【CEDEC講演資料公開】半年でリリースできる柔軟な動画配信アプリサーバ開発事例

Wright Flyer Live Entertainment 人事の松田です。

9/4〜9/6で開催される「CEDEC2019」。WFLEからは2セッション登壇します。
たった今終了したばかりの1セッション目「半年でリリースできる柔軟な動画配信アプリサーバ開発事例」の講演資料を早速公開します!

写真右:堀口 真司(リードエンジニア)
CEDEC や AWS Summit 、そのほか勉強会などでインフラに関する講演を多数。
主にゲームのサーバ関連を開発と運用を中心に、ここ数年はクラウド環境が中心。
写真左:鈴木 康士郎(エンジニア)
大手女性向けゲーム会社にてソーシャルゲームPF向けアプリケーション、iOS/Android向けゲームアプリケーションの開発に従事。Unityアプリのフルスクラッチ開発からブラウザゲームのフロントエンド、DB/サーバ構成を含めたバックエンドの設計開発まで幅広く担当。
2018年にWrightFlyerLiveEntertainment入社し、現在は主にGCP関連のバックエンド開発を担当。


「半年でリリースできる柔軟な動画配信アプリサーバ開発事例」

▼概要
AppEngine を中心にマネージドサービスやエンジニアに人気のある Go 言語、Kubernetes 環境を採用しました。
各々が自由に技術選定できて、スピードを保ったまま現在も衰えることなく開発が続いてます。
サーバ環境は複雑で日々議論が行われ、幅広く様々な技術を利用しています。

いかがでしたか?
明日9/5は「REALITY「なりたい自分で、生きていく」リアルタイムライブでVTuberが活躍する舞台を作る現場の1年」をお届けしますのでお楽しみに!
REALITYの開発についてもっと詳しく知りたいという方は下記も要チェック。


◆ 9/11 モバイルアプリ勉強会【参加受付中】

開催日時:2019年9月11日(水) 19:30〜22:00 ※受付19:00〜
開催場所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー12階 グリーオフィス
参加費 :無料
参加方法:Connpassにて受付中 ※定員を超えた場合、抽選とさせていただきます

開催内容:
グリーグループ3社合同で初のモバイルアプリ勉強会を実施します。
WFLEからは以下5セッションを予定しています!

「Unityのframework化を支える技術」 清 貴幸
「MTLTextureを録画する」 森田 智紀
「REALITY Androidにおけるマルチモジュール移行」 中野 陽基
「Native ⇄ Unityアプリのアナリティクス」 増住 啓吾
「フェイストラッキングとアバターと鏡」 ようてん

誰もが「なりたい自分で、生きていく」ことのできる、新しい世界の実現に向け、
Wright Flyer Live Entertainmentでは一緒に働く仲間を募集しています。
少しでも興味を持っていただいた方は、ぜひお気軽にご応募ください。

株式会社Wright Flyer Live Entertainment's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more