Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【 自分も知らなかった自分に出会う。 】
 
私たちスキナが採用活動・選考を通じて、どんなことを大切にしているのか、学生の皆さんにどんなものを手に入れていってほしいと思っているのか、少し感じてもらえるのではないかと思い、今年のスキナの選考を終えた内定者の声をお届けします。
 
 
--- 岡田実景(文京学院大学)
 
 
■ エージェントが心強かった。
 
スキナでの選考期間中に、社員の方が1名エージェントとしてついてくれていたことが、選考中ずっと心強かったです。
 
エージェントの方が、次の選考に進む上でのアドバイスをしてくださったり、これからのキャリアについて少しでも不安だと思うことは、一つひとつ取り除いてくださっていたので、エージェントさんの存在が無ければ、途中で迷走してしまっていたかもしれません。そのくらいエージェントの方の存在が大きかったです。
 
 
■ 自分のことなのに何もわかっていなかった。

スキナでの選考は、新たに自分自身を見つめ直すきっかけにもなりました。

就職活動をしている中で、自分自身のことはよくわかっていると思っていましたが、スキナの選考を受けていくうちに、自分自身のことなのに何もわかっていないということや、自分の考えが浅すぎると思い知らされたりしました。そんな中で初めて、自分自身に対して真剣に向き合うことができて、そうすることの大切さを知ることができたように思います。
 
 
■ 自分も知らなかった自分に出会う。

私は今までずっと、私自身の弱さや将来のことから目を背けてきましたが、そのことに対してちゃんと真剣に向き合わなければいけないと考えるようになったのは、スキナの選考を通して自分が一番成長できたと思っているところです。

いま思えば、これまでの人生では特に将来について向き合いもせず、目標もなく過ごしてきていましたが、選考を終えるころには「明確な目標」ができていて、そこに向かうためにこれからどうしていくべきかというところまで考えられるようになっていました。
 
 
---------------
 
 
スキナの選考では、一人ひとりの学生に対して、出来るかぎり、じっくり時間をかけて、彼や彼女の大切にしたいこと、スキナの大切にしたいこと、それぞれが目指したい場所など、お互いの事を深く理解し合うことを大切にしています。
 
お互いが目的や目標を共有し合って、お互いがお互いに貢献し合えることが大切だと思っています。
 
皆さんが、これからの自分の人生をどんなものにしたいのか、スキナは、スキナで働く人たちにどんな姿を目指してほしいのか、じっくり語り合える選考内容になっています。
  
そして、次の開催が今年最後の新卒採用説明会になる予定をしております。いよいよ4日後です。
 
まだ自分の納得のいかない2016年新卒の皆さん、説明会でお会いできるのを心より楽しみにしております。

04978446 e269 4880 b620 9696c1126e76

Page top icon