九州出張! ラグビーワールドカップを控え、盛り上がりを見せる九州のインバウンド事情

8月から入社しました、高羽です(代筆:篠崎)。
入社から約1ヶ月が経ち、目が回るような忙しさですがだいぶ慣れてきました。
今回は吉田さん(弊社代表です!)と一緒に、1泊2日の九州出張に行きましたので、
九州の魅力について学んだことをみなさんにご紹介します!


【1】九州とは

みなさんご存知の福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の7県からなる、日本主要4島の一つです。
活火山やビーチ、そして別府温泉をはじめとする天然温泉などがあり、観光分野でも特にアツい地域です!



【2】九州の伸び代

九州の伸び代はずばり「インバウンド」。最近は海外旅行客の宿泊者数増加率が四国地方に続き全国でも2位となっており、福岡市の方も海外から注目されていることを肌で感じているよう。体験コンテンツへのニーズも高く、これから力を入れていきたいとみなさん口を揃えておっしゃっていました。
地域の魅力も数多く、また海外からの注目度も高い九州ですが、まだまだ体験コンテンツが少ないことが現状。これから体験コンテンツの造成・運用などに取り組み、より「長期滞在・高額消費」したくなる魅力の発信が求められますね。

【3】ラグビーワールドカップの可能性

2019年に開催されるラグビーワールドカップのチケットが発売されましたが、インバウンドの視点から見ても実はかなりの好機。今回のワールドカップはアジアでは初開催であり、またラグビー伝統国でない日本で開催されるのも初めてと、世界的にも注目度の高いイベントとなっています。
会期中は全国12都市で44日間、パブリックビューイングなどスタジアム内外で多くのイベントが開催されるため、首都圏以外での盛り上がりも期待されますね。
九州では決勝トーナメント含む10試合が開催予定であり、この経済効果はなんと4372億円、そして大会を目的とした訪日外国人は40万人訪れるとの試算があります。
このようなスポーツ振興を通して、知名度向上や外国人旅行者の増加、そして地域のブランド力UPを目指していきたいですね!!

株式会社地域ブランディング研究所's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings