リノベもやりたい人事担当

株式会社コスモスモアに入る前

▽横浜国立大学大学院    構法系研究室にて、リノベーションの研究    海外、主に西欧では一般的な経年による価値増加という概念が日本の建築業界に欠けている。サステイナブル社会・建築におけるリノベーションという言葉が一般化してきた現代においてリノベーション事業を成功している企業は一部であり、企業の事業ノウハウを明らかにしてリノベーション普及の為の一助となることを目的として企業研究を行った。

▽(株)コスモスモア

 建築という大きなモノづくりにおける企画から施工までの一連を一人の裁量任せてくれるフィールドが他者にはない魅力と感じて入社。

現在

■これまでの職歴 ▽マンションギャラリーDep(2013.4~2014.9)

 マンションの販売センター・モデルルームという特殊な建築の企画~現場管理までを担当。1物件が仕込み~竣工まで半年間で終わる為、短期で建築を学べるフィールドとして入社当初に希望した部署で建築について学びました。

▽管理Dep(2014.10~現在)

 新卒の人事担当として、過去に試したことのないことを色々と好き勝手やらせてもらっていて、Wantelyもその一つとして利用させてもらってます。

■仕事の面白さ  2年目の頭に担当させて頂いた物件が、コンペ案件で他社とプランとコストで競らなければならなかった。2年目の自分は知識もスキルもまだまだ力量不足だと認識しており、クライアントを惹きつけるには圧倒的なスピードでの対応しかないと考えて行動していました。  結果、クライアントと仲間関係を作ることができ、無事コンペをとる事ができた時には、なぜかクライアントと祝杯をあげていて。その時が最高に嬉しかったです。    また、去年の夏から年末にかけて「若手による新規事業立案PJ」を任せて頂く機会があり、昼も夜も休日も関係なく学生のように深夜までPJにのめり込み、最終発表は他社の部次長役員など含め50名の貫禄ある方々の前でプレゼンをしました。  モアの役員から頂いた「誇らしかったよ。」という言葉がとても嬉しく、現在も継続して新規事業の提案を行っています。

株式会社コスモスモアについて

▽モアのカルチャー ・有言実行、やりたいことには手を挙げることが好まれる ・ビッグマウスには責任も伴い、時々プレッシャーを掛けられる ・プレッシャーを楽しむことが出来る人材が伸びる ・結果を出すと色々報奨もあったり

▽自分の変化  この一年半は自分を知るよい時間であったと感じています。モアに入社した当初、やるならば一旦全てを自分でやりたいとという想いがあり働いてきましたが、建築の企画~現場監理までというと多種多様な業務がある中で、どうやったらこのクライアントには響くのだろう?お金なのか?時間なのか?デザインなのか?人間性なのか?といったことを考え戦略的に仕事をとりに行き、それがハマって成功した時に一番の達成感を覚えた経験がありました。  建築というとあまりにも大きくて、個々人の業務となると営業のみ・現場監理のみ・積算のみという風なのが通常です。モアの中で全てを短期の間でやらせてもらえたからこそ自分の嗜好・得意とすることが早期に分かったことは大きなプラスであり、今後の指針を決定できる要因となりました。

自分の嗜好を理解してきた半年であったと思います。。というのも、最初の半年は先輩の下で一緒に仕事をさせて頂き、

今後どういうことをしていきたいか

今後は企画提案の領域に関わる職能を開発しつつ、入社当初から切望していたリノベーション事業を自分のやり方でやれればなと考えています。 とりあえずは、ベースとなる知識・スキルを身に付ける為に一級建築士の勉強と、リノベに関わる情報収集として、リノベに関わるモノゴトを色々みて体験しに行ったりしています。 それを基に自分のやりたいリノベを新規事業として提案・実行できることを目標としています。

株式会社コスモスモア's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon