1
/
5

婚活・恋活マッチングサービス『with』エンジニア座談会(前編)

今回はwithチームのエンジニア陣に
withにジョインすることになったきっかけや、withチームでの働き方など色々なお話を聞いてみました。

Androidエンジニアの田村さん、サーバーサイドエンジニアの石田さん・平野さんよろしくお願いします!

■入社したきっかけは?

石田:前職ではソーシャルゲームの開発を担当していたのですが、今の環境ではスキルアップが見込こめないなと感じていました。ちょうどその時携わっていた新規プロジェクトがクローズになったタイミングで転職を決意しましたね。人材も流出し始めていたので、乗るしかない このビッグウェーブに!という感じでイグニス(※現在は、withはイグニス社より独立)に入社しました。


平野:前職ではフロントエンドのエンジニアとして働いていました。
Railsに出会ったことをきっかけに、サーバサイドをガリガリ書けるようになりたい!と憧れを持つようになり、独学で勉強を始めたのですが、その当時いた会社ではなかなかサーバー開発の機会がなかったため転職を決意しました。
転職は、Rubyのサーバサイドに強い方が多いと聞いたことが決め手になりました。

田村:先にチームにジョインしていたAndroidエンジニアの方と知り合いで、withを紹介してもらいました。
前職では3年間アプリのエンジニアをしていたのですが、受託がメインだったこともあり、サービスのグロースにあんまり携われなかったんですよね。
自社サービスが強い会社に入社して、しっかりグロースを経験したいと思いwithへの入社を決意しました。


■withで働いていて面白いところや、やりがいを感じるところは?

石田:サービス自体がすごく面白いですね。
人と人が関わるコミュニケーションのサービスを初めて担当するので、知れば知るほど深くなる部分が面白い。良い意味でゴールが見えない感じがします。
ずっと課題があってそれを解決し続けるところにやりがいを感じています。
前職はゲームだったので数年やると終わりが見えてくる部分があったんですが、withはそういうことがあまりないなと思っています。自分は飽き性なんですが、withは担当していても全然飽きないですね。

平野:withでは企画職やデザイナーから出てきた企画や設計に対して、トップダウンで進めることはないんです。エンジニアとして技術的にできること、できないことを踏まえた、より良い提案やユーザーの使いやすさを考えた提案などを受け入れてくれる環境があります。
チームの人たちも熱意がある人が多いのでみんなで一緒になってユーザーにどうしたら響くかな?ということを考えながら、カタチにしていけることにやりがいを感じます!

田村:前職の時からずっと大きい規模のサービスに携わりたいなあと思っていました。
withは今まで担当したサービスの中で一番大きいんですよね。
大きなサービスをバグなく安定的にリリースし続けるというのはすごくやりがいを感じています。
あとはwithチームは情報をキャッチアップして新しい技術を試しやすい環境だと思っていて、色々なことに挑戦できることもすごくやりがいに繋がっていると思います。


■仕事とプライベートの両立はどんなかんじ?

石田:僕は仕事とプライベートの垣根が少ないほうかもしれません。
結婚していて子供もいるので、仕事・家庭・プライベートの時間があると思うんですが、プライベートな時間がほしい=仕事で解消されている部分があるんですよね。家庭を出て仕事をやってる時間がストレス発散になっています。
家にいる時は基本的にずっと子供たちと遊んでますよ。
あ、好感度あげようとしているわけじゃないです。笑

田村:僕も石田さんと一緒で仕事とプライベートの垣根があまりないほうですね。
プログラムを書くことがすごく好きなので、仕事でストレスを感じることが少ないですし、プライベートな時間でもプログラム書いている事が多いです。
趣味でアプリを作ったりもしています。
基本はインドアなので家の中で完結することが多いのですが、気が向いた時はジョギングをしに行く事もあります。みんなでやるスポーツではないので、走りたい時にふらっと1人で行けるのが魅力ですね。
こう考えるとプライベートな時間はしっかり確保できているのかなと思います。

プライベートなお話が聞けたところで、インタビュー前半戦はいったん終了です!

後半戦ではwithの魅力やwithをさらに成長させるためにどんな人を求めているか?
などを赤裸々に語ってもらいます!
お楽しみに♪

後半戦はこちらから!⇒⇒婚活・恋活マッチングサービス『with』エンジニア座談会(後編)

株式会社withでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
今週のランキング
株式会社withからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?