ワンプラのDEVELOPER BLOGを採用担当が本気で読んでレビューする 〜 ゲームプランナーになるには、どんな能力が必要なの? 〜

お初にお目にかかります。ワンダープラネット採用担当の西田です。

初めての記事がまさか恐れ多くもDEVELOPER BLOGのレビューになるとは…

私なりにリスペクトを込めつつ精一杯レビューさせていただきたいと思います。


今回はゲームプランナーになるための必要な能力について。

ゲームプランナーになるには、どんな能力が必要なの? - WonderPlanet DEVELOPER BLOG
ゲームプランナー&レベルデザイン担当の程塚と申します。 ゲームプランナーについて、つらつら書きたいと思います。 面白いアイディアが思い付いて、且つ、 それを 具体的にゲームに落とし込む実現力 がある人。 それがゲームプランナーです。 ① 情熱・やる気・根気→ ゲームに対する自分なりの考えがある→ 言われた事だけやるのではなく、 自発的に学ぼう とする→ 嫌なことがあっても逃げない→ 好きだけでは続けられない、 好き以上の気持ち が必要 ② 感性・センス・発案力→ 何かを真似るだけに留めず、アレンジしたり、
http://developer.wonderpla.net/entry/blog/planner/what_need_for_planners/

実はわたくし、新卒就活時に最初に目指していたのがゲームプランナーでして、一度ある会社でゲームプランナーとして内定をいただいたこともございます(最終的に別の会社の人事になりましたが)。

当時の私は、ゲームプランナーは「企画力がある人」で「発想力が豊かな人」だと考えていました。

もしあなたが同じ考えをお持ちでしたら、絶対このブログ読んでください

ゲームが好き?大事です。

企画力?発想力?もちろんそれも大事です。

でもそれだけではゲームプランナーになるための能力として足りないのです。

具体的にゲームに落とし込む実現力

これですよ、みなさま!

自分が思いついたままに企画すればいいのではなくて、

企画するにあたってのデータを収集・分析したり、ゲームを作るチームの意見を客観的にまとめながらリードしたり、自分の引き出しを最大限に活かしながらオリジナリティーのある新しいゲームを考えたり…

つまり、論理的思考力もコミュニケーション能力も発想力も必要なんです。

「どんだけスーパーマンなんだよ!自分には無理!」と思われたかもしれません。でも、諦めないでください。

ゲームはチームで作るものです。

自分に足りないところはチームのメンバーが助けてくれるので、自分の得意分野を伸ばしつつ、不得意分野は徐々に補っていけばいいんです。

そして、ワンダープラネットのプランナーとしてとても大切なこと…

自分の人生の時間を費やして、そのゲームを遊んでくださるユーザー様への感謝の念を常に持つ

ユーザー視点に立ってゲームを開発する私たちには絶対必要なことですね!

ゲームに対して、チームに対して、ユーザーさんに対して、愛情を持ってゲームを作っていかなければ「楽しいね!」を届けることはできませんね!

あなたもワンダープラネットで、チームで助け合いながらゲームを作ってみませんか?







ワンダープラネット株式会社's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings