「人は見た目が9割」を覆す。 柄シャツで圧は強いけど酒好きのいい奴がEmpathに入社しました。

Empathに風穴を開けるべく突如現れた柄シャツ好きの風雲児

あれは11月のこと。柄シャツを身に纏ったオラオラ感満載の人がEmpath社に入社しました。今までEmpath社メンバーで柄の入った服を身に纏う人はいなかったので、メンバー一同は圧倒的な存在感と類稀なオラオラ感に驚きを隠せない様子でした。Empath社内に驚きを生み出した本人の名前は中野裕介(以下、Nak)。彼はEmpathのConsulting Managerとして入社しました。何故か英語のニックネームは苗字由来のNakのユニークな特徴を3つご紹介したいと思います!

その1: 柄シャツと圧の強さで入社数週間でCEOと間違えられる

写真:渋谷某所にて、社長の風格を出すNak。

Nakが入社して数週間、一緒に打ち合わせに入った時のことです。圧倒的な存在感と堂々とした姿勢がお客様にも伝わったのでしょう。お客さんから、こんな言葉をいただきました。

「いやぁー感情解析ですかぁ、中野さんが社長をされていてこの技術を作られたんですよね?」

その貫禄は入社数週間でも滲みでており、社長の風格を出せる才能を持っていたのです。


その2: 圧が強すぎて路地裏に連れて行かれるのかと間違えられる

写真:渋谷某所のアングラ感満載な路地裏で圧の強いところを魅せるNak。


入社1ヶ月、Slackにこんなメッセージが。

完全にめしを買ってこいと言われるのかと思いました。路地裏に連れて行かれるかの如く、怖さを隠せず返信が滞ってオロオロしていると、「めし」の後にメッセージの続きが来ました。









ただお昼ご飯を買いにいくのに声をかけてくれたようです。路地裏に連れて行かれなくて一安心して一緒にお昼ご飯を買いにいき、Empath社行きつけのお弁当屋さんを紹介しました。その後他のメンバーにも声をかけどんどん親交を深めているようでなによりです。

その3: 「飲みたい」絵文字で、"共感で全ての対話を「楽」にする"を実践

すでにご存知の方も多いのですが、Empath社はCEOの下地とCSO山崎の出会いがゴールデン街から始まったこともあり、酒飲みが多い会社です。面接ではお酒が好きかどうか?を聞く質問などもあります。Nakも例に漏れず酒好きの一人です。

Nakは、Slackでよく声をかけてくれます。

どうしてでしょうか。もう前回の「めし」の件からいい奴だとわかっていて、ただ名前を呼ばれているだけなのに、やっぱり柄シャツのせいで圧が強い気がして怖いと感じてなりません。今度こそカツアゲされるのかとドキドキしていたら、Nakから不安を吹き飛ばす絵文字が返ってきました。













そうなんです、Nakはただただ飲んでみんなと仲良くなりたいだけなのです。この時から、Nakからメンバーへの震える「飲みたい」絵文字が炸裂し、渋谷の赤提灯の飲兵衛横丁に飲みに行くことがEmpath社の日課となりました。それにしてもEmpathのミッションである"共感で全ての対話を「楽」にする"を早速実践するなんて素敵ですね。

写真:就業時間後に行きつけの赤提灯の某店にてしっぽりと酒に浸るNak

まとめ: Nakとは「圧が強い」「柄シャツ」「酒好き」「かなりいい奴」

写真:学生時代40以上のアルバイトを経験したNak。この爽やかさはいずこへ。

というわけで、Nakのユニークな特徴3つをお伝えさせていただきました。Nakは引っ越し屋さん、豆腐屋さん、などなど学生時代に色んなアルバイトを経験していて人生経験が豊富です!総合的にかなりいい奴なので、Nakから仕事の流儀を聞いたり、一緒にお酒を飲んでみたりしたい方はぜひEmpath社に遊びに来てみてくださいね!

株式会社Empath's job postings
Anonymous
9cc47e10 1ca1 4e2d b111 8e3641193da0?1546711231
E288b33a 97be 4556 b29c 62ba93a3d324
2 Likes
Anonymous
9cc47e10 1ca1 4e2d b111 8e3641193da0?1546711231
E288b33a 97be 4556 b29c 62ba93a3d324
2 Likes

AI

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon