CINCのアナリストとして早期自立を目指す!日々着実にノウハウを蓄えて前進―19卒Kosuke.I

みなさん こんにちは。

株式会社CINC広報のAsuka.Nです。

今年4月、待望の新卒1期生3名を迎えたCINC。


入社後の所感や現在抱えている課題、今後の展望など、2名のインタビューをお届けしてきました。

いよいよ新卒社員インタビューも最終回。

ラストを飾るのは、昨年夏のインターンシップから、CINCに入社を決めた理由や今後の目標について、Wantedlyで多くの記事を執筆してくれたKosuke.Iです!

――CINCに入社した感想を教えてください。

昨年の夏に参加したインターンシップで実務に携わっていたので、入社後のギャップは少なかったです。インターンシップを経て、今度どのように働いていきたいか、具体的にイメージできていた点が良かったと思います。会社の雰囲気もすでに知っていたので、オフィスの増床や席の変更など多少の変化はありますが、ネガティブなギャップはありませんでした。ときどき、近くの先輩から聞こえてくる独り言に和んでいます(笑)。

毎日吸収することばかりで、「明日までに何を理解すべきか?」「今つまずいている理由は何か?」と日々自問しながら、業務を進捗させています。難しいことも多くありますが、進歩を感じられると、とても楽しいです。

僕は大学院を卒業後にCINCに入社したので、同い年の先輩が多くいます。先輩方が活躍されている姿を見ると、「自分もペースを上げないとまずいな」と焦ることは多いですね。大学院に通ったことを後悔はしていませんが、「ビハインドを取り戻さないと」と良い意味で刺激を頂いています。

――社会人になったと実感するのはどんなときですか?

社会人になったと実感するのは、慣れていない作業をしているときですね。生産性を上げられていないと感じるとき、「この作業、時給換算したらいくらなんだろう…」と考えてしまうことがあります(苦笑)。学生の頃は、そんなふうに考えることはなかったので、「働いて会社から給料を頂いている」社会人になったことを認識します。

――同期はどんな存在ですか?

とても大切な存在です。趣味や嗜好、考え方など、全員タイプが違うのですが、自分の意思を強く押し付けることなく、とはいえ流されるのでもなく、率直に意見を言い合えています。ほど良い距離感で、お互いのことを尊重し合える、そんな関係です。


――現在の仕事内容と実務を始めた感想を教えてください。

アナリシスグループで、主に2つの仕事をしています。

1つ目は、新規のお客様に向けた営業資料の作成です。お客様のビジネス環境を調査した上で、効果的なWebマーケティングの施策を提案する資料で、主にお客様のWebサイトの現状や、競合の動向、課題、施策をまとめます。

2つ目は、数値レポートの作成です。お客様のサイトのポジションを明確に示すために、競合やお客様のサイトの状況をCINCのWebマーケティングの調査・分析ツールKeywordmap などを用いて総合的に分析します。お客様や競合のサイトへの流入数などを調査し、成果や改善点などを数値の根拠をもとに報告するレポートです。

どちらも、お客様のWebサイトを改善に導くストーリーを提案する資料で、分析から仮説を立てて改善策をまとめていくプロセスはとても面白く、やりがいがあります

とはいえ、慣れない作業に手間取ったり、ツールを十分に使いこなせなかったりと、欲しい情報を得るために右往左往してしまうことがあります。そんなとき、指導担当の先輩がいつも優しくサポートしてくださいます。なるべくWeb上で検索するなど、自分で解決できるように努めてはいるのですが、それでも解決策を見いだせず、1日に何度も質問してしまうときがあります。先輩は多忙の中でも、常にわかりやすく丁寧に教えてくださり、とても感謝しています。

――自分の強みは何だと思いますか?

仕事が上手くいくパターンをストックしているところだと思います。例えば、僕は物事を進めるとき、常に次のことを意識しています。

・取り組む業務の目的を明確にし、仕事の全体感をイメージする

・全体感をふまえてどのような要素が必要か考える

・要素を満たすために、どのような作業が必要か考える

・先輩に質問をした場合、頂いた回答を参考にノウハウを蓄積する ←このとき、自分がわからなかった理由と次回できるようにするための対策をしっかり考えることを意識しています!

この流れに沿って考えを紙にまとめていくことで頭の中を整理でき、次にすべきことが明確になります。その後、書き出したことを順に実行していけば、サクサク仕事が進んでいくことがほとんどです。こんなふうに、やるべきことを完遂するための自分なりのパターンを把握している点が、僕の強みではないかと感じています。

――逆に、課題に感じていること、伸ばしていきたいと感じていることは何ですか?

課題としては、まずケアレスミスをなくすことです。誤字・脱字といったミスがよくあり、先日も先輩に資料を提出した後、「誤字・脱字を確認してください」と言われたにもかかわらず、ミスが残っていて、詰めの甘さを痛感させられました。注意深くチェックすることはもちろん、フォーマットを統一して複雑な作業を減らすなど、ミスを防止するための仕組みを整えて、少しでも抜け漏れを防げるように改善していきたいです。

そのほか、スクレイピングのスキルを習得したいと考えています。Web上の情報を収集・加工することで新たに価値のある情報を生み出すスクレイピングのスキルを身に付けることで、単純な仕事をなるべく自動化して業務の効率化に努めます。


――CINCの行動指針・Coreバリューで意識しているバリューを教えてください。

1番意識しているのは「自立が大前提」です。現状は、自分の仕事でいっぱいになっていて、視野が狭くなっていると感じることがあります。自分のタスクを無理なく完遂できる状態になると、もっと自信と余裕が生まれるのではないかと思います。そして、「もっとこんなことが加えられるのでは?」「もっとこうすれば便利なのでは?」といった+αのアイデアを積極的に提案していきたいです。

――1年後の目標を教えてください。

まずはアナリストとして自立し、業務を完遂できるようスキルアップに努めます。独立プレイヤーになることで視野が広がり、その先のビジョンがさらに明確に描けるようになると考えています。

また、一年後入社してくる後輩にとって、かゆいところに手が届くような存在になりたいです。実務に役立つビジネススキルというよりは、メールを送る際のマナーなど、5年・10年たったとき、「知っていて良かった」と思える知識を伝授できるようになりたい。

活用できる職場が限定される専門知識やスキルは別の部署に異動した際に活かせるかどうかはわかりません。けれど、メールの送り方やコミュニケーションの取り方といった、働く姿勢やスタンスを示す知識ははどのような業務に携わろうと活かすことができます。こうした、仕事を行う上で欠かせない基本的な知識を、後輩に伝授できるような先輩になりたいです。



――ありがとうございました!今後もチャレンジを続けてください。

Kosuke.IのCINCでのインターンシップ経験が綴られた記事は以下からお読みいただけます。

===↓ CINCの情報はコチラ ↓=====

/// CINC HP

/// Keywordmap|マーケティング調査・分析ツール

/// Marketing Native|時代をリードする注目企業のCMOインタビュー、最先端のマーケティング事例をお届けするWebメディア

https://marketingnative.jp/

/// Tech blog|CINCのエンジニアチームが技術やTipsを公開するブログ


====================================

株式会社CINC's job postings
Anonymous
7225d68f 001b 4d0e a715 58eaf1890daf?1554798668
1 Likes
Anonymous
7225d68f 001b 4d0e a715 58eaf1890daf?1554798668
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon