1
/
5

【社員インタビューvol.2】子育て経験・豊富な学習指導経験を活かして、アフタースクールのマネージャーへ!

~本日の社員インタビュー~  

エリアサブマネージャー 飯田 由布子さん


Q1.ウィズダムアカデミー入社前のキャリアを教えてください!

飯田:大学卒業後、営業事務をしていましたが、結婚を機に退職しました。その後、もともとお子様が大好きで取得していた中学高校の国語科の教員免許を活かせる仕事に携わりたいと思い、主に学校で使用する資料集や問題集を出版する会社の国語科編集部にて勤めました。

所:国語の教員免許お持ちだったんですね。いつもメールの文章が素敵だと思っていました!

飯田:文章校正はお任せください!(笑)編集部の方は出産を機に退職してしまい、暫く家庭で育児に専念していたのですが、やはりお子様と関わる仕事をしたいという思いが募りまして、親戚の家屋を借りて塾の教室を開室しました。それから10年間、幼稚園年少さんから中学3年生まで300名程のお子様たちに勉強を教えていましたが、教室として借りていた家屋が処分されることになり、閉室しました。

所:10年も!本当にたくさんのお子様をご指導されていたのですね。


Q2. ウィズダムアカデミーに入社しようと思った決め手は何ですか?

飯田:お子様と関わる仕事を続けたい、との思いは変わらなかったので、進学塾講師や、他の民間学童スタッフに応募し、内定も複数頂いていました。その中で、ウィズダムアカデミーへの入社を決めた理由は幾つかあります。土日の営業はなくしっかり休めること、勤務地は希望を考慮してくれることなども挙げられますが、教室見学の際のスタッフの印象が良かったこと、またそこで過ごすお子さんたちが生き生きしていたこと、好奇心旺盛で行動力のある社長に魅力を感じ、ここで仕事をしたら楽しいだろうな、と思ったことなどが主な理由として挙げられます。

所:そう言って頂けて嬉しいです!そうですね、お子様にかかわるお仕事ですと保育園など土日も出勤がありますが、ウィズダムは常時の土日出勤がないという点を魅力に感じて応募頂く方も多いですね。


Q3.実際入社した当初、やりがいに感じられたこと、逆に大変だったことを教えてください。

飯田:お預かりするお子様と共に過ごす中で、その成長を肌で感じることができる瞬間はとても嬉しいものです。甘えん坊だった2年生が、自ら積極的に1年生のお世話をしている姿を見かけた時、迷路が苦手でいつも途中で投げ出してしまっていたのに、根気よく取り組んで、ゴールできたよ、と嬉しそうに話してくれた時など、本当に愛おしいです。また、保護者様から、「学校ではできなかったことにアフタースクールで取り組んだ結果できるようになり積極的になった」、「家でもアフタースクールに通うのが楽しいと話している」、とのご意見を頂くこともやりがいに感じられます。

所:お子様の成長をすぐそばで感じられるのは、何よりのやりがいですよね。入社して大変だったことはありますか?

飯田:受講している習いごとが嫌だというお子様に対して、お子様の意見を尊重しながら、「上手にできることが目的ではなく、楽しみながらやり抜くことが大切なんだよ」、とお話ししたのですが、結果的に辞めてしまわれたことがありました。正解がない子育ての難しさを改めて実感しましたが、自らの視野を広げる良い経験となりました。


Q4.現在はどのようなお仕事をされてらっしゃいますか?

飯田:現在はエリアサブマネージャーとして3校を担当しています。そのうち1校は新規に開校する校舎でしたので、順調にスタートできるよう、市場調査や環境整備の準備から取り組みました。他2校には定期的に現場に入り相談しやすい雰囲気を作る中で、日常業務や営業上のアドバイスをしたり、様々な情報を共有し、両校舎のスタッフが共通の課題に協力して取り組めるよう橋渡しの役割を担ったりしています。

所:校舎責任者の経験もあるからこそ、校舎の皆さんはいつも飯田さんのアドバイスを頼りにしていますよね!


Q5.ウィズダムアカデミーならではのいいところ、おすすめポイントを教えてください

飯田:どの校舎も駅から近く、こだわりのインテリアで環境も整っているのはいいですね。

所:働く環境は大事ですよね!私も温かみのあるインテリアが気に入っています。応募者の方も面接の際に喜んでくださる方が多いです。

飯田:あとは風通しの良い職場ですので、日頃の業務の中で得たアイデアや課題に対する施策など、しっかりまとめて提案すれば採用されやすく、一人一人が活躍できる点もおすすめです!

所:本当に当社は年齢関係なく皆様意見やアイディアを活発に交換していますよね。私もフラットな組織でのびのび働けていると感じます。

~↑ウィズダムアカデミー王子校の様子~

Q6.どんな方と一緒に働きたいですか?

飯田:愛情を持ってお子様と接することができる人、ということは勿論ですが、一人でお子様をお預かりするのではありません。社員、アルバイトの隔てなくチームの一員として協力し合える人が求められます。また、与えられた仕事をただ熟すだけでは務まりません。お子様との触れ合い、保護者との関わりの中で自ら成長したい、効率よく事務に取り組むためのスキルを身に着けたい、といった向上心のある方と一緒にお仕事ができればと思います。

所:お子様をお預かりする上で、チームワークは本当に大切ですよね!!向上心のある方、大歓迎ですね。

7. 応募される方に一言お願いします!

飯田:ウィズダムアカデミーでのお仕事は、未来を担うお子様たちの成長を支え、子育てに忙しい毎日を過ごされている保護者様のお手伝いができる、社会貢献度の高い素晴らしいお仕事です。女性の社会での活躍が推進される中、お子様を安心して預けられる、質の高いサービスを提供する施設の需要はますます高まっています。また、ウィズダムアカデミーは、お子様が大好きな若いスタッフから私のような子育て経験のある年代のスタッフと、個性豊かなメンバーが揃うチームの中で、自由闊達に意見を出し合い共に成長していける場です。子育て経験を生かして社会に貢献したい、活躍したいという方、ぜひご応募ください!

所:飯田さん、本日はありがとうございました!!

~編集後記~

飯田さんご担当の店舗では、お子様が本当に楽しそうにスタッフと接していたり、宿題を一生懸命取り組んでいる姿をよく見かけます。お子様への学習指導経験を活かして、校舎づくりをされているのだと感じます。

ちなみにウィズダムでは、他にも子育てが一段落して本格的に仕事復帰をされて活躍頂いているお母さん社員が多いです。ブランクがあっても大丈夫。チャレンジ精神をお持ちの方、お子様と関わるお仕事をお探しの方、是非ご応募お待ちしております!!

株式会社ウィズダムアカデミー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings