高専からシードベンチャーへ、私が開発チームのリードエンジニアになった理由

初めまして。だいだいこと小田大輔と申します。本日は私が今まで何をしていたか、そしてなぜワンダーナッツに入り、そこで何をしているのか赤裸々に語りたいと思います。

高専生兼フリーランスエンジニア

プログラミングは高専1年生から本格的に始めました。きっかけはFacebookの創業物語ドキュメントの映画「ソーシャルネットワーク」を見て何となく「プログラマってかっこいいな」と思い、その後入門書を買い独学で始めました。その後プログラミングを初めて半年経ったあたりでフリーランスとして活動し始めて、最初はランディングページ制作、WordPressテーマ構築などの簡単な案件から入り、徐々にチャットシステムの構築やアプリ&API&管理画面の構築など、複雑な案件をなんとかこなせるようにはなっていきました。在学中は高専生の傍フリーランスエンジニアとしてベンチャー数社の受託開発を行なっていました。

事業成長可能性と社長の人柄が一番の決め手

高専時代に受託開発を請負っていた何社かのうちの1社がワンダーナッツでした。その中でなぜワンダーナッツへのJOINを決めたかというと、早い話が社長や社員の方々と話していて意気投合したからです。ただもっと詳しく話すと、入社の決め手は4つあります。1つ目が社長の人柄が好きだったからです。朗らかで良い人である一方、プロダクトについて誰よりも考えているし、今展開しているサービスの分野のマーケットについても調査を欠かさず、この人と一緒に働いてみたいなと。2つ目が社内の文化にフィットしたことです。肩書きや年齢に関係なく誰にでも発言権があり自由に意見を述べ会社を変えることが出来ることです。3つ目がプロダクトの伸び代がある分野だと感じたからです。フィットネスや健康は今日本でも注目を浴びていてその中でさらに、なぜワンダーナッツがサブスクリプションというビジネスモデルを採用しているのかという点もかなり共感しました。最後の理由なんですが、私はもともと高専の3学年を修了したら慶應大学SFCに進学しようと思っていました。しかし、いきなりお金の話になりますが大学に入学して卒業するまでの学費を考えてみたら生活費別で数百万円かかるわけです。学歴はもちろん大事なものでもあるんですが、私は学費でかかるお金を生活費に回してスタートアップで働きながら自分のやりたいことを突き詰めていくのも良いなあと思っていて。ということで、上記4点の理由でワンダーナッツ入社を決めました。

「誰が言ったか」ではなく「何を言ったか」

私の場合エンジニアなのでエンジニア視点でお話しいたしますと、まだ若干開発体制が整っていない状況ではありますが、エンジニア全員が開発環境を良くしようとする文化があるところが弊社の良いところです。年齢、肩書き関係なく何かあった場合は誰でも意見を投げられる雰囲気があり、「誰が言ったか」ではなく「何を言ったか」が重視される会社です。もっと抽象的に言うと、発言を役職・年齢関係なく受け止めてくれる雰囲気があるので心理的安全性が高く、誰でも発言しやすい会社だと思います。またプロダクトをよりよくするためにエンジニア全体で力を合わせて協力し合ってるところが良いところだと感じています。

開発体制については2週間のスクラムを組んで開発を回していて、問題の改善や新規機能の実装を行なっています。また、積極的に新しい技術を取り入れようという文化があり、BigQuery、Docker、Rx、AWS、GCPなどモダンな技術を使って効率良く品質の高いプロダクトを創り上げていく意識で開発チームで動いております。さらにテストコードはしっかり書くことを心がけていてコードの品質を高くする努力みたいなことはしています。

また弊社ではReact,Golangなどの言語を採用していて技術顧問ではGoのコントリビュータの方に日々技術的なアドバイスを頂きながら取り組んでいます。



LEAN BODYを日本一のフィットネスサービスに

現在はプロダクトのフロントからサーバーサイドさらにインフラまで広く担当をしております。開発チームの統括を行いつつ、プロダクトがどうやったらもっと成長できるかを日々考え、チーム一丸で効率よく開発に落とし込んでいくやり方を試行錯誤しています。

最終的には日本一のフィットネスサービスにしていきたいと考えております。そのために日々どうしたら達成できるのかを数ヶ月スパンでマイルストーンを敷いており、さらにそのマイルストーンを逆算してどうしたらマイルストーンを達成できるのかということを考えスプリントの見積もりなどをかなり慎重に行なっております。


どんな人と一緒に働きたいか

まずシンプルにプログラミングが好きな人と働きたいですね。趣味でアプリを作っていたり、OSSにコントリビュートしていたり。その上で会社のビジョンに共感してくれて一緒にプロダクトを成長させていきたいと考えている人だと最高です!


株式会社ワンダーナッツでは一緒に働く仲間を募集しています。

フロントエンド・サーバサイドエンジニア。

必須
・WEB開発経験(実務・個人の趣味開発問わず)
・ReactもしくはGoでの開発経験(実務・個人の趣味開発問わず)
・linux, github, dockerなどの基本的な知識

歓迎
・AWSやGCPを用いたインフラの構築経験
・ReactもしくはGoでE2Eテストや単体・結合テストが書ける
・実装スケジュールや、メンテナンス・機能追加の事も考えながら臨機応変に実装できる


フィットネスが好きな女性デザイナー

技術に敏感なエンジニア

ジョブチェンジ大歓迎、女性広報

プロダクトマネージャー兼デザイナー鞍立インタビュー

株式会社ワンダーナッツ's job postings
Anonymous
D0df383f ec45 474c b9cf 120fdf627e69?1546960757
1c979612 422f 4876 b6e6 1bc82ab45411?1534817316
81506892 1cd4 4ee4 9ec6 867a4859b7e6?1521383125
3 Likes
Anonymous
D0df383f ec45 474c b9cf 120fdf627e69?1546960757
1c979612 422f 4876 b6e6 1bc82ab45411?1534817316
81506892 1cd4 4ee4 9ec6 867a4859b7e6?1521383125
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon