1
/
5

お客さまの課題に深く寄り添い、提案できる広告づくりがJBAの魅力

JBAは学生時代の専門分野やそれまでの職歴などに関係なく、やりたい役職にチャレンジできる社風が魅力。

「多様なキャリア」シリーズでは、現在JBAで活躍中の社員のうち、少し異色と言える経歴をもつ人たちにお話を伺います。

2019年に中途で入社した川島さんは、今までに地方の制作事務所や大手広告代理店でデザイナー、アートディレクターとして勤務した経歴をお持ちです。今回は、大手広告代理店とJBAの違いについてお話を伺いました。

デザイナー出身のアートディレクター

私は、大学の芸術学部を卒業してから、まずは大阪の制作事務所で4年半デザイナーとして勤務しました。そこでは、主に広告制作を行っていて、CMやポスターの制作に携わっていましたね。その後知人の紹介で大手広告代理店に入社し、アートディレクターとして2年間働きました。そこではオリンピック関連の大型媒体をまるごとディレクションしたりしましたね。

デザイナーとアートディレクターを経験してみて、そのふたつは大きく違うことを学びました。例えば、ポスターを作ってほしいという要望があったとき、その具体的なデザインをつくるのがデザイナーの仕事です。対してアートディレクターは、「いやまってください、媒体はポスターじゃないですね」と違うアプローチを提案できる。メッセージを伝える手段としてポスターが適していないという判断や方針を決めるところから携われるんですよね。なので、基本的に制作はしません。

つまり、デザイナーは自分が美しいと感じるものを制作物として形にする人。アートディレクターはその制作物をつくるきっかけとなった問題から見つめ直し、解決するために指揮をとる人だと知りました。

広告代理店を退社した後、福岡の制作事務所で4年間勤務してからJBAに入社し、「0から1をつくる仕事」に携わっています。お客さまが伝えたいメッセージをどのような制作物を通して、どのように伝えるのか、そのアプローチを考えるのが今の仕事です。競合プレゼンに参加して新規のお客さまを増やしたり、社内報を1からつくったり。問題に対してどういうグラフィックを使うかを考えている点では、JBA入社前と変わっていません。

大手広告代理店との違い①

JBAになら何でも相談できる

JBAが他の会社と違う大きな理由は、誰も答えを出していない問題がそのまま飛び込んでくること。例えば、

「社内でこういう取り組みを始めたいんだけど、どう思う?」

「社員にこんなメッセージを伝えたいから、協力してほしい!」

などなど。制作過程で、お客さまの悩みや抱えている問題を、ありがたいことにオープンに伝えてくださるんです。だからこそ、まだ手をつけていない発展途上な状態から、私たちも同じチームの一員として一緒に悩んで解決策を探ったり、問題を解決するための媒体を決めるところから試行錯誤したりすることができる。だから、他の仕事の依頼に対しても、内情を知っているからこそできるアプローチがとれる。そうやって関係を構築して、長期的なつきあいに発展するんです。

大手広告代理店との違い②

深くまで寄り添った広告作り

大手広告代理店だけに関わらず、広告業界全体をみても普通はそんなことできないんですよ。基本はお客さまが売りたい商品を宣伝するための資金を準備して、広告代理店に依頼する。そして広告代理店で具体案を決めて、制作会社に制作だけ依頼して納品する。

クライアントから依頼された時点で問題解決の「答え」が決まっていることや、既に媒体が決まっている場合もあります。「商品を売りたい」という根本的な課題を解決するためのアプローチを考える幅も狭くなってしまうんです。しかも、広告代理店は基本的にアフターフォローがないので、納品した後のつながりはあまりありません。

みなさんは、広告のデザインや、内容ばかりにスポットが当たっている広告が多いと思ったことはありませんか?本当はその広告で売り出されている商品に携わっている方々はたくさんいらっしゃるのに、それが当たり前として広告になっているんです。「そこにスポットが当たらない広告って意味があるのかな」というのが、私の広告代理店時代の違和感でした。商品本来、本品そのものまで伝えられるようなお客さまに寄り添った広告づくりがしたい、と感じていたのです。

私は、自分のアプローチが正しいのか悩んだり考えたりするのが好きで、今はJBAで「このメンバーならどんなものがつくれるだろう」と楽しみながらアートディレクターをしています。多岐にわたる能力をもつ人材やお客さまの業界・職種が、まるで宝の山みたいなJBAが魅力的なんです。

一人ひとりの特性を見極めて、ベストメンバーを組む

なにかを作る過程で、無理やりつくることって良くないことだと思っています。例えば、デザインは繊細なものなので、自分に向いてないと思ってつくったものはその感情が制作物に出ちゃうんですよね。できるわけないと思ったら、やっぱりできない。それぐらい、自分の中に蓄積にした美しいものから新たにものをつくる作業は尊いことなんです。

だから、その作業にずっと負荷がかからないように、制作に携わる人は得意ジャンルのものをつくっておくべきだと思っています。「適した人選」はアートディレクターとして必要な能力です。JBAではプロジェクトを誰とやりたいかの希望を聞いてくれることがあるので、JBAメンバーのことをもっと知って、もっといいものを作っていきたい。今後とも、ベストメンバーと一緒にお客さまに寄り添ったものを生み出していきたいですね。

日本ビジネスアート's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more