Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

東南アジアと日本の架け橋になるような事業を立ち上げます!

WM & Creators, Inc.に入る前

大学時代に内閣府が主催の「東南アジア青年の船」に参加し、世界、特に東南アジアでの仕事を将来していきたいという想いを持つようになりました。

大学卒業後、日本のベンチャー企業に入社し、某ネット生保のPMO、プロジェクトマネージャーとして、常駐で数年従事しました。 入社2年目の時に、海外研修に参加することになり、ニューヨークへ渡り、1年間Web制作会社で働くことになりました。

ニューヨーク滞在中に現COOのナビさんと出会いました。ニューヨークからの帰国後、ナビさんからWM & Creators, Inc.のお話をいただき、すぐに代表を紹介してもらい、その場で入社を決断しました。

お話しをいただいてから1年後の2015年4月に正式にWM & Creators, Inc.に入社しました。

現在

私は、プロジェクトマネージャーとしてWM & Creators, Inc.に参画しました。入社後すぐに既存のお客様と打ち合わせや、運用作業、新規営業の作戦会議、プロジェクト管理などの業務に従事しています。 今の仕事は、プロジェクトのマネジメント、営業活動やコンサルティング業務、総務的な役割、オウンドメディアの編集や記事の執筆など多岐に渡っています。 今、自分のことを一言で表すと社内の便利屋さんではないでしょうか? この立場は、時には大変なこともありますが、現在動いているプロジェクトや関わる人の人数も多いので、ベンチャー企業であるWMのやりがいでもあります。

WM & Creators, Inc.について

WMの特筆すべき特徴として、完全自由裁量制リモートワークを採用している点になります。 メリットデメリットはあるかと思いますが、この働き方は自分自身が最高のパフォーマンスを出せる場所で、好きな時間帯に好きな仕事ができるようにするという会社の理念にマッチした会社の制度なのではないかと思います。 ちょっと細かい点ですが、この制度があることで朝の通勤ラッシュに合わず、精神的に余裕が生まれたと思います。 また、全員がグローバルな視点を持っているというのもインパクトが大きいカルチャーだと思います。 入社して1ヶ月以内に東南アジア視察行きが決定し、2ヶ月後には東南アジアの地に降り立っているような会社です。海外という垣根を簡単に越えられるのは面白くもあり、また今後の発展の武器になると思います。 東南アジアエピソードはFacebook(https://www.facebook.com/wm.creators)または、コーポレートブログ(https://wm-creators.com/blog/)で見ることができます!

今後どういうことをしていきたいか

日本、海外という概念を超えた形で仕事をしていきたいと考えています。 例えば、東京のお客さんに会う感覚でバンコクのお客さんに会いに行ったり、オフィスに行く感覚でアメリカのコワーキングスペースに行ったり。 もちろん100%同じ感覚になるのは難しいとは思いますが、どこでも仕事ができるという感覚を常に持って日本だけでなく海外をフィールドにして仕事をしたいと考えています。 将来は縁あって知り合った方とのコラボ企画や自分たちが思いもかけないことをやっているかもしれません。 今もこれからも常に新しいことや面白いと思えることをやっていきたいです。

WM & Creators, Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Picture?height=40&width=40
3 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Picture?height=40&width=40
3 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon