1
/
5

ファンを作るためにキャリアアドバイザーチームが実践している3つの取り組み

こんにちは、採用担当の渡邉です。
前回の記事でも簡単に載せましたが外国人紹介事業部では、1人でも多くのクライアント・求職者にファンになってもらうという目標をもって今年の仕事をスタートしていきました。

今回は外国人紹介事業部のキャリアアドバイザーチームが実際に行っている取り組み、チームワークを良くすることとスキルアップのための取り組みを3つ紹介していきましょう!

▼前回の記事はこちらから▼


チームワークを高める

チームワークを高めるために今月からキャリアアドバイザーチームでは、メンバーコミュニケーションを強化しています。
具体的には月イチでご飯を食べに行くことを始めたそうです。

そこでは、仕事のことや将来のこと、どんな会社を作りたいのかを本音で語り合ったりしています。
他にも、業務時間内では話さないような内容やメンバーの意外な一面なども受け入れて色々な会話を増やしていくことでメンバー同士の思いを共有したり理解するようにしています!


モチベーションアップ

毎月決められた予算を意識することはもちろんのこと、
予算のことよりも最近は、こんな言葉を口にしています。

年内に150人のファンを作るためにはどうすればよいのか?」
「ファンを作るために何が足りていないのか?課題は何か?」


これらを実際に言葉として出すことで
日本で働きたいという考えている求職者の思いと自分は向き合えているのだろうか?
仕事を紹介することでその方の人生や今後のキャリアは豊かになれるだろうか?
などといったことを1人1人が考えていくきっかけを増やしています。

それぞれのメンバーが求職者のことを考えていくことで自分は何のために働いているのか?どうしてこの会社なのか?といったことを初心に戻り、働く意義をきちんと持ちながらモチベーションを高めて仕事をしています。


スキルアップのために

ファンを作るためにまずは自分のスキルをアップすることで多くの求職者をサポートすることができると考えています。
それに向けて外国人雇用のスペシャリストとして意識を高く持ってもらうために日々チーム内で勉強会や研修を実施しています。

研修では主にカウンセリングを向上させることを目的に
・どうやったら相手が心を開いてくれるのか?
・どんな伝え方をしたら紹介した企業に魅力を持ってもらえるのか?
・メンバーはどのようなカウンセリング方法の共有

これらを行いながら、メンバーのスキルや市場のトレンドに合わせて今後も勉強会を継続するとのことです!


まだまだベンチャー企業ではあるものの小さなことから実践していくことで”ファンを増やす”という目標や”外国人にとって、なくてはならないインフラサービスを起こす”と掲げた事業ミッションを実現できるように今後も頑張っていきます(^O^)

インバウンドテクノロジー株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more