【資料公開】5分で語る開発秘話-アプリエンジニア限定LT大会を覗いてみた。

Wright Flyer Live Entertainment 人事の松田です。

9/11に「グリーグループモバイルアプリ勉強会」を開催しました!

今回は、グリーグループ3社での初合同開催
・バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」を運営するWFLE
・累計850万ダウンロード突破 住まい・暮らしに関するメディア「LIMIA」を運営するリミア社
・旅行ジャンルNo.1 おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ社

各社からアプリ開発に関わるエンジニアが集い、LTを行いました。

WFLEからの登壇者は以下5名。今回はその内容をお届けします!

目次

  1. Unityのframework化を支える技術 清 貴幸
  2. MTLTextureを録画する 森田 智紀
  3. REALITY Androidにおけるマルチモジュール移行 中野 陽基
  4. Native ⇄ Unityアプリのアナリティクス 増住 啓吾
  5. フェイストラッキングとアバターと鏡 ようてん

1. Unityのframework化を支える技術(清 貴幸)

概要
・Unityで開発したアプリをソースコード直ではなく、framework化して別アプリに組み込むとコンパイル時間等の問題がなくなる
・framework化の仕組みの維持にコストが掛かるのでトレードオフを考える必要がある
・XcodeGenは良かった


2. MTLTextureを録画する(森田 智紀)

概要
・AVAssetWriterの紹介
・MTLTextureをAVAssetWriterに書き込む方法
・UnityとAVAssetWriterの連携の話


3. REALITY Androidにおけるマルチモジュール移行(中野 陽基

概要
・ REALITY Androidのモジュール構成の紹介
・モジュールを切り出していく上での戦略
・マルチモジュール化による恩恵と弊害


4. Native ⇄ Unityアプリのアナリティクス(増住 啓吾

概要
・REALITYにおける分析用イベントログの取り方について紹介
・Native⇄Unityとふたつの要素を相互に行き来するアプリの構造が壁となる
・ふたつの要素をまたいだユーザ行動を測定するための戦略


5. フェイストラッキングとアバターと鏡(ようてん)

概要
・REALITYアプリではフェイストラッキングには3種のライブラリを使っています
・顔の位置と、向きと、目や口の開き具合をなんとか検出して、アバターに適用しています
・スマホに多くのことを同時にやらせているため、熱との戦いをずっと続けています

全LT終了後には、3社の社員を交えて交流会を行いました。
今回は「モバイルアプリ」という広いテーマで開催したため、社外から様々な分野でご活躍されている学生・社会人の方々にご参加いただきました。
グリーグループ合同での勉強会は初開催のため、社員にとっても新鮮な時間でした。

夜遅くまで話が尽きず。今後も定期的にこのような機会を作っていきたいと思います。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

誰もが「なりたい自分で、生きていく」ことのできる、新しい世界の実現に向け、
Wright Flyer Live Entertainmentでは一緒に働く仲間を募集しています。
少しでも興味を持っていただいた方は、ぜひお気軽にご応募ください。

株式会社Wright Flyer Live Entertainment's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings