Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

HRmeetupでお話ししたWantedlyを使ったワンプラの採用広報について

こんにちは。ワンダープラネット採用チームの吉田です。

先日東京と名古屋で参加させて頂いたWantedlyのHRmeetupで採用広報についてお話ししたことの一部をTips的にまとめてお伝えしたいと思います。(簡単にですが…)

登壇させて頂いたんで、さぞWantedlyについて熟知しているんでしょう?と思われた方もイベント参加者の方でいらっしゃいましたが、実は本格利用は約半年のWantedlyビギナーです。

Wantedlyの最初の印象は「採用できない」

(あ、冒頭にお伝えしておきますが、ワンダープラネットはWantedlyで採用はできています

実はボク自身、ワンダープラネットに入る前までは採用担当をメインとして仕事をしていません。コーポレート職ではなくプロフィット側として採用に携わっていて、当時いた会社ではとにかく採用に注力する事業責任者でした。Wantedlyがサービスインした当初、『どうやって採るツールなんだろう?』っていう思いしかなく、ツール選定に関しては専任の採用担当者がいたので彼らに任せていました。

当時いた会社でも使い始めたという報告を聞いていましたが、結局Wantedlyで採用に繋がっている状況でもなく、『この媒体でどうやって採るんだ?』から『採れるイメージが無い』という印象に変わっていきました。SNSから離れていると、割とそういうイメージになっていく担当者や、経営者の方は多いかもしれません。

その後転職して前職で採用広報ツールを売ったりしていて、採用担当の方々にお会いして感じたのは、まずどんな手段を取っていても『採れない』っていう問題は皆さん抱えていて、広報のやり方が分からないとか、予算が取れないとかそういう話ばかりでした。

昨年の秋頃にワンダープラネットにJoinしてから、WantedlyのFeed記事を書いたり、スカウトを打ったりしているのをやりながらもかなり手探りで、今思うと使いこなすまでには至っていなかったのかな?と思います。

ワンダープラネットが本格的にWantedlyを使い始めたのは実は今年に入ってからで、大して利用していない状態でも営業担当の武藤さんは粘り強く対応してくれているなぁ…と、最初に会った時に思ったくらいでした。今となっては一緒にイベントをやったりと、ワンダープラネットの中にかなり近いツールのセールス担当だと思います(笑)

採用ツールは「社内風景を見て貰うもの」

旧来の採用媒体も少しずつ変わってきてはいますが、採用広報をする上で一番大切なのは『社内風景を切り取ること』です。前職時代に採用広報ツールのプランニングやセールスを経験する中、広報業界で長く制作に携わっていたディレクターに言われたことがあるんです。

『吉田さん、ユーザーがどうやったら採用できる様になるか分かります?いくら立派な採用サイトを作っても、立派なパンフレットを作っても採用なんてできる様にならないんですよ。会社が変わるしかないんです

まぁ、言われたことは極論ですけどね。

会社のメッセージを伝えること、会社の文化を伝えることが大切だと考えて前職では採用広報ツールの企画・販売をしてきました。当時のボクに教えてくれたディレクターは現実を伝えることが大切であって、着飾る為に広報ツールを作っても採用はできないんだってことを言いたかったんだと思います。

売り手市場と言われる現在の採用現場においてはワーク・ライフ・バランスとか、条件とか、凄く大事なことなんだけど外編的な部分で求人票を出している媒体をよく見ます。しかし、実際に入ってみるとここが違う!とか、入社後のアンマッチをよく見かけます。

まずワンダープラネットの採用広報でボクが意識していることは、ビジョンとカルチャーだけはWantedlyを見れば何とかなるという媒体にしていくこと。大前提のビジョンやカルチャーマッチであって、我々の場合はミッションとバリューへの共感を加速させたいという狙いです。少しでも興味を持ってくれた人や、実際に選考が終わって入社をしようと思っている人にはワンダープラネットにJoinして一緒にはたらくイメージを持って欲しいという想いを込めています。

前職時代のディレクターに教わった「会社が変わるしかない」というのは、今まで見せていない部分を見せれば変わっている状態なのだということなのかもしれません。

採用広報ツールは「応募者の方々のレジュメと同じ」

Wantedlyは応募する側にとっては非常に簡単な登録のみで利用できる媒体なので、登録される方々の情報が薄くて判断に困るとか、そんな声を耳にします。勿論、採用担当から見ればプロフィールが充実しているWantedlyスコアの高い人でマッチする人に出会いたいという思いはあると思います。

ただ、その逆も然りで企業側も参入障壁が低い媒体です。もの凄く簡単な話なんですが、企業の出している情報量が少ないのにプロフィールが充実した人に応募して欲しいって少しワガママじゃないですか?

まずは出せる情報を募集やFeed記事にしていくことをオススメします。以下は登壇した際にお伝えしたことの一部ですが、簡単にまとめてみました。

①求人票はたくさん作れるので、募集は増やそう!

今出している求人はとにかく書いて出しましょう。余裕があればアップデートを新しい募集として出しましょう。新着として扱われることは非常に大事です。

②インスタ女子の如くネタを考えてFeedを書く!

ちょっと大袈裟ですが、インスタ女子がInstagramの為にネタを考えたり、見せ方を考えたりしている様に、採用担当者がFeedを書くのは大切だと思います。

③社内向けにも通知できるツールとして使う!


社内施設を使うので、社内にはSlackのチャンネルに上記の記事で周知しました。社内向けにも使えるんですよ(笑)同時にWantedlyの更新情報を社内に拡散していれば、「あ、こーゆーことやってるんだな」「今はこんな人が欲しいんだ」って気付いて貰うツールとして使えます。

④他の採用経路でも関係なくWantedlyは見て貰う!

転職エージェント、オフラインで会う面談イベントや、新卒の会社説明会であっても必ずWantedlyを見て欲しいと伝えています。そうすることで応募して頂く方々にイメージして貰うことができると思います。
まずは応募者の方々のレジュメと同じで情報が沢山出ている状態を目指しましょう。


Wantedlyでもし採れなかったとしても、これらをやるだけでWantedlyは採用広報的には意味のあるツールにはなります。

ちなみにワンダープラネットはWantedlyでちゃんと採用できていますから!:大事なことなんで2回目

HRmeetupを含めて「人事系のイベントに顔を出そう」

WantedlyのHRmeetupには申込んだりはしていたものの、優先度の高い仕事が入って参加できないということが何度かありました。今回ボクが参加した時もそういった人は多かったと思います。

採用系のイベントや、人事系のイベントは積極的に顔を出して情報交換をした方が良いです。毎週の様に東京には行っているんで、タイミングがあればそういったイベントには顔を出してはいるものの、普段いる名古屋ではそういったイベントは少ないので、名古屋でのmeetupは貴重な機会です。

他の会社がどうやっているのか、何に悩んでいるのかを聞くことで新たな発見やアイデアが生まれます。

(恒例の記念写真@名古屋)

採用系のイベントや勉強会には積極的に参加して、新たな発見をしていくと良いと思います。(絶対に明日の改善に繋がります)

そんなボク自身も、今回参加させて頂いた東京や名古屋での懇親会で色々な企業の人事担当者の方々とお話ししたことで新たな気付きや学びがありました。

最後に…

ワンダープラネットでは『楽しいね!を、世界中の日常へ。』というミッションを掲げ、3つのバリューに共感してくれる仲間を集めるためにボクたちは採用活動をやっています。

この記事にTipsを書いてみて思ったのですが、ワンプラの仲間たちが書いているデベロッパーブログを思い出しました。(まさに今回は人事的デベロッパーブログ!)



情報発信はこちらでもやっているので、是非御覧ください!

ワンダープラネット株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Cb5a1364 8ef2 456d 8dd3 2ba26075b30e
5f8115d7 2f19 4914 aa17 c9be188240d0
865f04b3 c6b9 40c0 b2bc 5d426d7e8761
Effeab21 f760 43a8 b6a5 ddbd27dbb026
Picture?height=20&width=20
12 いいね!
Anonymous
Cb5a1364 8ef2 456d 8dd3 2ba26075b30e
5f8115d7 2f19 4914 aa17 c9be188240d0
865f04b3 c6b9 40c0 b2bc 5d426d7e8761
Effeab21 f760 43a8 b6a5 ddbd27dbb026
Picture?height=20&width=20
12 いいね!

採用現場から

ここでしか聞けない採用担当者のホンネ

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon