Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【内定者紹介vol.9】留学でインターンに参加できなかった学生の就活の仕方とは!?



総合職
<18・19新卒>ベンチャーって実際どうなのか知りたい学生をウォンテッド!
■プラットフォームカンパニーへの転換 Google、Facebook、Amazon、LINE。 皆さんはこれらの会社を聞いて何を想像しますか? どれも皆さんの身近にあるサービスですが、これらの会社にはある共通点があります。 それは、どの会社も「世界中で使われているプラットフォームサービス」を提供していることです。 ITの進化が目覚ましい昨今において、1企業が国を超えたサービスを提供することが当たり前になりました。 先に挙げた4社のサービスは世界中の人々の生活になくてはならないものになっています。 しかしながら、残念なことに日本で生まれた世界に通用するプラットフォームサービスはまだありません。 だからこそ、ネオキャリアは世界で通用するプラットフォームサービス創出カンパニーになることを目指しています。 将来的には様々なプラットフォームを構築していく予定ですが、現在は「人材」「メディア」「ヘルスケア」「グローバル」領域におけるプラットフォームサービス創出に注力しています。
株式会社ネオキャリア


こんにちは、ネオキャリア18卒内定者の野村です!

先週は九州に一人旅に行ってきました!
すごく自然に豊かで、色々物思いにふけっていた5日間でした。
皆さんも何かに悩んだときは、一人旅してみてください!



(PHOTO:自然の写真)

本日はカメラ好き女子の内定者にお話を伺っていきます!


☆★他の内定者紹介の記事はこちら!★☆






▼ 本日の担当
野村 佳史(のむら よしふみ)
18卒内定者。学生時代は塾講師のアルバイトに専念。
「基準の高さ」を軸に就職活動を行い、2月末に他社からも内定をいただいていた中からネオキャリアに内定承諾。
趣味は映画、読書、散歩など。



▼飯山 結里花(いいやま ゆりか)
広告業界を見ていたが、自分という人間を評価してほしいという思いから、ベンチャーを見始める。
「自己成長」を軸に3月末に内定承諾。
趣味はカメラで、毎日バッグにカメラを入れて隙あらば写真を撮っています。



(PHOTO:トップ画)


ーーまずは自分がさらけ出すーー


【野村】では早速インタビューをやっていきましょう!
簡単に自己紹介をお願いします!


【飯山】関西大学法学部の飯山結里花です!
某アパレルで3年間アルバイトしていました。
最後の1年間は大きいプロジェクトの店舗リーダーをやっていました。
商品のデータを収集して分析し、みんなに配るための資料をまとめる仕事を社員さんの横に紛れてカタカタしていました。笑
あとオーストラリアに留学に行っていました。


【野村】やっていることが学生の枠を飛び越えているような気が。笑
某アパレルについてもう少し教えてください!


【飯山】某アパレルは世界的に有名なデザイナーとコラボをたくさんしていて、私がいたときはそのコラボが3つあったんですが、私はその中の2つに携わっていましたね。
こういうレイアウトで商品を置けば、お客さんは買ってくれるんではないかみたいなことを考えてました。


【野村】そう言われると、自分のよく行くショップも商品の配置が変わっているなー。
僕が行っていたショップのレイアウトをゆりかが考えていたりして。笑
その仕事の中で苦戦したことはありますか!?


【飯山】自分がリーダーを任されたときに、周りが自分にちゃんとついてきてくれるか心配でした


【野村】なるほど、ではどうやって周りを引っ張っていったんですか?


【飯山】私は仕事中話しかけにくいって言われるんです。
仕事になるとオンモードに入ってしまうんですね。
本当に仕事の話以外はしません。笑
でも休憩でオフモードになると、周りの子をお昼に誘ったりして、コミュニケーションを取っていました。
そのときに話を聞くと、その子も色んな悩みを持っていたんですね。
それをしっかり聞いた上で、自分も素直に悩みや困っているところを見せてました。
相手のことを知りたいのなら、自分をまずさらけ出さないといけないと思っての行動でした。
最終的には私が引っ張っていくというよりは、ゆりかちゃんがいるからやりますっていう風にチームがなっていきましたね。



(PHOTO:バイト先のメンバーと)



【野村】そういう風にメンバーから思ってもらえるゆりかは素敵なリーダーだったんだろうね。笑
留学のことについて教えてください!


【飯山】留学は小学生のときからの憧れでした。
小学生のときからずっと英会話を習っていたので、純粋に海外に興味があったんです。


【野村】ずっと留学に行くのが夢だったんだね!
留学先ではどんなことがありましたか!?


【飯山】オーストラリアに現地の友達がいたので、友達にこの駅まで迎えにきてと連絡を取っていました。
出発する前にトイレに行ったら、そこでスマホを水没させてしまって。笑
留学先について、すぐに連絡手段をなくすっていう。
とりあえず約束の駅に行ったんですけど、全然友達と会えなくて。
あとで聞いたら私がいたところのちょっと横にいたんですけどね。笑
どうにか日本にいる共通の友達を介して連絡を取って、解決しました。



(PHOTO:留学先でできた友達)



ーー肩書きではなく、自分を見てほしいーー


【野村】留学初日から、そのハプニングは大変だったね。笑
そんなゆりかはどういう業界見ていましたか?


【飯山】最初は広告業界を見ていました。
私は将来クリエイティブなものを作る仕事に就きたいと思っていたので、広告ってクリエイティブな感じするじゃないですか?笑
小学生のときの夢は芥川賞を取るというぐらいクリエイティブなものに憧れを感じてました。
英語も好きだし多分言語にまつわることが好きだったんですよ。


【野村】確かにゆりかからは芸術的な何かを感じるもんね。笑
サマーインターンはどんな企業に参加していましたか?


【飯山】私は留学に行っていたから、サマーインターンに参加していないんです。


【野村】あ、そうか!
留学に行っている人は、ちょうどサマーインターンの時期と被っていますもんね。
どの時期から人材業界を見だしたんですか?


【飯山】ぶっちゃけ人材業界は全然見てなかったですね。笑
私は2月から就活からを始めました。
広告大手をずっと見ていたんですけど、一応ベンチャーも見ようと思って、ベンチャーが集まる合説に行きました。
そこでたまたまネオキャリアに出会ったんです。


【野村】本当にたまたまなんだね!運命だ。笑
合説で色んなベンチャーがきてる中で、何でネオキャリアだったんですか?


【飯山】第一印象がすごく楽しそうだったんです。
他の会社の人事さんって自分の会社が良いよっていうことを全面的に押し出してきて。
もちろん合説に企業もブースにお金をかけているので、それは当たり前のことなんですけど。
ネオキャリアの人事さんは、就活生に伝えたいことを伝えているなっていうのが伝わってきたんです。
その姿がすごく楽しそうで。
そこに魅力を感じました。笑


<そんな熱い人事の記事はこちら!>




【野村】確かにネオキャリアの合説ってあんまり会社説明しないもんね。笑
ということは広告業界とネオキャリアを中心に選考に進んでいたということですか?


【飯山】実は広告業界は受けていないです。
ネオキャリアの人事さんに面談してもらっていたとき、たまたまその人事さんが広告大手から内定をもらっていた人だったので、その話を詳しく聞かせてもらったんです。
そのときに初めて広告大手の黒い部分を知ったんですね。
私は私を見て欲しいのに、どれだけOBOG訪問したのかとかを見られていたりとか。
就活を始めたのが遅かったということもあるんですけど、そういう現状を知って、肩書きではなく、私を見てくれているネオキャリアにしようと思いました。





ーー何もできないのに裁量権を求めるのは違うーー


【野村】関係ないと言いつつも、OBOG訪問やインターンって影響あるところも多いですからね・・・
決断に至るまでに不安や悩みはありましたか?


【飯山】実は最後までネオキャリアと他に迷っている会社があったんです。
その迷っていた会社は「裁量権」がすごく大きいことを売りにしていました。
ネオキャリアは「成長環境」が売りです。
自分にとって「裁量権」「成長環境」どっちの方が大事なんだろうっていう悩みはありました
あと周りの目も気になっていましたね。





【野村】僕もネオキャリアともう1社で悩んでいたので、すごく気持ちわかります。
その不安・悩みをどう乗り越えたんですか?


【飯山】自分が何もできないのに裁量権をどうこう言うのは違うかなという結論に至りました。
自分が成長したらポジションも上がるし、それに伴って裁量権もついてくるかなって考えたら、私の中で答えはネオキャリアでしたね。

周りの目に関しては、結局自分の人生なので、周りの目を気にしても意味がないなと思いました。
さらに留学先の外国人は本当に周りの目を気にせず、自分は自分だって誇りを持っていました。
それが知らぬうちに染み付いていて、私も周りの目を気にしなくなりましたね。笑


【野村】外国人のそういうところって素敵ですよね。笑
ネオキャリアの良さを一つ挙げるとしたらどこですか?


【飯山】自分にはない良いところを持った人が多いということですかね。
これって私にとってすごくプラスなことなんです。
某アパレルのバイトでも、自分にはないものを持った人はたくさんいました。
そのときに私はどうしたかというと、その人の良いところを真似したんですね。
他の人の良いところをどんどん吸収していった先に私のオリジナルがあると思っているので。



(PHOTO:内定者の飲み会)



【野村】真似の先にオリジナルがある、素敵な言葉です!
19卒の学生に対して一言お願いします!


【飯山】就活は早く始めた方がいいです。
私ももっと早く始めていたら、面白い企業に出会えたかもしれませんし、面白いインターンで面白い仲間にも出会えたかもしれません。
早くに始めることにデメリットなんてないので。
でもそうは言っても、何をしたらいいの?って人もいる思うので、私たちネオキャリアの内定者でインターンを作りました!
就活をやったことのない人も参加しやすい内容になっていますので!
人事ではなく私たち内定者だからこそ伝えられることがあると思っているので、ぜひ来てください!

<内定者が作ったインターンの申し込みフォームはこちら!>

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScC-PbFq1vDFYpMiHhW4pnSEHytnXaqcQC1BNceReWZxidiEA/viewform



【野村】本日はありがとうございました!




(PHOTO:インタビュー後のゆりか)



【編集後記】
ゆりかの何事にも積極的に挑戦する姿には、いつも刺激されています。
個人的にはインタビュー中の「真似の先にオリジナルがある」という言葉が好きです。
こういう誰からでも学ぼうとする姿勢が今のクリエイティブなゆりかを作ってきたんだろうなって思います。
僕もどんどん人を真似していきます!


▼ネオキャリアに興味を持った人はこちらから!


総合職
<18・19新卒>ベンチャーって実際どうなのか知りたい学生をウォンテッド!
■プラットフォームカンパニーへの転換 Google、Facebook、Amazon、LINE。 皆さんはこれらの会社を聞いて何を想像しますか? どれも皆さんの身近にあるサービスですが、これらの会社にはある共通点があります。 それは、どの会社も「世界中で使われているプラットフォームサービス」を提供していることです。 ITの進化が目覚ましい昨今において、1企業が国を超えたサービスを提供することが当たり前になりました。 先に挙げた4社のサービスは世界中の人々の生活になくてはならないものになっています。 しかしながら、残念なことに日本で生まれた世界に通用するプラットフォームサービスはまだありません。 だからこそ、ネオキャリアは世界で通用するプラットフォームサービス創出カンパニーになることを目指しています。 将来的には様々なプラットフォームを構築していく予定ですが、現在は「人材」「メディア」「ヘルスケア」「グローバル」領域におけるプラットフォームサービス創出に注力しています。
株式会社ネオキャリア
株式会社ネオキャリアでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
004c46bb fc6b 439e a36a c9d0d1c289d6?1503488279
Picture?height=20&width=20
15 いいね!
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
004c46bb fc6b 439e a36a c9d0d1c289d6?1503488279
Picture?height=20&width=20
15 いいね!

私の就活

私がこれから就活する後輩にどうしても伝えたいこと

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon