This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

24社から内定をもらった大学生は、なぜネオキャリアを選んだのか?

(読了目安:7分)

こんにちは。

昨年末にネオキャリア1年目採用担当の平崎のインタビュー記事を上げたのですが、思いのほか好評をいただきました。その節は皆様ありがとうございました。

※平崎の記事は以下からご覧いただけます


"通称チャッカマン"。学生時代に採用責任者として営業会社を15倍に拡大させた新卒1年目人事に話を聞いてみた。 by 知希 大野 | Neo Career's Blog
こんにちは。 皆さんはチャッカマンと聞いて何を思い浮かべますか? ・ ・ ・ 普通はこれを思い出しますよね? しかし最近、就活生や採用関係者界隈ではチャッカマンと聞くと、他の想像をするみたいです。 ・ ・ ・ ご紹介しますと、入社1年目で採用担当をやっている平崎歩(あゆむ)です。学生時代に学生営業会社の立ち上げに参画し、 採用責任者として組織を20名から300名にまで拡大させた ...
https://www.wantedly.com/companies/www-neo-career-co/post_articles/46224


実はこの平崎には、同期のライバルがおります。





その男の名は、”仁木 紫援 (にき しおん)





名前からして只者ではない感が漂っております。



ええ、筆者は年下なのに、インタビューする前からビビッておりました。



チャッカマンを”剛”と表現するならば、この男はまさに”柔”



そんな新卒1年目採用担当である仁木にインタビューを敢行しました!(最後に仁木から就活生向けのご案内もありますので、是非最後まで読んでください!)




<仁木 紫援(にき しおん)> 学生時代はBARの運営と趣味のバイクに明け暮れた”元チャラい系大学生”。BAR経営しながら生きていこうと考えていたが、お客さんであった某社の社長から 「社会をなめるな!」と叱責されたことをキッカケに就職活動を開始。内定を24社もらったが、その中でもネオキャリアに可能性を感じ入社に至る。現在、西日本の1年目採用担当として奮起中。





質問① どんな大学生だったの?


「基本的にBAR運営とバイクに明け暮れた大学生活を送っていました。笑 大学には必要最低限しか行かない、そんな大学生活でしたね。周囲から見れば、ただの”チャラい奴”だったと思います。ただ大学にはあまり行かなかったですが、英語が好きで留学生が50%以上を占めるゼミの活動だけはちゃんと参加してました!」



(本人のFBから掘り出した若き日の仁木紫援。チャラさに胃もたれがしてしまうのは筆者だけでしょうか?。こんな大学生活を送ってみたかったとしか思ってません。誰かVRでト○メモみたいなゲーム出してくれないですかね?)



質問② ちなみに大学入る前ってどんな感じだったの?


「正直に言ってしまうと、かなり”瞬間的な感情”で生きていたと思います。」

「あとは結構負けず嫌いだったとも思います。僕が英語に興味を持ったキッカケにもなるのですが、当時好きな女の子がいまして・・・。その子が英語が得意で学年1位だったんですよ。好きな子に認められたいっていう想いと負けたくもないとも考えていたので、必死に勉強して1位になりました。





(その後どうなったのか聞こうと思いましたが、筆者は心が狭く、ハッピーエンドに終わってたら嫉妬しかしないなと思いましたので、自主判断でこの後のことは聞くのをやめました。※本人は聞いて欲しいという感情を丸出しでした。モテる男は違いますね(棒))





筆者:『ところでさ、大学ってどんな基準で選んだの?』


(話を変えないと、羨ましいという感情に押し潰されてしまう・・・)


「本当に単純で、家から通えるっていうのと、学費が安いってことで選びましたね。妹が2人いるのですが、妹たちには自分の好きなことをやってもらいたいので、家族に迷惑かけないように学費は全部払おうと考えてました。笑





(僕は少女マンガの世界に迷いこんでしまったのかと錯覚しました。イケメンで勉強も出来て、かつ家族想いとかいう少女マンガ設定を現実で目の当たりにしてしまうと、嫉妬を超えて最早尊敬の念を抱きだすことを知りました。)









(上記の発言時の仁木君はこんな顔をしてました。こんなにナチュラルなしたり顔を見たのは初めてです。)





質問③ なんでバイク好きだったの?


(一回軽い話題を振って、HPを回復しなきゃ・・・)


「よくある話なんですけど、中学の時の先輩が乗っているのを見ていて、憧れたからですね。また周囲が乗ってなかったのもあり、今思うと恥ずかしいのですがある種の優越感も持ってました。笑 一番ハマッてた時は4台所有してました。」


(トップ画像にも使っているこの写真は、その当時のもの。確かにハマるのも分かる気がします。)




質問④ バイク4台ってめっちゃ金かかるよね?どうしてたの?

「2つありまして、ひとつはフリーバーテンダー。もうひとつは、当時スタートしたばかりだったメルカリを使って、インポート品の転売をやっていました。特に、バーテンの方は大学時代1番熱中してたことですね。」



(ちょっとバーテンは反則ですよ。筆者の考えるカッコイイ仕事No.1のバーテンはズルいですよ・・・しかも始まったばかりのメルカリにも目を付けてたって凄いな~。)



(今でも暇を見つけてはバーテンを趣味でやっている仁木君。それにしても写真がチャラい。そろそろ食傷気味です。)




質問⑤ バーテンを始めたキッカケってあるの?


「元々は居酒屋の立ち上げをやっていたのですが、その向かい地元では有名なイケメンが集うバーがありまして。ずっと自分もやってみたいっていう野望を持っていました。笑 居酒屋の立ち上げがひと段落ついたタイミングで、バーテンダーに挑戦してみました。」



(イケメンの集うバーはもちろん興味あるけど、それよりも居酒屋の立ち上げってメッチャ気になるやん。)




質問⑥ 居酒屋の立ち上げって何してたの?


「本当にたまたまなのですが、大学1年生の時に道を歩いていたら、いきなり『居酒屋の立ち上げをこれから行うのだが、やってみないか?』とスカウトされて始めました。笑 正直、『コイツ怪しいな。』とも思いましたが、バイトを探していたこともあり興味本位で始めました。」


(チャッカマンといい、こいつらには恐怖心というものがないのだろうか?と少し心配になりましたが、若さゆえに飛び込めるというのもイイなって単純に思いました。)



「最初は社員3名で20人くらいバイトの方がいました。僕が最初に声をかけられたこともあり、バイトリーダーに任命されたのですが、全員僕よりも年上で居酒屋でのバイト経験もあるという状況でした。いきなり年上メンバーの教育担当となり、正直どうしようと思いましたが、やるしかないと思ってとにかく一番仕事出来るメンバーになろうと多いときは週7とかで働いてました。」



(週7って凄いな。俺だったら逃げ出すかも・・・)



「そこで1年半くらいやっていたのですが、最終的にはバイトメンバーは200人くらいまで増え、その中でも統括メンバーとして周囲からも認められるところまでいけたのは達成感がありましたね。」




質問⑦ 200人のトップになれたのに、何でバーテンに1から挑戦しようと思ったの?


「う~ん・・・、たしかに楽しかったのですが自分なりの葛藤があって。僕はお客さんと接客してる時が一番楽しくて。ただ、どんどん店舗運営の方に仕事が寄っていって、それはそれで凄く楽しかったのですが個人としてはやっぱりお客さんと直接向き合ってるのが楽しくて。だから組織が上手く回り出したタイミングで、バーテンに挑戦することを決めました!」


(筆者も居酒屋でのバイト経験がありますが、ものすごく共感出来ました。)





「あとはやっぱり、、、バーテンってカッコイイじゃないですか。笑」


(けど、やっぱりチャラい。笑)




質問⑧ なんでバーテンじゃなくて、就職しようと考えたの?


「キッカケは常連だった某企業の社長さんの影響ですね。当時はこのままやっていけば、それなりの生活は送れるだろうと考えてました。その考えが社長からしたら甘いと言われてしまって・・・笑。」


「その社長には、『お前このまま一生やっていけると思ってるのか?勘違いも甚だしい。BARが無くなった時にお前の収入ってなくなるよな?結局、場所やモノがないとお前は生きていけへんくなるのに自分で稼いでる気になるな!店なんてすぐになくなるぞ! 知り合いの会社がインターンやってるから行ってこい!!!』ということで僕の就職活動は始まりました。笑」


(社長の言葉には納得してしまいました。深い。)


「それで紹介されたのが、リクルートのインターンでした。そこで内々定をもらってから、就職活動を本格的に始めていきました。最終的には24社から内定をいただいたのですが、ネオキャリアでファーストキャリアをスタートすることに決めました!」

(内定数は個人としては多い少ないは関係ないと思ってるけど、それでも24社って凄いな・・・。)



質問⑨ なんでネオキャリアを選んだの?


「どの会社よりも一番ワクワクしたからです!それは同期にもそうですし、チャレンジの機会もそうですし、何よりも自分の未来を想像した際にメッチャ楽しみになりました!


(ここは凄く共感しました。筆者も全ての選択は、ワクワク出来るかどうかで判断しているので。)



「後は自分が初めて負けを感じた瞬間があったからですかね。正直どの会社受けても内定をいただいていたという慢心があったんですが、最終選考の際に、人事領域の執行役員である堀内さんにボコボコに言い負かされたんですよ。」


(『調子に乗っていたことを見破られ、自分が勘違いしていることに気づくことが出来た』と仁木君は当時を反省していました。ここをちゃんと反省しているのが良いですね。)



「正直選考中にはイライラしていたんですけど、それと同時にこの人に負けたくないというスイッチが入ってしまいまして。笑 それで入社を決めました。また同期もレベルの高い人が多かったので、こいつらにも負けたくないってずっと思ってます!」



質問⑩ 入社して実際どう?今後はどうなりたい?


「一番あるのは同期かつ同じ配属になった平崎にだけは負けたくないってことですね!やっぱり負けるの嫌いなんで。笑」


「ただ社会人になってみて、これまで自分はそれなりに出来る人間だと思ってましたが、本当は自分って何も出来ないんだなって自覚しました。今も出来ないことだらけですが、それでも確実に成長はしたと感じてますし、自分が目指している理想像と今のギャップもどの部分が足りていないのかを認識出来るようになってきました。


筆者:『ちなみに目指している理想像って具体的に聞いてもいい?』


「最終的には『一番最初に頼られる経営コンサルタント』を目指しています。ただ今の自分としては、自分の後輩に背中で語れる男になりたいと思っています!」

「業務的なことで言えば、今はセミナーや初期段階の面接をやっていますが、それらを数字分析して、自社のデータベースとして溜めていくみたいなことをやりたいですね!将来的には蓄積したデータやノウハウ使いながら、新規事業を立ち上げたいなと密かに野望を持っています。笑」




(毎年10月に行われる社員総会での一コマ。こういうフォトジェニックな社員総会もいいですね。)




筆者:『仁木さん、本日はインタビューのお時間をいただきありがとうございました!!』





仁木紫援から就職活動を控えた学生へのメッセージ

「皆さん、こんにちは!今回は僕の記事を読んでいただき、ありがとうございます!初めてこんなに赤裸々に話したので、少し恥ずかしさもありますが。笑 これまで多くの学生にお会いし、悩み相談を受けてきました。特に2017年になり、就職活動が目の前に迫ってきており、学生からの相談がさらに増えてきました。」

「そこで仁木が就職活動を直前に控えた学生を対象にした、就活直前セミナーを実施しようと考えています。今回は僕が大阪を拠点にしているため、大阪で以下の日程で開催予定です。直接お会い出来ない方もskypeで極力対応します。関東で興味がある方は、チャッカマンにバトンを渡します。笑」

<就活相談会>

日時:1/12(木)、1/17(火)、1/18(水)、1/19(木)の13:00~14:30で開催!

場所: 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3 大阪駅前第3ビル29F

応募:以下からエントリーください。※Facebookから直接メッセージでも大丈夫です!

[応募先]

総合職
<18・19新卒>ベンチャーって実際どうなのか知りたい学生をウォンテッド!
■プラットフォームカンパニーへの転換 Google、Facebook、Amazon、LINE。 皆さんはこれらの会社を聞いて何を想像しますか? どれも皆さんの身近にあるサービスですが、これらの会社にはある共通点があります。 それは、どの会社も「世界中で使われているプラットフォームサービス」を提供していることです。 ITの進化が目覚ましい昨今において、1企業が国を超えたサービスを提供することが当たり前になりました。 先に挙げた4社のサービスは世界中の人々の生活になくてはならないものになっています。 しかしながら、残念なことに日本で生まれた世界に通用するプラットフォームサービスはまだありません。 だからこそ、ネオキャリアは世界で通用するプラットフォームサービス創出カンパニーになることを目指しています。 将来的には様々なプラットフォームを構築していく予定ですが、現在は「人材」「メディア」「ヘルスケア」「グローバル」領域におけるプラットフォームサービス創出に注力しています。
株式会社ネオキャリア




仁木紫援のごとく、自信家な学生を大募集中です!!!

2017年も始まり、現在17卒/18卒の学生からのエントリーを心待ちにしております!もちろん第2新卒対象者や転職をお考えの方も是非エントリーくださいね。


【17卒向け】 ※面談の時間が組めないという声をいただき、Skype面談をスタートしました

セールス
17卒諦めて18卒で就職活動しようと思っている人WANTED!!
■プラットフォームカンパニーへの転換 Google、Facebook、Amazon、LINE。 皆さんはこれらの会社を聞いて何を想像しますか? どれも皆さんの身近にあるサービスですが、これらの会社にはある共通点があります。 それは、どの会社も「世界中で使われているプラットフォームサービス」を提供していることです。 ITの進化が目覚ましい昨今において、1企業が国を超えたサービスを提供することが当たり前になりました。 先に挙げた4社のサービスは世界中の人々の生活になくてはならないものになっています。 しかしながら、残念なことに日本で生まれた世界に通用するプラットフォームサービスはまだありません。 だからこそ、ネオキャリアは世界で通用するプラットフォームサービス創出カンパニーになることを目指しています。 将来的には様々なプラットフォームを構築していく予定ですが、現在は「人材」「ヘルスケア」「グローバル」領域におけるプラットフォームサービス創出に注力しています。
株式会社ネオキャリア


【18卒向け】 ※Skype面談も可能です。少しでも気になる方は是非エントリーください!

総合職
<18・19新卒>ベンチャーって実際どうなのか知りたい学生をウォンテッド!
■プラットフォームカンパニーへの転換 Google、Facebook、Amazon、LINE。 皆さんはこれらの会社を聞いて何を想像しますか? どれも皆さんの身近にあるサービスですが、これらの会社にはある共通点があります。 それは、どの会社も「世界中で使われているプラットフォームサービス」を提供していることです。 ITの進化が目覚ましい昨今において、1企業が国を超えたサービスを提供することが当たり前になりました。 先に挙げた4社のサービスは世界中の人々の生活になくてはならないものになっています。 しかしながら、残念なことに日本で生まれた世界に通用するプラットフォームサービスはまだありません。 だからこそ、ネオキャリアは世界で通用するプラットフォームサービス創出カンパニーになることを目指しています。 将来的には様々なプラットフォームを構築していく予定ですが、現在は「人材」「メディア」「ヘルスケア」「グローバル」領域におけるプラットフォームサービス創出に注力しています。
株式会社ネオキャリア


【中途採用向け】 ※複数募集あり。会社ページの「募集」項目から各募集内容を確認できます



他にどんなメンバーが働いてるか気になる方へ

週2~3件の頻度で記事更新しておりますので、是非ブログをフォローしていただければ幸いです。


~ベンチャー女子物語 vol.1~ 未経験でエンジニアになった2年目ベンチャー女子のお話 by 知希 大野 | Neo Career's Blog
(読了目安:7分) こんにちは。 最近は新卒でエンジニア配属になるケースがしばしば見られるようになってきており、昔と比べるとエンジニアという仕事は身近になってきたと思います。 しかしながら、多くのエンジニア配属の新卒者は学生時代にインターンなどでプログラミングに触れたことがある経験者の場合が大半です。 そんな中で、総合職採用の中で唯一エンジニア配属(しかも未経験で)になった2年目のベンチャー女子にインタビューの機会をもらったので、お話を聞いてきました。 <堺 実紀(さかい みき)> 京都出身、就職で東京進
https://www.wantedly.com/companies/www-neo-career-co/post_articles/46799
株式会社ネオキャリアでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=20&width=20
D00b478c bcb8 4685 b5ed c9c2cf0773c2
E7518ddb f24b 44e7 915f 9bd6ecfd8440
Picture?height=20&width=20
Anonymous
32 いいね!
Anonymous
Picture?height=20&width=20
D00b478c bcb8 4685 b5ed c9c2cf0773c2
E7518ddb f24b 44e7 915f 9bd6ecfd8440
Picture?height=20&width=20
Anonymous
32 いいね!

私の就活

私がこれから就活する後輩にどうしても伝えたいこと

今日のランキング

ランキングをみる

Page top icon