1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

働く人インタビューVol.6 新卒入社2年目 座談会を開催しました!(前編)

今回は、新卒入社2年目の3名にインタビューをしてみました。

学生の皆さんにとっては少し先を行く先輩のリアルな声を前編・後編の2部構成でたっぷりとお届けしたいと思います!

●まずは、自己紹介をお願いします!

馬塲)スペースコンテンツグループ PIGMENTチームの馬塲あさとです。PIGMENT TOKYOという画材ラボにて、WebサイトやECショップの運営をメインに担当しています。


髙木)不動産事業グループ 天王洲チームの髙木美優です。天王洲エリアにある不動産物件の賃貸管理・営業を担当しています。また、天王洲アイルエリアの地域活性化を目指し、地域イベントの企画・運営もしています。


塩澤)プレミアムストレージグループ オペレーションチームの塩澤光です。プレミアムストレージグループでは、ワインや美術品、貴重品などお客様の大切なものをお預かりしています。私は、主に新規のお客様からのお問い合わせ対応や既存のお客様のご契約の対応、それにまつわる事務業務など一連のオペレーションを全て担当しています。


●どんな学生時代を送っていましたか?

塩澤)タップダンスとフラッシュモブのサークルに所属して、とにかく踊り続けていた4年間でした!練習が週4回程あったのでとにかくサークル活動に夢中になって取り組んでいましたね。ちなみに、アルバイトでは某お寿司屋さんでずっとお寿司を握っていました(笑)

髙木)私は比較芸術学科に入学し、せっかく日本にいるなら身近にある東洋美術を学びたいと思いから東洋美術を専攻していました。大学での授業は本当に面白くて大好きでした!

馬塲)私は国際協力や地域開発を専攻しており、1年間フィリピン留学に行き、先住民族と一緒に生活をしてフィールドワークやソーシャルワークなどに精力的に取り組んでいました!また、アートや服飾にも興味があったので友人と服飾系の団体を立ち上げたりもしていましたね。


●就職活動の軸を教えてください。

馬塲)文化やアートに元々興味があったことから、それらを用いて社会貢献をしている会社であるという点は、私の中では外せないポイントでした。あとは、自分らしく働くイメージができるかどうかということも考えて就職活動をしていましたね。

髙木)私は若手のうちから、さまざまなことにチャレンジできる環境があるかどうかを重要視していました。入社してから自分の目指すキャリアが変わることもあるし、希望の仕事に就くことができるかどうかもわからないから、とにかくチャレンジできる環境があること、そして自分の選択を「正解」と思えるような会社で働きたいと思っていました。

塩澤)他でもない自分にしかできない仕事をしたいと思っていたので、企業規模はあまり気にせずに就職活動をしていました。大勢の中の一人でいることが嫌で、替えがきかない、そんな仕事ができる環境を探していました。

髙木・馬塲)分かる!!私たち3人の共通点は、私だからこそできる仕事を求めていたことかもしれないね!だから自然とここ(寺田倉庫)に集まってきたのかも…(笑)

塩澤)ほかにも、えいや!と飛び込んでまずはやってみる!というところも共通点かもしれません。


●話が少し逸れてしまいましたが(笑)…どうして寺田倉庫に入社しようと思ったのですか?入社の決め手を教えてください!

髙木)「ここしかない!」と自分の中で勝手に寺田倉庫を運命づけていました(笑)就職活動中に散歩をしていたときに、Art Fair TOKYOというイベントが開催されており、ふと足を止めて会場内に入りました。そのイベントは寺田倉庫が協賛しており、そこで初めて寺田倉庫を知ったんです。そこからはみるみると気になる存在になり(笑)、当時は新卒採用を実施していなかったのですが、思い切って直接「入社したいです!」と電話をしました。

塩澤)すごいよね!!私は、面接で自分を飾ることなく話すことができた点ですね。ありのままの自分で臨んだ選考でご縁あって内定をいただけたということは、入社しても自分らしく働くことができるのではないかと思い、入社を決めました。あとは、寺田倉庫の社員はとにかくやりたいことを突き詰めている印象で、活躍の場を広げている人が多いと感じました。なので、私もそういう社会人になりたい!自分を試してみたい!と思ったことも入社の決め手になりましたね。

馬塲)実は元々大学院への進学を希望していたため、あまり就職活動はしていませんでした。卒業論文の執筆でアーティストの方にインタビューする機会があり、そのアーティストの方を通じて寺田倉庫を知りました。そこで初めて寺田倉庫を調べてみて、「私がやりたいことはここにあるかもしれない」と直感で感じました。その後、面接に臨んだ際に、私の話に丁寧に耳を傾けてくれて、自分自身がやりたいことを尊重し応援してくれる会社という印象を受け、ここであれば成長していけそうだなと感じ入社を決めました。

前編はここまで。後編では今のお仕事への思いや、今後チャレンジしてみたいことを聞いてみました!お楽しみに!

現在、寺田倉庫では新卒採用を実施しています。興味がある方はぜひこちらから「話を聞きに行きたい」ボタンを押してください。担当より今後のご案内を連絡させていただきます。皆様からの積極的なご応募、心からお待ちしています!

寺田倉庫株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング