僕も何どか大きな失敗をしていますが、それを取り戻し大きくテコにすべく頑張っております。セカンドチャンスがある!って思って挑戦なんかしていませんが、こういったカルチャーは非常に背中を押してくれますね。

-----
藤田:風土面では、まず、会社の価値観を示す尺みたいなもので、「挑戦した敗者にはセカンドチャンスを」とうたっていて、挑戦して駄目だったとしても、次もまたセカンドチャンスあげるよというふうなことを言っているんです。

これはそういう言葉で言っても、実際にそういう失敗した人を批判したり、昇格者から外すような風土があると、みんなやっぱりビビって縮こまってしまうので、トップである私も、自分が言っちゃうんですけど(笑)、っていうか人のこと言えないですけど、ネット上で炎上して会社のブランドに傷をつけたとか、全然、大丈夫。

最近も「会社は学校じゃねぇ」ってブログを書いた新入社員の社長が炎上したのを、僕もブログで「全然問題ない」というふうに書いて擁護したりとか。

要は、そういう新しいチャレンジをして失敗した人を責めないという空気を一生懸命作るというのは、その一方で一生懸命やっております。

B7b3ed2c ac67 497a adbb cf054ea71698

Page top icon