【2018年新入社員インタビュー01】僕が学校でプログラミングからゲーム作りを学びながらもプランナーになった理由

ご無沙汰しております、採用担当の西田です。

就職活動も中盤になってきましたが、まだまだ自分のやりたいことが明確になっていない方も説明会でお会いしたりしていると、まだいらっしゃると感じています。今回はそんな方々に参考になればと、弊社の新入社員にインタビューをしたので、どんな考え方・人柄なのかを通じて今後の就職活動のヒントにしていただければ幸いです!


ゲームプランナー Yくん

ーー学生時代に打ち込んできたことは何ですか?

ゲームクリエイターになることを目標にしていたのですが、専門学校時代はゲームを作る上でプログラミングの知識が必要だと思い、学校ではプログラマー専攻の授業を受けていました。プランナーになるための勉強は独学でレベルデザインを勉強したり、Appストアランキングにランクインしているゲームをプレイしてみたりして、プランニングについての勉強をしていました。

ーーゲームを作ろうと思ったきっかけはあるのですか?

小さい頃からゲームが大好きだったのですが、子供世代に向けて当時はまだ世の中にはゲームというだけで否定的な印象を持つ人も少なからずいることが残念と思い、自分がゲームを作って世の中にもっとゲームの良さを伝えたいと思いました。ゲームを作る仕事の中でもレベルデザインをやろうと思ったのは、自分が関わるとしたら一番得意だと思ったからです。僕はパズルや戦略ゲームが得意で、数時間プレイすれば攻略できたり、キャラクターを見るだけで強さが分かるという感覚が昔からありました。

ーー現在は実際にレベルデザインのお仕事をしていますが、どうですか?

楽しいですね!自分のやりたいと思っていたことをやらせていただいているので、毎日楽しく楽しく仕事させてもらってます!クエストのレベルデザインを任せていただいているのですが、このキャラを活躍させたいとか、ユーザーさんにこういう所を面白くして楽しんでもらいたいから、こういうユニットの性能にして欲しいとか…結構意見も言って、それが通ったりもしています。

ーーそれは良かったですね!一緒に働いているメンバーに対する印象は?

面白い人が多いですね。他のプロジェクトの方にも羨ましいって言われました(笑)

ーー羨ましいって言われたの?(笑)

レベルデザイン班が楽しそうに話しているってよく言われます。あと笑い声が聞こえてくるね~って。先輩方が、仕事をしながらちょこちょこネタを挟んでくるんです(笑)1個上の先輩もそのネタにノッたりして、僕はそれを横で見て笑ってます(笑)

ーープロデューサーにビシバシ指導してもらってるのを見かけますけど、自分の成長を感じたエピソードはありますか?

新卒のメンターとしてもですが、プロジェクトが同じなので自身のトレーナーとしてランチによく連れて行っていただいているのですが、その時間でも僕の企画について逐一フィードバックしていただいています。ただダメ出しされるのではなく「どう考えたらもっとよくなるか」、「なぜこういう考えをしてみなかったのか」など新しい考え方・視点を教えていただいています。目的とゴールをはっきりさせて企画をするということを1から叩き込んでいただいているので、短期間ではありますけど、そこが一番成長している部分だと思います。

ーーうへぇ、私も耳が痛いです…(笑)同期はどんな印象ですか?

協調性が高い方が多いと思います。話をしていて気持ちが良いくらい聞き上手です。あと、みんなそれぞれ得意分野があって面白いですね。

ーーみんなこだわりがあるとバラバラになりそうですが、まとまるんですか?

自分とは違う意見を受け入れながら改善をしようという能力が高いから、それぞれを認め合っているので良いチームだと思います。月に1回はゲーム会をしていて、だいたい全員参加です。あ、あと今度の日曜日にはみんなで動物園行きます(笑)

ーー最初に聞きそびれていましたが、ワンプラに入社を決めた理由を教えてください(笑)

ミッションの『楽しいね!を、世界中の日常へ。』が自分がゲームを作ろうと思った原点につながるものがあったということと、クラッシュフィーバーにレベルデザインが必要だと感じて、自分のポジションが見えたことが理由です。

ーーどんな人がワンプラに合うなって思いますか?

チームワークで仕事をするので、自分勝手なことをしない人。あとは「こういう考え方もあるんだ」と素直に受け止められる人。そして自分の意見を言える人です。

ーー説明会で話している通りの求める人物像!流石です。最後に、就活生へメッセージをお願いします。

もしゲーム業界を目指していて狭き門として諦めている人が既にいるとすれば、「諦めるのは早い」と伝えたいです。特に専門学校の場合、せっかくゲームが作りたくて学校に入ってきたのに諦める人達を見てきて心が痛みました。夢を追って頑張ってきたのですぐに諦めるなよ、と言いたいです。

*編集後記*

彼と初めて話した時に、若いのにこんなにしっかりと目的意識を持って行動してきている人がいるのか!と驚き焦りを感じたことを覚えています。そんな彼が目的とゴールって指導されているので、さらに焦っていますが…。就活生のみなさんは将来自分はどうありたいのかという目的に向けて就職活動を走りきってくださいね!

2019年卒、好きなことをとことんやり抜きたい方まだまだ募集中です!

19新卒/モバイルゲーム開発
2019年新卒、名古屋ゲーム業界を盛り上げたいメンバーWANTED!
私たちワンダープラネットは「楽しいね!を、世界中の日常へ。」をミッションに掲げ、国内・海外向けにモバイルゲーム、アプリを提供しています。   2015年にリリースした「クラッシュフィーバー」は全世界1,000万ダウンロードを突破、2016年9月には台湾と香港のApp Storeのセールスランキングにおいてそれぞれ第1位獲得!※ そして今後も世界各地域に自社パブリッシングにて随時配信を開始していく予定です! 2018年には『週刊少年ジャンプ』の創刊50周年を記念した友情・努力・勝利!体感プチプチRPG「ジャンプチ ヒーローズ」をリリース。 名古屋と東京から世界へ向けて挑戦していきます! ※ http://wonderpla.net/info/20160920/
ワンダープラネット株式会社
ワンダープラネット株式会社's job postings
Anonymous
Db9b3467 8c23 4066 9006 20ee59003a76?1557766519
Picture?height=40&width=40
Picture?1522980973
Fe8dd354 7dca 481e bc64 be1ca7c5943e?1559187213
Picture?height=40&width=40
13 Likes
Anonymous
Db9b3467 8c23 4066 9006 20ee59003a76?1557766519
Picture?height=40&width=40
Picture?1522980973
Fe8dd354 7dca 481e bc64 be1ca7c5943e?1559187213
Picture?height=40&width=40
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon