1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】自分の生涯をかけて、誰もが笑顔で前向きになれる世界を作っていきたい

こんにちは!人事担当の西村です!
今回は、シニアコンサルタントの三角をご紹介します!

三角 宏樹(シニアコンサルタント)
早稲田大学 理工学部卒業
2020年 中途入社

新卒でシャープへ。そこで抱いた2つの”想い”

大学を卒業し、新卒で入社したのはシャープ株式会社でした。大学の専攻が「経営システム工学」だったこともあり、事業戦略推進室という部署で事業の計数を「売上・生産・在庫」という視点から管理・分析を行っていました。経営に近い部分で、事業の大局を把握しながら戦略を作っていく面白さを感じる充実した毎日でしたが、3年目になったタイミングで2つの想いを抱くようになりました。

1つ目は「現場で仕事がしたい」ということ。計数を分析していると、目標から大きく外れたり、予想外の数字の動きが起きたりすることが多々あります。現場では何が起きているのか、何が原因なのか、数字だけでは読み解くことが難しいことがたくさんあり、現場で実際に経験したいと思うようになりました。

2つ目は「人が活きる人事制度を知りたい」ということ。シャープには同期をはじめ、優秀な人がたくさんいました。しかし、仕事に楽しく取り組んでいる人は少ないように思えました。私自身においても仕事から学ぶことは多かったのですが、楽しく取り組んでいたかと聞かれるとそうでもありませんでした。また、バックオフィスの仕事ということもあり、業務における明確な目標を感じにくかったことも、モチベーションが上がらない原因のひとつだったと思います。どうしたらモチベーションを高め、仕事に前向きに楽しく取り組める仕組みが作れるのか、それを実践している会社に転職したいと思うようになりました。

新たな分野へチャレンジ。自信がついてきたからこそ、さらなる高みを目指したくなった

社会人3年目の冬、転職したのは株式会社リクルートコミュニケーションズでした。結婚情報誌ゼクシィの制作ディレクターという、前職とは全くかけ離れた分野での挑戦に、周りの人たちからはとても驚かれたのを覚えています。実際、ほぼ新卒と変わらない地点からのスタートだったので、最初はかなり苦戦し、とにかくがむしゃらに色んなことを吸収しようともがいていたような気がします。

転機は、転職し3年が経ったとき。結婚領域から人材領域への異動が決まりました。制作ディレクターというポジションは変わらずでしたが、お客様が会社の人事部の方々に。彼らは「どうしたらもっといい人を採用できるか?」「どうしたら辞める人を少なくできるか?」「もっと社員に活き活きと働いてもらうためには?」ということで頭を悩ませていました。

私は昔から、人が落ち込んでいたり悲しくなっていたりするのを見かけるとほっとけない性格で、どうにか笑顔にできないかといつも考えていました。そんな中、人材領域で起きている問題は、自分が生涯かけて取り組むべきテーマだと思えた気がしたのです。人材領域での4年間はとても充実していて、いろんなことを吸収し、経験することができました。「三角さんにはずっとうちの担当でいてもらいたい」と言ってもらえるようなお客様もでき、社長と膝を突き合わせて、お客様の会社の未来について熱く語り合うようなこともしました。MVPなどの賞を頂くこともでき、自分の仕事に自信を持ち始めていったように思います。

そして、より幅広い問題に対してあらゆるソリューションを提供できる存在になるために転職を決意。コンサル会社を経て、フォワードに辿り着きました。

フォワードは、自分のやりたいことが実現できる場所

フォワードは、社名からも分かる通り、前に踏み出したい、踏み出そうとする人の後押しをする会社。まさしく自分が生涯をかけて、実現していきたいこととリンクしています。働く仲間は、前向きで素敵な人ばかりで、こちらが元気をもらうこともたくさんあります。

私は、人は誰しもキラキラした輝く部分を持っていると信じています。落ち込んでいる人や悩んでいる人がいたら、「ほら、あなたはこんなに素敵だよ」と伝えてあげたい。そして、その人の人生をキラキラしたものにしたい。

誰もが笑顔で前向きになれる世界を作っていけたら、と思います。

株式会社フォワードでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう