就職フェアにてイベント”わくわく対話会”を開催しました(協力:保育と未来をよくする会)

【”保育と未来をよくする会”とは】

「保育に限らず日本の未来をよくするためには子どもの未来をよくする必要がある」を信念に、保育現場で活用できる業務改善キットの作成や保育に関する対話会や研修会などのイベントを実施している団体です。

【”わくわく対話会”とは】

研修というとどうしても硬い印象になってしまいます。また、保育現場の問題について話し合おうとするとどうしても深刻な話になってしまう傾向があります。”わくわく対話会”では、保育の中での気付き、楽しかったこと、ワクワクした瞬間のイラストを紙に書いて共有していきます。対話会の中では、今まで自分の中になかった新しい価値観との遭遇があります。そうした新しい気づきを自己の生活の中に取り入れ、保育の質の向上に努めていこうとする取り組みです。


【当日の様子をレポートします!】

参加者が揃ったところで、胸に名札を貼り自己紹介をします。自己紹介の中では、名前、保育士歴、担当の年齢クラスなどを話している方がいらっしゃいました。初対面の人を含めた対話会ということもあり、序盤では表情が固く、緊張されている参加者の方もいました。次に用意されている紙とペン、クレヨンを使ってイラスト作成していきます。




参加者全員がイラストを書き終えると、いよいよ”わくわく対話会”のスタートです。順番に”わくわくしたエピソード”の話し手になり、書いたイラストがどんな場面なのかストーリーを話していきます。聞く側の方は、エピソードに聞き入り共感やコメントをします。


最初は緊張して表情が固かった参加者もだんだん表情が緩み、自分の話をしていくようになり、最後には笑顔あふれる対話会となっていきました。


【参加された方の感想は・・・?】

<イベント後に感想をお伺いしました!>

「園を越えた横のつながりが今後も大切だと思えました」

「対話を通じていろんな保育の仕方や考え方が広がるのが実感できました」

「園によって違うことが多いので、こういう場で話せることで考え方や環境を知ることができるのは大切だとおもいました」

「みなさんいきいきとしていて、話のすべて今後の自分に活かしたいと思える時間でした」


対話に参加された方の9割以上方が次回もまた参加したい、中には、もっとじっくり話を聞きたかったという声も上がっており、高い満足度が得られました!

株式会社ウェルクスは団体の協力を得ながら、現場と現場をつなぐ活動を今後も開催していきます。

株式会社ウェルクス's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings