1
/
5

【受賞者インタビュー】できない理由より、できる方法を考え行動する


みなさん、こんにちは。

インバウンドテクノロジーの採用担当です。



今回は先日開催した表彰式での受賞メンバーについてお届けします。

表彰式の様子


インタビューしたのはバリュー賞を受賞したネパール国籍のメンバーです。

バリュー賞とは?

4つの行動指針にまつわる目標を大きく達成したメンバーにおくられる賞。

バリュー賞のなかでも下記項目で受賞をしました。

「できない理由より、できる方法を考え行動する」


求職者や他チームのために、前向きにできる方法を考えた言動が表彰につながりました。



それでは早速インタビューにうつりましょう!!!

この度は、バリュー賞受賞おめでとうございます✨

率直に受賞した感想を聞かせてください。

ありがとうございます!
表彰の際には自分の名前が呼ばれるのは想像ついていなかったので、呼ばれた瞬間驚きました。そして驚きのあとに嬉しさがこみ上げてきました。周りのメンバーも一緒に喜んでくれたのが嬉しかったです。今回の受賞でもっとがんばろうという気持ちにもなりました。



今回の受賞にいたるまでの期間で意識して取り組んでいたことはありますか??

はい、他チームの業務量がとても多くなっていたので、自分でできるところは自分でやっていけるように工夫をしました。業務を調整するには自分のスキルアップが必要だったので、知識をつけるところからはじめました。難しいことではありましたが、何事もやってみないとわからないので挑戦しました。また、自分が工夫してよかったことをみんなにも共有しました。


来期の目標は何ですか?

更なるレベルアップとして、社外にも目を向けた取り組みもしたいと思います。例えば、企業様に連絡をして採用担当の方に普段どうやってカウンセリングをしているのかなどを聞こうと思っています。企業様がどういう判断をしているのかを直接知ることで、求職者に具体的な意見を基にしたサポートができるからです。
また、マネジメント力も高めていきたいです。みんなの考え方をよりよい方向に変えていける人になるためにも、的確なフィードバックなどができるよう学んでいきたいです。


向上心を持っていると思うのですが、その原動力を教えてください。

私の原動力は未来の自分です。みなさんに未来があるように私にも未来があります。私は将来ネパールに特化した人材紹介会社をつくりたいと思っています。そのためには、少しずつステップを踏んでいく必要があります。なので、コツコツとできることを増やし、周りから技術を学びレベルアップしていきたいです。



日本で働きたいと思っているネパールの方が増えていると聞きましたが、ネパールの方からみた日本はどのようなイメージですか?

チャンスが広がっているイメージがあります。ネパール人は英語が得意なので、日本語が話せると更に活躍できる幅も広いです。日本で働くのは大変さはありますが、ネパールに住んでいてもできないことが日本ではがんばればできることが多いです。そのため、日本で働きたいと思っている方はとても多いです。


それでは、最後の質問です。

キャリアアドバイザーとしてお仕事をしていてよかったなと思う瞬間や働きがいを感じる瞬間はどんなときですか??

この仕事をしていてよかったなと思う瞬間はたくさんあります。
例えば、求職者にお仕事を紹介して実際に働き始めた方からメッセージがくるときです。
働き始めて少したってからも
”今も同じ場所でしっかり働いているよ!!”
”給料あがったよ!”
”レベルアップしたよ!”
”この会社で働けてよかった”
などとよく連絡をしてくれます。


お仕事を紹介したあとでもいい関係性を築けているのがとても素敵ですね✨

ありがとうございました!



求職者からのありがとうメッセージ紹介💌

日本での大変な就職活動で悩んでいたところInbound Technology さんが行われた留学生向けの会社説明会に参加して就職が決まりました。説明会からビザがおりるまでいつも大変お世話になりました。色々支援をしてくれたあなた とInbound Technology の皆様に心から感謝しています。将来も一緒に頑張りましょう。どうもありがとうございます。



求職者の入社式に参加したお話はこちら




インバウンドテクノロジー株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう