由は、金融の世界で働く営業の方々がもっと長期的な視野で、本当にお客様のために働ける会社を作りたかったからです。 私はこれまで日系、米系、欧州系の銀行や証券会社など様々な環境で働いてきましたが、1つ共通して感じたことは、どの証券会社で働いている営業パーソンも楽しく、やりがいを持って働いている方がとても少ないうということです。 その理由は、会社が営業に短期的な会社の利益や表面的な数字のみを求め、営業はお客様の幸せや本質的な利益を考えさせてもらえないからだと思います。 私は11年間プライベートバンクで培ったバンカーとしての経験を活かし、強い信念を持って、営業パーソンの方々がお客様の本当の幸せを考えられ、長期的な視野で仕事ができる会社にしたいと考えています。

どうやっているのか

私たちはそれぞれの強みを活かしたチームで戦います。
各分野のプロフェッショナルを交えて分析し、戦略を練り、万全を持した上で初めてお客様への提案に至ります。
当社グループはウェルス・パートナーという資産保全の会社の他にウェルス・キャピタルというM&Aアドバイザリーの会社、ウェルス・ソリューションという相続・事業承継や税務ソリューション提案の会社があり、それらと複合的に連携し、富裕層や事業オーナーの方々の多岐に渡る課題や悩みを解決しております。 まだグループ合わせて10名弱の小さな会社ですが、メンバーは投資銀行経験が長いM&Aアドバザリーのプロフェッショナルであったり、プライベートバンク経験が長い方、相続・事業承継対策に長けた税理士の方、コンプライアンス経験のある方など優秀な方ばかりです。 私たちのお客様である富裕層や事業オーナーの方々は課題が多く問題解決には多くの専門家が必要で、また同様に私たちのライバルも多いです。 そういったお客様たちに選んでいただくために私たちは精鋭だけでチームを作りそれぞれの専門分野を活かして競合他社と戦っています。

Page top icon