車では解決できないことがWHILLでは解決できる。ラスト1マイルにイノベーションを起こしたい。

WHILLに入る前までを教えてください。

大学では工学部機械系で半導体の研究をし、大学院を経てトヨタ自動車に就職しました。トヨタに入社をした理由は2つあり、1つは、元から乗り物が大好きで、世界で最も車を販売している会社で世界中にインパクトのある仕事をしたいと考えたこと、もう1つは、多くの社会人の先輩からトヨタ社員のマインドの高さや働くスタイルの合理性がとても素晴らしいと聞いたことです。

トヨタでは、エンジニアとして入社し、プリウスの燃費改善に関わるモーター駆動用の半導体の開発をしていました。6年間の勤務では、先輩や周囲の方に熱心に指導して頂き、多くの良い経験を通じて沢山の学びがありました。なかでもトヨタ生産方式やトヨタの問題解決手法は有名ですが、合理的に物事を捉えて解決し、仕組み化すること、そしてひとつひとつの改善の積み上げを大事にしていくことが、全社で徹底されていました。会社の思想としても、社会や従業員にとってよいことは何かを本気で追求し、実現しているのを感じましたね。

そんな中でどのようにWHILLと出会いましたか?

新人研修の時の仲間に、WHILL創業メンバーの大学の同期がいました。そこで少し話を聞いており、興味を持ったのを覚えています。そしてその後、トヨタの同期と立ち上げた勉強会で、当時東京モータショーに出展したWHILL創業メンバー杉江の話を聞く機会がありました。その2年後には社内活動で世界中のマネージメントのベンチマークのためにベンチャー企業の経営者に取材をするプロジェクトに参加し、既に起業していたWHILLの同じく創業メンバー内藤にインタビューする機会がありました。

そしてその時、ちょうどこれからWHILL製品を量産するとのことで、人手が足りないから手伝って欲しいと頼まれ、週末だけ手伝うようになったのです。話をよくよく聞いていくと、人手が足りない部分は量産以外にもたくさんあって、特に共同研究や共同開発、社外のサプライヤとコンタクトする窓口がなく、エンジニアリングが理解できつつ柔軟に対応する人にも来て欲しいとのことでした。エンジニアリングに拘らず様々な方法で物事をとにかく前に進めていくのが自分の強みだと思っていたのもあり、半導体の専門性は生かせないものの自分でも貢献できることがあると考え、トヨタを辞める決断をしてWHILLにジョインをすることにしました。

WHILLに寄せる思いとは。

自分の中で、「移動」は追求していきたいキーワードの一つです。特に“ラスト1マイル”の部分ですね。

昔、私の祖父が腰を悪くして、まだ動けなくはないけど、だんだんネガティブな気持ちになっていくのを目の当たりにしたのです。そんな祖父がある時、死ぬまでにもう一度伊勢神宮に参拝したいと言ったので、トヨタの車を借りて、祖父と家族みんなで伊勢まで向かったんですよね。道中は何も問題ないのですが、困難は伊勢神宮の駐車場に着いたあとなんです。

数百メートルなら祖父も杖をついて歩くことができますが、神宮内は随分と歩かなくてはならず、結局車いすを借りました。石畳や砂利道続きで車いすは安定しないし、段差だらけだし、人も多く、車いすを押している方も正直楽ではない。祖父もきっと他にも伊勢神宮内で行きたいところもあったと思うんですが、何も言わなくなっちゃったんですよね。

結局思ったんです、自動車は完成されたとても素晴らしい乗り物ではある。でも自動車にできることは駐車場から駐車場への移動だけで、本当の目的地までの課題解決ではないと。この最後の目的地までの部分を“ラスト1マイル”と呼ぶのですが、そこにはまだサービスが提供できていないんです。でも、WHILLならこのラスト1マイルを埋められるかもしれない。自分のやりたいことが実現出来るかもしれない。そう思ったのも入社の動機として大きいですね。

原体験となった伊勢神宮にて家族と(一部保護加工しています)

今WHILLでやっていることとは

実際のところ、共同研究に関する仕事だけではなく、他にも量産に向けた調達や品質保証の仕事をしています。モーター、バッテリー、コントローラーなどを担当しています。簡単に言うとWHILLの走る・曲がる・止まるという部分を担当していて、これは製品の最も重要で基本的な機能のため責任重大です。

これらの調達元はほぼ海外で日本人の考える品質や商習慣は通じない中で日々想像を超えることが起きますし、ベンチャー企業の調達は非常に難しいところがあります。ただWHILL製品の要としてのやりがいを感じています。製造業の基本を踏襲しながらも、ベンチャー企業らしい独自の手法を創り出していくことに日々喜びを感じています。

今後の展望をお聞かせください!

ラスト1マイルの課題を解決していきたいです。その道は愚直にやり抜いていくことに尽きます。実際に使用される方々のニーズに応えて、より安くより良い製品を出すことで、お客様の信頼を得ていきたいです。

中でも個人的には基本要素である走る曲がる止まるの部分をよりユーザーに心地よく使ってもらえるように追求していきたいですね。真摯にニーズを捉えていく中で、ベンチャー企業だからこそできる独創的なアイデアで製品のハードやソフト、物流やサービスにおける新たな取り組みを行っていきたいです。

佐藤と一緒に働くエレキエンジニアの募集はこちら! 20億調達!自ら設計した基板でモビリティを動かそう!エレキエンジニア募集!

WHILL Inc's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Picture?1523154687
9b231bfe 02ee 4a9b b2a7 35f3d2adfec7?1526300243
29133722 1584404418312967 8841796761342181376 n
90acad55 069c 4123 bba9 302e5474904d
10 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Picture?1523154687
9b231bfe 02ee 4a9b b2a7 35f3d2adfec7?1526300243
29133722 1584404418312967 8841796761342181376 n
90acad55 069c 4123 bba9 302e5474904d
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon