Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

店舗の成果発表アワード☆No.1店舗には海外旅行の特別報酬も!
社員の声から様々なブランドが実現☆これも「楽しくなれる環境を作る」ため!
☆働きがいのある会社ベストカンパニー5年連続受賞☆ 【22の自社ブランド/店舗数130を超える飲食店を展開】 料理人が本格料理を提供する地域に愛されるお店… ●とりとん(豚と鳥料理)●とととりとん(魚と豚と鳥料理) ●とりとんくん●もっくん(燻製料理)●焼き鳥井の頭さかもと(焼き鳥) 木製家具やトルコランプを基調とした洋風居酒屋… ●Cafe & Dining PECORI ペコリ 名物料理が魅力の大衆居酒屋… ●酒吞んで飯食って蛙之介 本格炉端焼きが楽しめる「和」… ●お江戸あやとり 改めてナポリタンは旨いと言わせたい… ●スパゲッティのパンチョ 7時間じっくり加熱したローストビーフをたっぷりと… ●ローストビーフ大野 朝挽き肉を使ったハンバーグが自慢の昔懐かしい洋食店… ●洋食大野亭 好きな量だけ好きな部位を選べる山小屋風ステーキ… ●ステーキロッジ 元祖スタミナどんぶり!学生の味方… ●吉祥寺どんぶり フランチャイズブランド展開 ●串カツ田中 ●肉汁餃子ダンダダン酒場 ●台湾ティーGong cha(ゴンチャ) ●薄利多売半兵ヱ ●串屋横丁 ●立ち食い焼肉治郎丸 〜関わるすべての人が楽しくなれる環境を作ること〜という企業理念の下、本気で「21世紀を代表する飲食企業」を目指しています。

なぜやるのか

女性社員も多く活躍☆未経験からでもキャリアアップ・成長できる環境を用意しています☆
「ただいま」「おかえり」そんなお店を誇りを持って一緒に創りませんか?
大好きな飲食業・接客業をずっと続けたい…! そのキモチを叶えてくれる会社。 「関わるすべての人が楽しくなれる環境を作ること」という理念の下、次々と繁盛店を生み出してきたファイブグループ。 何よりも働く従業員一人ひとりが楽しく働けるようにと、他の飲食企業ではありえない、型破りな働き方改革を次々と進めてきました。 たとえば… <長期休暇を取れる仕組み> 3日間×年3回の「スリーシーズン休暇」を制定。 公休との併用で1週間休暇も可能! (この制度を活用して沖縄旅行を楽しんだメンバーも) <現場の声を吸い上げる「スタッポ制度」> 毎月約1300件の要望を集約。 「アルバイト含めた店舗みんなで旅行に行きたい!」「店舗の設備をこう変えて!」といった社員の声を次々と実現。 <時短勤務制度> 結婚・育児などのライフステージを迎えても、働く社員を応援するための制度もスタート。 16時/17時/18時までといった日勤のみの働き方が可能に! <ジョブローテーション(年2回)> 社員の希望を聞き、他店舗への異動や職種転換を実施。 社内公募も定期的に実施し、海外へ挑戦する社員も! みんなが大好きな仕事をずっと続けられる環境を、これからも「みんなで」作っていきます。

どうやっているのか

アルバイトも含めた従業員全員のリクエストをもとに制度や福利厚生を作っています☆
永年勤続表彰の様子☆長く働ける環境があります。
関わる人の数だけでなく、その幅を広げるために、10代から60代の「人と関わることが好き!」「楽しいを自ら創りたい!」「とにかく誰かを楽しませたい!喜ばせたい!驚かせたい!感動させたい!」そんな強い想いを持った仲間が集まって様々なブランド(全25ブランド)を運営しています。 ー働きがいを重視ー GPTW(Great Place to Work)が発表する「働きがいのある会社ランキング」にて、2014年から18年までの5年連続ランクイン。 理念を本当の意味で体現するためには、スタッフ一人一人の「主体性」が不可欠と考え、それを生み出す指標として「働きがい」を重視しております。 今後さらに会社が成長し大きくなる中でも、スタッフの想いやリクエストを絶えず反映させています。 ー健康経営優良法人ー 従業員が心身ともに健康で、個性や能力を最大限に発揮できることが重要であると考えています。 その取り組みも評価され「健康経営優良法人ホワイト500」を2年連続で受賞しております。 ーお客さんの「また来たい!」を生み出すお店作りー せっかく選んでくれたのなら、どんなお店よりも楽しい環境を提供する、どんなお店よりも「また来たい」と思ってもらえる店舗をプロデュースする。 全店舗がそこに本気になっているからこそ、地域で常連さんに愛されるお店が生み出されています。 私たちは、「お客様のニーズ・働く仲間のニーズ・時代のニーズ」と、「様々なニーズ=必要とされている自分」をとても大切にしています。

Page top icon