【ファイブグループ〜健康経営宣言〜】

当社では代表取締役社長自らがCHO(Chief Health Officer:健康管理最高責任者)となり、経営方針の中に従業員の健康に関する項目を設け、健康経営推進委員会を中心に推進するとともに、この項目を明文化し社内外に公表しています。


【2017年度 健康経営推進委員会活動報告】

【課題の具体的な内容】       【課題の改善目標に設定している指標や改善施策】

□従業員の健康課題の把握             →定期健診の受診率100%

□従業員の健康課題の把握             →全店舗でのストレスチェックの実施

□生活習慣の改善                 →全店長会議における食育セミナーの開催

□生活習慣の改善                 →ダイエットイベント:ファイザップの開催

□運動習慣の定着に向けた施策           →マラソン大会の開催

□メンタルヘルス疾患の発生予防          →全店長会議におけるマインドフルネスセミナーの開催

□メンタルヘルス疾患の発生予防          →週3回マインドフルネススクールの開催

□働き方・労働時間適正化対策           →全従業員労働時間チェック

健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています。


株式会社ファイブグループは、

「従業員ひとりひとりが健康に気をつけながら最高のパフォーマンスを発揮できる環境を作ること。」をここに宣言いたします。

株式会社ファイブグループ CHO坂本憲史

株式会社ファイブグループ's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings