1
/
5

【社員インタビュー】マネージャー職に就いて変わった景色。メンバーをサポートしながら自分自身も成長しています

本日は、社員インタビューのご紹介です。

大学卒業後、一貫してエンジニアの道を歩んでいる髙田麻美さん。現在はエンジニアリング部の部長として部全体を統括しながら、エンジニアとして培ってきた知識や経験を活かして開発メンバーをサポートしています。

クライアントだけでなく、その先にいるWebサイトの利用者目線を大切にする髙田さんに、仕事に取り組む姿勢やヒューマンデジタルコンサルタンツ株式会社の働きやすさについてお話を伺いました。

モノづくりがしたかった

ーーまずは髙田さんのプロフィールを教えてください。

Webサイト作成のエンジニアとしてキャリアをスタート。前職でも、リーダーポジションでさまざまな経験をさせていただいたのですが、もっと自分の幅を広げたいと考え、2013年に株式会社ウェブスマイル(現在のヒューマンデジタルコンサルタンツ株式会社の前身)へ入社しました。現在はマネージャー職としてチームや案件を管理しつつ、たくさんの人と関わりながら仕事をしています。

ーーなぜ、エンジニアを目指したのですか

単純にモノ作りがしたかったんです。私が就職活動を始める頃はちょうど3DCGが流行りだした頃ということもあり、最初は映像関係に携わりたいと思っていました。でも絵のセンスがなくて、これはダメだなと。(笑)

大学で授業を受けていく中で、「プログラミングって面白いな」と思うようになったのですが、それと同時に、それだけでは物足りないようにも感じて...。いろいろと考えるうちに、自分で作ったものが形として見えるWebサイト作成のエンジニアに行きつきました。

メンバーが自ら答えを導き出せるようにサポートするのが今の役目

ーー現在までに、具体的にどのような案件に取り組んできましたか

長く携わっているのは、教育系事業会社のクライアント様の運用・保守ですね。サーバー移設のタイミングから継続してお任せいただいています。クライアント様が重視する、「ユーザーが飽きない内容」「もっと利用しやすい環境」を実現するために、「Webサイトとしてどんな補佐ができるか」ということを考えながらシステムをご提案しています。

ーー案件に取り組む際は、どんなことを心がけていますか

クライアント様のご要望を忠実に再現するだけでなく、「プラスアルファで提供できるものはないか」ということを追及していますね。Webサイトの利用者目線での使いやすさを常に意識して、「こんな機能もあると使いやすいですよね」というご提案をさせていただくことが多いです。そうすることでクライアント様からも感謝され、自分自身のやりがいにもつながっています。

ーーマネージャー職に就いてから、案件への携わり方はどう変わりましたか

最近は、個々の案件にエンジニアとして携わる機会が少なくなりました。代わりに開発面のサポートをすることが多いのですが、自分で開発をしていないので内容をすべて理解するのは難しいのが実情です。そうした中でも概要を理解し、今までの経験や知識をもとにしながら「こうやったらできる?」「これならできる?」と尋ね、「これならできるかもしれない!」とエンジニア自身が答えを導き出せるようなサポートを心がけています。

マネージャー職に就いてからは、開発面だけではなく、案件全体も見るようにもなりました。それまでは、「どうやってきれいな形で開発を終えるか」ということに注力していたのですが、今はWebデザイナーやコーダーといったフロント側の動きも見ながら、案件をどう遂行していくかということに注力しています。こうした変化によって視野も広がりましたし、自分自身の成長も実感しています。

フラットな環境で働きやすい

ーーヒューマンデジタルコンサルタンツで働いてみて、どんな点が良かったですか

私が入社したときは、立ち上げからあまり年数が経っていないベンチャー企業でしたが、その当時からベンチャーらしからぬところがあって...。ベンチャー企業の中には、経営者による独断的でトップダウンな意思決定が下されることも多いと思うのですが、HDCはどちらかというと「みんなで相談しながら進めていく」という環境でした。会社の規模のわりに役員が多かったということもあり、内容によって相談する役員が分かれていたのも良かったですね。

ーー社内の雰囲気やコミュニケーションの取りやすさについて教えてください

職場はとてもフラットな環境です。人数が増えたり、ポジションが変わったりした今も昔も変わらず、コミュニケーションはよく取れていると思います。コロナ禍で出社日数が限られるようになってからは、これまで以上に話しかけるという行為を意識的にしていますね。私自身が行き詰まっているときも気にして声をかけてくださる人が多く、ありがたい環境です。

日頃からコミュニケーションがとれているからこそ、仕事がスムーズにいっている部分もあります。例えば、フロントとエンジニアは見ているポイントが違うので、分かり合えない部分があるんです。でも、話し合いの場をもつことで、「そういう考えだったのか」とお互いを理解したり、分かり合えたりしています。

自己成長は自分次第

ーー現在はどんなことを目指していますか

エンジニアとしては、もっと自分一人で仕事を回せるようになりたいなと思っています。それと同時に、オールマイティに開発ができる開発者も目指しています。あとは...切羽詰まったときの感情のコントロールをもっと上手にできるようになりたいですね。(笑)

弊社は良くも悪くもとても自由な社風の会社。やりたいことをやらせてもらえる環境です。「こんなことがやりたい」「こうなりたい」というように、意志をもっている人には自己成長のチャンスがたくさんあります。

社内には中途入社のメンバーも多く、全く違う経歴を持った人たちもいます。全員がエンジニア出身でないというのも、面白さの1つですね。自分からコミュニケーションを取ってさまざまなことを吸収できれば、より弊社で輝ける存在になるのでは、と思っています。


ヒューマンデジタルコンサルタンツ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング